2009年4月30日


余市

法事で余市へ。札幌、小樽はスルー。宇宙飛行士の毛利さんの出身地のようで、街の随所に宇宙の文字が見られる。

d090428-1.jpg



d090429-11.jpg

法事までは時間があったので、近くのニッカウィスキー蒸溜所を見学。

d090429-8.jpg

全ての建物が赤いトタン屋根で統一されており、可愛らしい雰囲気。敷地内は、はんなりと甘い匂いが漂っており何だか別世界にいる感じ。

d090429-9.jpg

見学順路を一通り回ると、ウィスキーの製造過程、歴史がわかるようになっている。

特に、樽の工場が面白い。どうしてあの形なのか、樽がウィスキーに与える役割、どうやって作るのかなどなど初めて知ることばかり。

別の建物で数種類のウィスキーの匂いをかいだが、樽の違いで、こうも差が出るのかということに驚いた。

車で来ているので、試飲はできなかったが、匂いをかいだだけで結構フラフラ。どんだけ酒弱いねん。

d090429-10.jpg



納骨のあと、斎場でお昼をいただいたが量も凄かったが、とても美味しかった。作ってから時間がたっているにもかかわらずあの味だと、作りたてはさぞ美味しいだろうなぁ。

余市は鮎の北限地ということで、鮎の唐揚げ、塩焼きが出てきたが、これはちょっといまいちだった。それよりは雑魚扱いらしいが 'ちか' という小魚の天ぷらが美味しかった。

余市は気候も北海道の中では温暖で札幌からも近く、非常にいい街だった。お墓参りでまた来よう。

d090429-3.jpg


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/2590

管理人:えのきど。
職業:Web Design Engineer
(Designer+Programmer) / 2

Designer にも Programmer にも成りきれず、どっちつかずでふらふらしてます。先は見えてません。

生存証明用の日々のメモブログ。メインは雪山大好きっ娘。です。

このブログの RSS RSS
counter