2008年10月28日


[アニメ]GUNSLINGER GIRL

21DAE2ZCP7L._SL500_AA192_.jpg

原作が良かったので、すぐにアニメを見た。1期、2期あわせて 26話。

1期がアンジェリカ、2期がピノッキオに焦点を当てている。

残念ながらアニメであるにもかかわらず、スピード感は原作には及ばない。特に 2期は黒歴史とされているだけあって本当にひどい。静止画を多用しすぎ。

1期は結構オリジナルな要素も多く、うまく構成し直してひとつの完結した物語を作り上げていて綺麗にまとまっている。アクションがメインではなくストーリーに重点を置いている。原作では常に漂っている救いようのない悲壮感はアニメでも十分に感じられた。

個人的にはアニメにするんだったらもっと動きを出さないとやっぱり意味がないのかなと思った。


コメント (2)

その一期にしてもアンジェリカの死ぬ過程ははしょりすぎ。ヒールの高い靴を履く話とか重要な要素がかなり抜け落ちていて残念。

チープな話し、ロリとかエロならば、そこまで。
これは、根元的な、愛と憎しみがテーマと捉えている作品。

そんなかんだで、アニメは一期しか認めない(個人的にも)
一期のOP&ED曲は秀逸で、切なさが漂うイメージが、もう、たまらない。



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/2342

管理人:えのきど。
職業:Web Design Engineer
(Designer+Programmer) / 2

Designer にも Programmer にも成りきれず、どっちつかずでふらふらしてます。先は見えてません。

生存証明用の日々のメモブログ。メインは雪山大好きっ娘。です。

このブログの RSS RSS
counter