お店

2009年7月21日


[食事処]Lotus Gardens

オフの日は外食。ということで、ダウンタウンのメイン通りにある中華料理屋へ。

d090721-1.jpg

店の壁には "CANADIAN" とも書いてあるが、カナダ料理って何だ?

頼んだのは Dinner Set #3。焼きそばとチャーハンと豚の唐揚げを甘いあんとあえたもの(名前忘れた) のコンボ。

だいたいどこの街に行っても中華料理は比較的まともなはずなのに、まともなはずなのに、まともな・・・。

d090721-2.jpg

焼きそばはありがちな、のびのびのパスタの麺を使用。肉の代わりにハム。ソースべったり。肉は甘すぎるし、赤すぎる着色料が非常にケミカル。ただチャーハンだけは、カリフォルニア米だったがまともだった。

量はアメリカサイズでボリューム感はたっぷりだった。


2009年5月15日


[お店]沼津港 新宿西口店

都内では一番だと思う回転寿司。

d090515-1.jpg

新宿西口店には開店当時から通っているので、かれこれもう 5年かな。時々ハズレもあるけど、とにかくネタが新鮮。高級店ではないので仕方ないかも知れないが、総合的な味は握る人によってかなり差がある。

ランチタイム後の夜の仕込み時間と、閉店間際が、気兼ねなく好きに注文できるのでオススメ。

d090515-2.jpg

回転寿司では頼むネタはほぼ決まっているものの、最近は食べれる量が減っているので、同じネタが 2貫あるのは、色々と食べれなくなるので、ちょっと悲しい。

☆3.5
住所 :東京都新宿区西新宿1-10-1 MY新宿ビル B2F
電話 : 03-5321-6008
10:30~22:30
Homepage:http://www.numazukou.com/index.html


2009年5月10日


[お店]蓬来軒 本店

甲府にあるラーメン屋さん。某編集長の紹介で訪問。

d090510-1.jpg

店内はラーメン屋とは思えない広さで、天井の高さが、その広さをより一層強調していた。

「"支那そば" を復活させた店」というコピーがあったが、"支那そば" ってなんぞ? と思って調べたら、単に "ラーメン" の別称で、"支那" が差別用語ということで世間的に抹殺されていたらしい。ATOK でも、デフォルトでは "支那" は変換されなかった。

d090510-2.jpg

名前はともかく、スープの味は非常にオーソドックスというか、なんとも懐かしい醤油味ですっきりしていて美味しかった。麺とチャーシューは普通だったけれど、普通だからこそ、スープのオーソドックスな味に合うんだろうな。総合的に美味しいラーメンだった。メンマが赤いのは何でだろう?

量的にも満足したい人は五目そばを頼むべし。凄い量の具が乗ってくる。


☆3.5
住所 :山梨県甲府市中央4-12-8
電話 : 055-233-2458
11:30~14:30
17:30~21:00
火曜定休



2009年5月 9日


[お店]お~くぼ食堂

地産地消型のお店で、食材にこだわりがあり、料理も非常に丁寧なので、室井邸にお邪魔するときにいつも寄っている、韮崎駅前のお店。狭いながらも雰囲気はグッド。

d090509-1.jpg

最近は、最初にウーロン茶を頼んでいる。ちゃんとしたお茶のセットが出てくるので、飲んでうまいだけでなく、見た目でも、においでも楽しめ、3倍美味しい。

d090509-2.jpg

こちらも必ず頼む生春雨。きちんと細かく切りそろえてある野菜がシャキシャキしていて食べ応えばっちり。

d090509-3.jpg

これも美味しかったちじみ。

何から何まで夫婦 2人だけでやっており、料理が出てくるまでに結構時間がかかるので、お酒を飲みながら、焦らずのんびりした気持ちで待つのが吉。


☆☆☆☆
住所 :山梨県韮崎市富士見1-3-29
電話 : 0551-22-9898
[水]19:00~24:00
[木~月]18:30~24:00
※LO 23:00
火曜定休




