2008年4月21日


[書]カラマーゾフの兄弟 1 - ドストエフスキー

中学の時に挫折したもの。

新訳になって読みやすくなったとのことで再トライ。非常に読みやすくなってはいるものの、キリスト教に関する下地がないとつらいというか、どこを楽しめばいいのかが全然わからない。

とりあえず、1巻はなんとか読了したものの、非常に冗長に感じられるのは今の自分に余裕がないからか?

100年以上前の古典作品としては読みやすいと思うけど、2巻以降に行くかどうかは未定。
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
ドストエフスキー
光文社
Amazon.co.jp で詳細を見る

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/1938

管理人:えのきど。
職業:Web Design Engineer
(Designer+Programmer) / 2

Designer にも Programmer にも成りきれず、どっちつかずでふらふらしてます。先は見えてません。

生存証明用の日々のメモブログ。メインは雪山大好きっ娘。です。

このブログの RSS RSS
counter