2008年6月12日


携帯電話ビジネス

iPhone

iPhone の日本での発売が発表されたことによって、にわかに携帯電話ビジネスの話が盛んになってきた。

そんな中でも面白かった意見は

iPhone 3Gはジョブズの敗北宣言 - 池田信夫 blog

これまでの iPhone はレベニューシェアという、業界的には少数派の販売方式をとっており、1契約あたり毎月 $3、新規契約の場合 $8 が携帯キャリア(AT&T) からメーカー(Apple 9 に支払われていた。端末の売り上げ(8G $399/16G) はもちろんのこと、それ以外にも毎月 Apple にお金が入ってくるという非常に(゜Д゜)ウマーなビジネスをしていた。

が、3G に対応し、ワールドワイドで本格的に iPhone を展開していくとなると、多数派の販売方式に従わざるを得なかったようで、インセンティブ方式に変更になった。

通信キャリアは iPhone 3G にインセンティブ(販売奨励金) を出して、端末の販売価格を安く抑える仕組みになっている。そのため、iPhone 3G の端末は 8G $199 / 16G $299 とこれまでよりも $200 地殻安くなっている。おそらく AT&T は Apple に 1台につき $200 近く払っているだろうとのこと。

代わりに、通信料が、$20 から 30$ へ上がっている。

日本でも同様のスタイルになると思われるが、果たしていくらで出してくるのだろうか。端末の値段は全世界固定のようなので、売れるかどうかの要因は通信料次第だと思われる。

参考
Life is beautiful: iPhone 3Gに関しての続報
なぁーんだ、iPhone値段のカラクリはそーゆうことか - Tech Mom from Silicon Valley

色々記事を読んでいて、通信方式に関する知識が自分には全くないことがわかった。勉強しなくては。W-CDMA? 3G? それって美味しいの? スイーツwww


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/1988

管理人:えのきど。
職業:Web Design Engineer
(Designer+Programmer) / 2

Designer にも Programmer にも成りきれず、どっちつかずでふらふらしてます。先は見えてません。

生存証明用の日々のメモブログ。メインは雪山大好きっ娘。です。

このブログの RSS RSS
counter