2009年5月 6日


最後の晩餐

photo.jpg

スキーシーズンからクライミングシーズンに転向するので、今後はカロリーコントロールが必要。

好き勝手食べられるのは今日までということで、何を食べるか勘案した結果、家から一番近いお店である『無ニ路』(ムニーロ)へ。

シチリア料理の専門店で、ネットでの評判も上々なのだが、昔食べた記憶では脂っこくて受け付けなかった印象があった。

果たしてその時の評価はいかに。

orz

全く変わっていなかった。最後の晩餐だったので別のお店にすればよかった。全体的にオリーブオイルがしつこすぎて駄目。何とか食べられたのは前菜とパスタのみ。

しょぼーん(´・ω・)


2009年5月 5日


[お店]幸楽 小坂店

d090505-1.jpg

秋田県小坂市にあるホルモン焼きのお店。大館にも支店があり鹿角にあるのが本店。とてもチェーン店とは思えない、一般民家。おばちゃん一人で切り盛りしており、他にお客さんがいなかったので、色々と親切に相手をしてもらえた。

特にメニューにこだわらず、1000円で適当にと言う中途半端な頼み方をしたら、どっちゃりと小皿が出てきた。

photo.jpg

このお店の特徴は、ジンギスカンの鍋で焼くこと。甘辛いタレに漬けてあるホルモン、サガリを鍋にドンと乗せ、上から生のキャベツを、これまたざっくりとかぶせてグツグツ焼くこと 3分くらいでもう食べれる状態に。

肉はどれもプリプリで、予想していたほどくどくなく、白米と良く合い、あっという間に平らげました。

一緒に付いてきた小皿達はこごみ、蕗、わらびなどなど裏の山で取ってきたという春の山菜三昧で、ほろ苦い味に春を感じました。



d090505-2.jpg

小坂町にはかつて最大級を誇った鉱山があり、大きな精錬所がありました。古いながらも瀟洒な洋風の建物が多く見られました。


2009年5月 5日


[お店]鬼面庵

photo.jpg

酸ヶ湯温泉にある蕎麦屋さん。バスまで時間があったので寄ったお店。

時間は昼時、食事処はここしかないので、店内は大混雑。

蕎麦の実の芯の部分、上質の蕎麦粉しか使用していないという麺はかなり白い。しかも蕎麦粉100%とのことだが、つなぎはどうなってるの?

食感は十割蕎麦の特徴である粒粒感はまったくなくツルツル。細麺なのにきっちり角が立っていて、非常に弾力がある。

イワシダシのツユも麺によくあっていておいしかった。



一緒に頼んだ "生姜味噌おでん" も、ネマガリダケ、コンニャク、ツミレ、比内鶏の卵が付いていて美味。ボリュームたっぷりで満足。



2009年5月 3日


[お店]ラッキーピエロ

photo.jpg

函館を中心に展開しているファミレス。Sママからの情報。

人気No.1というチァイニーズチキンバーガーをオーダー。中華風に甘辛く煮付けてある鳥の唐揚げがサンドされていて、以外なマッチ感に驚きはするも、ファミレスのレベルを出るものではない。値段が安い分、バンズがかなり手抜き。具も無いし。

これで何かの賞を取っているというのはちょっと驚き。


2009年5月 3日


[お店]きくよ食堂

d090503-1.jpg

函館駅脇の市場の中にある食堂。K嬢からメールで教えてもらいました。

photo.jpg

巴丼発祥のお店とのことで注文。ホタテもイクラもウニもそれなりにおいしいのだが、丼にしないで、それぞれを別皿で、熱々のご飯と一緒に食べたいということに気付いた。

ご飯もネタもそれぞれが熱を伝導しあって、中途半端な温度になっていたのが微妙だったのだろう。丼にするなら冷まして酢飯にしてしまった方が、ネタの鮮度も落ちずにいい気がした。


☆☆☆
住所 : 北海道函館市若松町11-15
電話 : 0138-22-3732
[夏季] 5:00~14:00
[冬季] 5:00~13:30



2009年5月 2日


[お店]柿崎商店 海鮮工房

d090502-1.jpg

余市駅前のオレンジの目立つ建物。1階がスーパーで 2階が食事処。

海鮮丼が食べたくて入ったが、今日のメニューには無かったorz

photo.jpg

何も考えずにイクラ丼を頼んだが、特に旬でもないしごくごく普通。ウニ丼かマグロ丼にすればよかった。

ただ、ついてきた味噌汁も沢庵も微妙なので、推して知るべし。


2009年5月 2日


[お店]vege cafe まーくる

photo.jpg

札幌駅前にある、道産の野菜を使った料理を中心にしたお店。野菜をこれでもかというほど食べたかったら行くべし。

「野菜&愛情たっぷりごはん」をオーダー。プレートには十数種類の惣菜が整然と並んでおり、出てきたときは思わず、凄いと言ってしまった。

料理はどれも家庭的な味で、ズバ抜けて美味しいというわけではないが、質も量もかなりレベルは高い。特に野菜のテリーヌはキレイだった。ついてきた味噌汁もキャベツの甘味がグー。

