2008年5月31日


[映画]僕の彼女はサイボーグ

僕の彼女はサイボーグ

某映画評論サイトで "採点不能" となっていたので、公開前から気になっていた。

まぁ目当ては綾瀬はるかなわけですよ。めっちゃかわいかったですよ、これが。これまでで一番かも。今が旬。

セカチューで萌えて、百夜行で新たな一面を見つけて、彼女の PV で彼女の歌にもはまって、といい具合にのせられています。

監督が韓国の方なので、日本映画なはずなのに、少し違和感があった。残念ながらどこに違和感を感じたのか失念。

とにかく勢いでつっぱしる。話の辻褄やデティールは全部無視なので、展開が全く読めないし、とにかくはちゃめちゃである。韓国映画の特徴なのか?

まさか東京が完全崩壊するとは思わなかった。"採点不能" の意味がわかった。

でも、うまくノベライズすれば、筒井康隆っぽい SF にできそうな話だった。

『僕の彼女はサイボーグ』公式サイト
僕の彼女はサイボーグ - Wikipedia


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/1956

管理人:えのきど。
職業:Web Design Engineer
(Designer+Programmer) / 2

Designer にも Programmer にも成りきれず、どっちつかずでふらふらしてます。先は見えてません。

生存証明用の日々のメモブログ。メインは雪山大好きっ娘。です。

このブログの RSS RSS
counter