2008年7月26日


[映画]崖の上のポニョ

見たのは公開日だが、こっちに書いていなかったので。

千と千尋の海版という印象。ただこっちは境界が無く世界はごちゃ混ぜ。

無理矢理深読みしないと、大人向けのメッセージは読み取れない。たぶんそんなことは意識されてないと思う。単純に児童向けの映画と解釈して楽しむのが一番。

"ジブリ作品" というだけで、社会に向けたメッセージがあるはずだからと、何か無理矢理にでも解釈を出す嫌いがあるけど、この作品ではそこまでしなくてもいいのでは?

ポニョのキモカワさをいかに伝えられてるかが課題かな。人面魚と人間一歩手前のポニョはマジで・・・。ローソンで発売されている人形も、なんでこの形態を人形にするかな。

(ポニョ 半魚人(M)Loppiグッズ予約 商品詳細|ローソン

それにしても、人物以外の画風が変わった、というか対象を下げたからの画風なんだろうな。直線が全くなく、手書きっぽさが出ている。

血湧き肉踊り、それでいて社会に対するメッセージ性が含まれるような冒険活劇はもう作らないのかな? ジブリファンが望んでいる映画はその辺なのでは? 年を取ったということなのか?


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/2172

管理人:えのきど。
職業:Web Design Engineer
(Designer+Programmer) / 2

Designer にも Programmer にも成りきれず、どっちつかずでふらふらしてます。先は見えてません。

生存証明用の日々のメモブログ。メインは雪山大好きっ娘。です。

このブログの RSS RSS
counter