他にも、予約が必要だが、野菜のしゃぶしゃぶやチーズフォンデュなど野菜にこだわったメニューは食べたくなるものばかり。

札幌駅から近いので行きつけにしておこう。


☆☆☆
住所 : 北海道札幌市中央区南1条西6丁目21-1 センチュリーヒルズ1F
電話 : 011-219-4255
[Morning]
08:00-10:00
[Cafe time]
10:00-11:30[Lunch]
11:30-14:30
[Cafe]
14:00-18:00
[Dinner]
18:00-22:00
日曜・祝日休日



2009年5月 1日


美瑛選果

photo.jpg

美瑛にある農協のアンテナショップ。「ジャガバター無料で食べ放題」というチラシに釣られて思わず入ってしまったが、これが大正解。

施設は農産物の直売所、カフェ、レストランで構成されていて、チラシの効果か、結構な人でにぎわっていました。

d090501-1.jpg

d090501-3.jpg

直売所では道産のお米が数種類、美瑛産のジャガイモ、アスパラ、豆類などが売られており、アスパラ、豆類はその場で試食できる状態になっており、特にホワイトアスパラがすっきりしていておいしかった。

色々買いたかったが、帰宅まで上手く保存出来なさそうだったので、断念。自分の好みにあっていそうな、「きらら397」というお米を買いました。ここでは玄米食で買うことができ、その場で精米してもらえます。

スイーツショップではソフトクリームが半額だったのでもちろん購入。非常に濃厚で美味。

んで、レストランは美瑛産の食材を中心にしたメニュー構成になっていて理想的なのですが、いかんせん値段が高すぎる。ランチが 2100円からって、東京でも限られたお店でしか無いような価格でやっていけてるのかなぁ。農協だからできることなのでは? お店は、厨房までもガラス張りでおしゃれでしたが、料理人が多すぎる気がしました。人数を半分にして、そのぶん値段を下げた方がいいのでは?

d090501-4.jpg

さで、肝心のじゃがバターは、無料だったのをいいことに、3個いただきました。芋は、「雪ムロ越冬馬鈴薯」という種類で、雪ムロであえて越冬させることによって甘みを引きだしたということで、本当に甘かった。さらに一緒についてきたバターが素晴らしく、聞いたところ、手作りとのこと。これはおいしかった。




2009年5月 1日


[お店]唯我独尊

d090430-5.jpg

富良野駅前にあるカレー屋さん。バラックのような店の作りは、入るのに一瞬ためらう。

だがカレーは文句なしにうまい。甘みがあるのに、しっかり辛い。

photo.jpg

石川カレーほどではないが、見た目は真っ黒なルーにカリッと揚げたジャガイモがゴロンと入っていて、真ん中に、自家製というソーセージの燻製がドンと鎮座している。ほかにもトウモロコシやらコールスローやら白胡麻やらと細かい具が散りばめられている。

この独特の辛さは何だろう?胡椒っぽい感じが後をひく。ただ、毛穴全開とまでは行かないものの、結構辛いので、辛いのが苦手な人にはつらいかもしれない。

ご飯はターメリックライスかな?

とにかくうまかった。ルーのお代わりは、呪文を唱える必要があるが自由。


d090430-4.jpg

店内は壁中に名刺が刺さっていてちょっと怖いが、ここを訪れたお客さんが好き勝手に貼っていったものらしい。この辺は非常に北海道っぽい。

多分ライダーやチャリ族をターゲットにしているのだと思うが、ユースよりも安い、下宿のような宿が北海道には多く、どこの宿にも、オーナーを中心としたお客さん同士のネットワークが存在しており、部外者には入り込みにくく、学生の時に北海道を旅した時は、変に気を使い疲れた記憶がある。

