2009年3月29日


蕎麦の村

カモシカスポーツ松本店に寄った際、

「この辺に美味しい蕎麦屋さん、ありませんか?」

「カラサワに行ってみるといいYO!!」

と言われ、地図をもらったので行ってみた。

最初はカラサワというお店だと思って行ったら、「唐沢」という集落だった。

「清水高原」というアーチをくぐると、メイン通りの脇は蕎麦屋の軒が並ぶようになる。何軒あるんだろうと思って調べたら、なんと 11軒。そば屋で構成される村だった。

- 山形村 - 唐沢そば集落

行った時間がかなり遅かったこともあり、営業していた店は、一番奥にある「弁天荘」だけだった。どの店も同じように、昔ながらの民家を改造した作りになっているようで、入るのをためらうような玄関だが、入ってしまえば普通のお店だった。

蕎麦が専門と言うだけあって、十割、八割、粗挽きなど、麺の種類が豊富。突き出しで出てきた野沢菜も美味だった。

large(6).jpg

今回は粗挽きを注文。メニューの説明にあったようにフワフワしていた。ただちょっと風味は薄いかな。小皿で色々頼めたようなので、複数注文して、他の麺も試してみても良かったかも。

1122434005_4.jpg

ネットを探したら、蕎麦屋のハシゴをしているレポートがあったが、これならラーメン屋のハシゴよりも身体への負担なく行けるかも知れない。蕎麦好きな人なら一度行ってみても損はないはず。

山形村唐沢そば集落探訪



おまけ
「入浴できます」という村の中に立っていた看板に従って、10km ほど怪しげな林道を上がっていくと、突然回りに不釣り合いなくらい立派な宿泊施設が。

「スカイランドきよみず」という県の施設で、これまた豪華すぎる温泉だった。高台にあるだけあって展望は最高だし、公共施設のおかげで入浴料は 500円と格安。しかも 22:00 まで営業しているようで、活用度は高そう。
1122434005_93.jpg

長野県公共の宿スカイランドきよみず


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/2500

管理人:えのきど。
職業:Web Design Engineer
(Designer+Programmer) / 2

Designer にも Programmer にも成りきれず、どっちつかずでふらふらしてます。先は見えてません。

生存証明用の日々のメモブログ。メインは雪山大好きっ娘。です。

このブログの RSS RSS
counter