2008年4月15日


[書]パプリカ - 筒井康隆

アニメ版がいまいち理解できなかったので原作を読んでみた。

設定も含めてすーっと入ってきて一気に読めた。アニメ版よりも面白い。

夢と現実をテーマにしたライトな SF作品。夢を記憶する装置、他人の夢の中に入れる機械を巡って、研究機関内で権謀術数が入り乱れる。

最後の混乱の描写は、夢と現実が入り乱れる様子を出すためにあえて複雑に書いてるのかもしれないが、わかりにくいし、夢から現実世界に魑魅魍魎が流入する設定もいらないのでは?

パプリカの戦いが痛快に描かれた中盤が良かっただけに、ちょっと残念。
パプリカ (新潮文庫)パプリカ (新潮文庫)
筒井 康隆
新潮社
Amazon.co.jp で詳細を見る

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/1926

管理人:えのきど。
職業:Web Design Engineer
(Designer+Programmer) / 2

Designer にも Programmer にも成りきれず、どっちつかずでふらふらしてます。先は見えてません。

生存証明用の日々のメモブログ。メインは雪山大好きっ娘。です。

このブログの RSS RSS
counter