そういった意味では現在のように車で転々とできるのは気楽でいい。


☆☆☆☆
住所 : 北海道富良野市日の出町11-8
電話 : 0167-23-4784
11:00~21:00


より大きな地図で ごはん を表示



2009年4月30日


[お店]富良野 とみ川

d090430-2.jpg

富良野郊外にあるラーメン屋さん。製麺所も運営しているので、麺は全て自家製。

photo.jpg

石臼を使い、丹念に挽いて作られた全粒粉の麺は、見た目は蕎麦。食感も風味も独特。

魚ベースのダシに豚と鳥もブレンドした醤油ラーメン。

表面に油膜が張っているも、まったくこってりしておらず、あっさりしたコクのある味。

具の三つ葉がすごくいいアクセントで、サッパリ感を引き出している。関東風のお雑煮に麺を入れた感じがした。

上に乗っているチャーシューもキッチリ焼いてるなぁという炭の匂いが香ばしかった。

ただ、トータルで見ると、麺の主張が強すぎ、ややバラバラな感がする。

d090430-3.jpg

このラーメンはほぼ全ての材料を富良野だけで調達しているという、理想的な地産地消型の料理。こーいう店が全国に増えれば、もっともっと地域の活性化が進むのになぁ。東京のコピーばかり作ってもしょうがないのに。

☆☆☆
住所 : 北海道富良野市麓郷市街地5
電話 : 0167-29-2666
11:00~21:00(L.O.20:30)
水曜定休



2009年4月28日


[お店]ふじや

d090428-2.jpg


苫小牧港近くにある豚丼のお店。吉野家や松屋の豚丼しか知らない身には衝撃で、まったく別の食べ物。炭で焼いている香ばしい匂いが、店の外まで漂っていて、入る前から食欲をそそられる。




もちろん豚丼をオーダー。フェリーの中では食べないで我慢していたので、思わず大盛りを頼んでしまったが、丼が 2つ出てきてびっくりした。10段まであるらしい。

肉厚の豚に甘辛のタレが絡んでいて美味。味付けがやや濃い気もするが、丼物だとこのくらいがちょうど良く、炭の匂いがいいアクセントになっている。

セットで付いてきた豚汁も凄いボリューム。味噌が違うのか、酒粕の味かはわからなかったが、ほんのりと甘い感じが、豚丼の濃い味付けとうまくマッチしている。チェーン店でこのレベルだと、豚丼の本場である帯広にも行ってみたいな。

いつも食べている関東の味付けとは根本的に違うので、北海道に来た感じがした。


d090428-3.jpg


☆☆☆
住所 : 北海道苫小牧市新中野町3-1-8
電話 : 11:00~22:00



2009年4月26日


[お店]ふじみ

某編集長に紹介され、韮崎で良く行くお店の一つ。

d090426-1.jpg

味は普通の定食屋さんだが、ボリュームは普通以上。定食を頼んでも、付け合わせの小鉢が色々出てくるので、山の帰りの腹ぺこには最適。

今日はどこぞかのサッカーチームの打ち上げをやっていたようで、ひどい混雑。それでもどんどんお客さんが来るので、それなりに地元では人気がある店だと思われる。


☆☆☆
住所 : 山梨県韮崎市富士見2-13-33
電話 : 0551-22-0644



2009年4月25日


[お店]Kuni's Country Kitchen

d090425-1.jpg

白馬主稜に行く予定だったが、どこまで行っても大雨、天気図の上にも二つ玉低気圧、余りの天気の悪さに、信濃大町で断念。どはいえ、折角ここまで来たので、行きたい店リストに入っていた店に直行。

Kuni's Country Kitchen は信濃大町郊外にあるおしゃれな洋食屋さん。オーナーがバックカントリースキーヤーだけあって、店内は雪山やスキーの写真が豊富。

m090425-2.jpg

頼んだのはグリーンカレー。ご飯もルーも非常に手が込んでいて美味だった。

かなりわかりにくい場所にあるにも関わらず、ひっきりなしにお客さんが入ってくるので、どのメニューにも期待できそうだ。大町での行きつけにしよーっと。


☆☆☆☆
住所 : 長野県大町市平180-17 安曇野アートライン
電話 : 0261-26-6602
営業時間 :
11:30~14:30 (LO 14:00)
17:30~20:30 (LO 20:00)
火曜定休




