2008年5月14日


[書]崩れ - 幸田文

幸田文の本を読むのは初。幸田露伴の娘と言うことしか知らなかった。

これは文学とエッセイの中間的な本。

全国各地に散らばる崩壊地を訪ねて回ったルポ風エッセイ。

70歳を超えてから、これだけのバイタリティがあるのは凄い。

著者は文学者ということもあって、単なるエッセイにとどまらず、"自然" 対 "人" という構図を作りながら、人間の内面をきちんと描いている。
崩れ (講談社文庫)崩れ (講談社文庫)
幸田 文
講談社
Amazon.co.jp で詳細を見る


参考
崩れ (雪山大好きっ娘。2.0)


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/2001

管理人:えのきど。
職業:Web Design Engineer
(Designer+Programmer) / 2

Designer にも Programmer にも成りきれず、どっちつかずでふらふらしてます。先は見えてません。

生存証明用の日々のメモブログ。メインは雪山大好きっ娘。です。

このブログの RSS RSS
counter