2008年7月26日


[アニメ]図書館戦争

前クールのアニメ。全 12話まとめて。ドラマは毎週 1話、1話見るんだけど(それでもタイムシフト)、アニメはまとめてみる傾向がある。各話 30分弱なので、面白ければ一気に全話見ればいいし、つまらなければ途中でやめやすいので、都合がいい。

『図書館戦争』。テーマは面白いんだけど、処理し切れていないというか、設定に無理がありすぎる。

本(表現の自由) を守るために銃撃戦ってやり過ぎでしょ。人命より本が大事ってどんだけだよ。デジタル化しちゃえば済む話じゃん。

もし、検閲や表現の自由をテーマにするならそこをもっと掘り下げていかないと、アクションシーンのウェイトが高すぎて、何が言いたいのかがわかりにくい。

原作はラノベチックなのに、ハードカバーで発売さているため、気になってはいるものの買ってない。
図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻
角川エンタテインメント (2008-08-06)
Amazon.co.jp で詳細を見る

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/2174

管理人:えのきど。
職業:Web Design Engineer
(Designer+Programmer) / 2

Designer にも Programmer にも成りきれず、どっちつかずでふらふらしてます。先は見えてません。

生存証明用の日々のメモブログ。メインは雪山大好きっ娘。です。

このブログの RSS RSS
counter