2009年4月24日


[お店]東京麺通団

d090424-1.jpg

昨日のラーメンがくどかったので、今日はさっぱり目を狙って、新宿にある讃岐うどんの専門店へ。

頼んだのは釜卵。最近釜卵ばかり食べてる気がする。予想したよりも卵の量は少なかったが、波々よりはこのくらいのほうがいいのかも知れない。ダシは関西風だが味は濃いめ。麺はコシもしっかりありながら、ツルツルでさくっと食べられた。

お店はベルトコンベア式だが、麺を受け取ってから、トッピングをセルフで乗せて、会計を済ますという手順を経ないと、うどんに有りつけないので、ちょっと冷めてしまうのが残念なところ。

安くて美味しい、うどんのメニューも豊富、店内は広くて居心地がいいので、また行きたいお店。


☆☆☆☆
住所 : 東京都新宿区西新宿7-9-15 ダイカンプラザ ビジネス清田ビル1F
電話 : 03-5389-1077
営業時間 :10:00~翌1:30(L.0)
Homepage:http://www.mentsu-dan.com/







d090424-2.jpg

あれっ、こんな所にユニクロあったっけ? と思ったら今日オープンだった。前はサクラヤだったっけ?



2009年4月23日


[お店]ラーメン二郎

d090423-3.jpg

はてな界隈では以前から、一部のクラスタで盛り上がっていたラーメン二郎に行ってきました。

予想していた程 麺の量は多くなかったものの、ベースの豚ブロックによるこってりさ加減が半端なく、トッピングで入れた大量のニンニクと背脂も加わり、ギトギト感倍増で気持ち悪くなり、ほぼイキかけましたwww

d090423-4.jpg


頼んだのは "ドカ盛 豚ダブルラーメン"。ダブルだったのは乗っていた豚のことだったのかな。とにかく気持ち悪くなるくらいの量の豚ブロック。

無料のトッピングで野菜、背脂、ニンニク、醤油、唐辛子が付けられるとのことだったので、全部オーダー。ただ、閉店間際だったこともあり、野菜のトッピングは切れていました。

麺は太めでコシの強い麺、味は醤油ベース + 豚。博多豚骨のような白濁したスープではなく透明。これは完全に好みが分かれる味。というか、美味しいのかこれは? どーみても学生向けのスタミナラーメンのたぐいで、並んでまで食べる部類のモノではない気がしました。とりあえず自分には合わない味でした。


2009年4月20日


[お店]日本橋 ぼんぼり

宮崎料理をアレンジした地鶏の専門店。兎にも角にも旨かった。土台となる鶏がおいしいから、何を食べても最高。その旨さは思わず笑みがこぼれてしまうほど。

場所は茅場町。箱崎JCT のそば。

頼んだ料理は

鶏わさ
アスパラの揚げ物
たまごどうふ
焼き鳥(ささみ、つなぎ、つくね)
霧島ポークのオイスターソース炒め
ぢどり南蛮タルタル添え
ぼんぼり親子丼

どれもたまらんかったです、はい。アスパラ、たまごどうふ、ささみ、ぢどり南蛮・・・あああ。

特徴的なのは親子丼。炭火で焼いた鶏の脇に、卵とじではなくトロトロの玉子焼が乗っている親子丼。炭の香ばしさと、絶妙なダシがきいた玉子焼きのマッチングが最高だった。

他にも頼みたいメニューが色々あったので近々また再訪しよう。この分だと系列店の東京バルバリにも期待できそう。

☆☆☆☆☆
住所 : 東京都中央区日本橋蛎殻町1-5-1 オイスター1-5ビル 1F
電話 : 03-3664-2777
営業時間 :
[月~木] 11:30~14:30 18:00~23:30
[金] 11:30~14:30 18:00~翌5:00
[土] 18:00~22:30
[祝前日] 18:00~翌5:00
日曜・祝日定休



2009年4月19日


[お店]大包餃子五大

ピラニアに行った時は、 8割方寄っているお店。というか他のお店を知らない。ピラニアのオーナーは、味にはうるさいので今度聞いてみよう。

d090419-1.jpg

餃子屋だけあって、餃子のメニューが豊富で、10種類以上はある。全餃子を食べてみたが、結局、この店一番の大包餃子に最近は落ち着いている。大勢で行って色々頼むのがベストかも知れない。

