2008年8月 6日


[映画]空の境界 第二章 殺人考察(前)

空の境界 第二章 殺人考察(前)

「空の境界」二日目。

原作を読んでいないと、第一章以上に意味不明。時代は、黒桐と式の出会い、高校時代まで遡る。

重要なシーンばかりではあるモノの、後半への仕込みの章でもあるし、地味だし、退屈な章。

惨殺シーンがおとなしく描かれているのはやっぱり世間体を考慮してのことなのか?

自分が小説とは違うイメージを抱いている箇所は、式が想像以上に女っぽい点。言葉遣いだけでなく仕草も。

明日はいよいよ凄惨なシーンが大量に描かれていると思われる「痛覚残留」。浅上藤乃との戦闘シーンも楽しみ。


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/2210

管理人:えのきど。
職業:Web Design Engineer
(Designer+Programmer) / 2

Designer にも Programmer にも成りきれず、どっちつかずでふらふらしてます。先は見えてません。

生存証明用の日々のメモブログ。メインは雪山大好きっ娘。です。

このブログの RSS RSS
counter