売りは、普通の餃子の 3倍はあるそのボリューム。中身も詰まっていて、お肉たっぷりで、心もお腹も大満足。

山の帰りに寄ることが多いので、大抵は大包餃子 5個とライスセット大盛りをオーダー。水切りがイマイチなのか、おちょこ一杯分くらいの水が溜まっているサラダと、ネギと味覇(ウェイバー) があれば、もっと美味しい中華スープが作れるよというスープがセットで付いてくる。だが、山の帰りはこのぐらいの豪快さがちょうどいい。ただし、疲れている上に、満腹になるので、東京までの 100km の運転にはご注意あれ。

☆☆☆
住所 : 山梨県笛吹市石和町井戸173
電話 : 055-263-4535
営業時間 :
11:30~14:00
17:00~22:00
水曜日定休

今日はこの餃子のために昭和南IC で降りた。以前は豊科IC で乗った場合、韮崎IC が 100km 弱なので、ETC割引のために一旦降り、そこから 20号をピラニアまで走って、ピラニアで遊んで、餃子を食べてから、また 20号を一宮御坂まで走ると、再度東京まで ETC割引を使って帰れる。しかもその時間なら小仏トンネル周辺の渋滞も解消しているので一石二鳥。ただ、現在は週末なら、一律 1000円になったので、その辺も気にせず気楽に寄れるようになった。

駅を中心にまとめたグルメガイドは多数あるが、IC を中心にしたガイドブックはまだ見たことがない。現状の ETC 割引を考えるとそんな企画もありかも知れない。


2009年4月18日


[お店]奈賀勢

最近、新穂高温泉周辺の山に行った時は、たいてい寄ってる、平湯温泉の食事処。

d090418-2.jpg

いつも頼むのは「てっちゃん」。「てっちゃん」とは牛の大腸のことで、韓国語。"こてっちゃん" という焼肉商品が記憶にある人もいるだろうが、まさにそれ。

お店では味噌ベースのスープに飛騨牛のてっちゃんとキャベツを一緒に煮込んだものが出てくる。コリコリとプリプリの中間にあるような、内臓特有の食感がたまらない。

味はかなり濃い目なので、白米が欠かせない。食べた後のダシで、うどん or ラーメンを投入できるので、最後まで堪能したい方は是非。今回は槍に入る前だったので、自重してご飯だけ。まだ食べたことはないが、他のメニューもイケるらしい。

d090418-3.jpg

美人な若女将もポイント高いwww

☆☆☆☆
住所 : 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ケ根868-3
電話 : 0578-89-2505
営業時間 :
10:00~14:00
17:00~21:30


2009年4月18日


[お店]iL CHIANTI CAFE

車の整備を近所の GS に頼んでいる間に、久々に地元で食事。

d090418-1.jpg

なぜか笹塚を中心に展開されているイタリアンのお店。笹塚周辺だけで 5店舗もある。昔はオフィスが笹塚だったこともあり、オフィスのすぐ脇にあるこの店はよく利用していた。

懐かしかったので、いつも頼んでいた真夜中のスパゲティーをオーダー。トマトベースで、ピリッとスパイスがきいたスープパスタは、味も温度もホットなので寒い冬には芯から体が温まる。変わらない味に満足満足。

ここのお店の売りはドレッシング。ガーリックのきいたコクのある味は病み付きになる。ドレッシング単体での購入も可能なのでお試しあれ。

ランチセットについてくるサラダは作り置きをしているからか、葉がシナシナでいまいちだった。ドレッシングを堪能したい場合は、この店から歩いて 5分ほどのところにある CHIANTI 本店でサラダランチを食べるのがオヌヌメ。

☆☆☆
住所 : 東京都渋谷区笹塚1-50-1 笹塚NAビル別館1階
電話 : 03-5465-5522
営業時間 :
11:30~24:00
11:00~23:00
Homepage : http://www.chianti.co.jp/restaurant.html

笹塚のオフィスにいた時に書いていたブログを見つけてしまった。

昼 : iL-CHIANTI-Cafe - (笹塚だるだる日記)


2009年4月17日


[お店]だんべ

群馬県某所で来シーズンの打ち合わせ。現地を視察したあと、そのまま帰宅するのはもったいなかったので、前から行きたかったうどん屋へ行ってきた。

場所は群馬県勢多郡富士見村。前橋IC から 30分くらいの場所にある。ナビにない道で、非常にわかりにくい場所だったが、何とか到着。その辺は店でも認識しているのか、周辺には店への看板が乱立していた。

メニューはシンプルにうどんが 3種類。今日は肉汁うどん、自重せずに七合もりでオーダー。

d090417-3.jpg

文句なしに旨い。わざわざ食べに来ただけはある味。先週食べた加須のうどんも旨かったが、それ以上。

地粉を使っていて小麦の香りが強い点は同じだが、コシはこっちの方が上だし、何よりつゆが旨い。最初は結構とんがった味だが、一緒に出てくるキンピラを入れると、甘みがつゆと旨くブレンドされ、丸い味となってより一層おいしく食べれる。具のネギの甘みも最高だった。

☆☆☆☆☆
住所 : 群馬県勢多郡富士見村大字時沢 860-3
電話 : 027-288-6857
営業時間 :
11:30~14:30
17:30~20:30
火曜定休日




2009年4月16日


[お店]赤坂伊兵衛

昨日は山形蕎麦で今日は加賀蕎麦。最近蕎麦づいている。

赤坂伊兵衛は料亭浅田のライトバージョン。とはいえ、経済的に夜は絶対に入れないようなお店。

入口からして↓だから、パーカー、ジーンズ、スニーカーという格好だと暖簾をくぐるのにも勇気が必要。

large4.jpg

店内も↓。

large3.jpg

カウンターとはいえ、料亭なので、仲居さんは全員着物だし、遅い時間に行ったので、客は自分一人で、食べる前から緊張してしまった。


large.jpg

今回の目的は盛りづゆ。何と、ベースが塩と醤油の 2種類が出てくる。圧倒的に塩の方がおいしい。塩ベースのつゆでそばを食べるのは初めてだったこともあり、新鮮だった。対して、醤油はカツオダシの匂いが強すぎてちょっと・・・。麺は角が立っていて、コシの強い麺で食べ応えがある。

ただ、確かにうまかったけど、昨日の蕎麦を食べた後だと、やっぱり厳しく感じてしまう。こうなってくると定番の「藪」「更級」「砂場」といった老舗の店も行かないとだめかな。

☆☆☆☆
住所 : 東京都港区赤坂3-6-4
電話 : 03-3585-5229
営業時間 :
昼 月~金 11:30~14:30(L.O.14:00)
夜 月~土 17:30~22:30(L.O.21:30)
Homepage:http://www.asadayaihei.co.jp/ihei_akasaka/index.html



2009年4月15日


[お店]出羽香庵

d090415-2.jpg

天気が良かったので、前から行きたかった虎ノ門の蕎麦屋まで散歩。会社からチャリで 10分。

お店の名前は「出羽香庵」。山形蕎麦のお店。

頼んだのは板そば。うん、これは美味い。

今まで食べた蕎麦で、麺のコシは最強。麺の硬さには賛否ありそうだが、味は素晴らしい。

むせかえりそうなほどの蕎麦の匂い、風味のある七味、コクのある麺つゆ。どれも最高。山形のアンテナショップなだけはある。

これは、山形に行った際は、本店の庄司屋にも行かねば。

☆☆☆☆☆
住所 : 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル1F
電話 : 03-3504-8715
営業時間 :11:00~20:30
Homepage:http://dewakouan.com/contents/index_h.html



2009年3月31日


[お店]東京カオマンガイ

カオマンガイって何だ? という疑問を解消すべく行ったお店。

1123416097_130.jpg

店名の通り、カオマンガイがメインのタイ料理屋さんで、神田駅西口から 30秒。

"カオマンガイ" とはタイではメジャーな屋台料理で、タイ版チキンライス。

お椀状に盛られたタイ米の上に蒸し焼きにされた鶏が載っており、そこにソースをざーっと掛けて食べる。ソースは 3種類から選べ、今回は赤ダレ(唐辛子?) をチョイス。

ご飯も鶏もうっすらと味が付いているだけで非常にプレーン。ソースとの味のメリハリが食欲をそそり、一気に食べ尽くし大満足。ウマーでした。

値段も安かったが、神田界隈の値段ってこんなもんなのか?

それにしても昼時だったにもかかわらず、狭い店内はガラガラだったが大丈夫なのかな?

☆☆☆
住所 : 東京都千代田区内神田3-7-8
電話 : 03-3255-6055
営業時間 :11:00~23:00
Homepage:http://torimeshi.at.webry.info/


2009年3月29日


蕎麦の村

カモシカスポーツ松本店に寄った際、

「この辺に美味しい蕎麦屋さん、ありませんか?」

「カラサワに行ってみるといいYO!!」

と言われ、地図をもらったので行ってみた。

最初はカラサワというお店だと思って行ったら、「唐沢」という集落だった。

「清水高原」というアーチをくぐると、メイン通りの脇は蕎麦屋の軒が並ぶようになる。何軒あるんだろうと思って調べたら、なんと 11軒。そば屋で構成される村だった。

- 山形村 - 唐沢そば集落

行った時間がかなり遅かったこともあり、営業していた店は、一番奥にある「弁天荘」だけだった。どの店も同じように、昔ながらの民家を改造した作りになっているようで、入るのをためらうような玄関だが、入ってしまえば普通のお店だった。

蕎麦が専門と言うだけあって、十割、八割、粗挽きなど、麺の種類が豊富。突き出しで出てきた野沢菜も美味だった。

large(6).jpg

今回は粗挽きを注文。メニューの説明にあったようにフワフワしていた。ただちょっと風味は薄いかな。小皿で色々頼めたようなので、複数注文して、他の麺も試してみても良かったかも。

1122434005_4.jpg

ネットを探したら、蕎麦屋のハシゴをしているレポートがあったが、これならラーメン屋のハシゴよりも身体への負担なく行けるかも知れない。蕎麦好きな人なら一度行ってみても損はないはず。

山形村唐沢そば集落探訪



おまけ
「入浴できます」という村の中に立っていた看板に従って、10km ほど怪しげな林道を上がっていくと、突然回りに不釣り合いなくらい立派な宿泊施設が。

「スカイランドきよみず」という県の施設で、これまた豪華すぎる温泉だった。高台にあるだけあって展望は最高だし、公共施設のおかげで入浴料は 500円と格安。しかも 22:00 まで営業しているようで、活用度は高そう。
1122434005_93.jpg

長野県公共の宿スカイランドきよみず


2009年3月10日


[お店]白碗竹快樓 赤坂店

large(5).jpg

麻婆豆腐が食べたいときはいつもここ。担々麺もオススメ。

まず入口からして雰囲気がいい。中国映画に出てきそうな店内もかなり凝った作りになっている。もともとこういう建物なのかな。

☆☆☆☆
住所 : 東京都港区赤坂4-2-8 金春ビル 別館
電話 : 03-3585-4657
営業時間 :
11:30~14:30 / 17:00~23:00
[金] 11:30~14:30 17:00~翌3:00
Homepage:http://r.tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13002817/



2009年3月 6日


[お店]インドレストラン モティ 赤坂見附店

赤坂でいつも行くカレー屋さん。赤坂ってカレー屋が皆無。特に日本独特のカレー。あっても松屋等のチェーン店で全然満足できない。

で、なぜかインド系のカレー屋は数店あるのだが、自分がよく行くのはここだけ。それ以外はちょっと口に合わない、というかイマイチだった。同系列の店が赤坂駅前にもあるがまだ行ったことがない。

12345.jpg

店員さんはほぼ全員インド人なのだが、態度がやや横柄。そこが改善されればもっと良くなるのに、非常に残念。

☆☆☆☆
住所 : 東京都港区赤坂3-8-8 フローラルプラザ 2F
電話 : 03-3584-3760
営業時間 :
[月~土] :11:30~23:00
[日・祝] :12:00~22:30
Homepage:http://r.tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13002796/




2009年3月 5日


[お店]うまや 赤坂店

普段、ランチに行くお店は大体決まっており、和食が食べたい時はいつもここ。

large2.jpg

客層のせいか、非常に静かで、読書や考え事をするのに最適。飯も(゚Д゚)ウマー。

昼なら御飯(白飯 or 麦飯)、生卵、ミネラルウォーター(Evian) はお代わり自由、コーヒーも 100円で付けられる。ちなみにお店は市川猿之助プロデュース(←誰?)。

large.jpg

一度は夜にも行ってみたいのだが、いつも満席で、いまだに予約が取れた試しがない。

☆☆☆☆☆
住所 : 東京都港区赤坂4-2-32
電話 : 03-6229-1661
営業時間 :
[月~金]
11:30~14:00 / 17:00~23:30
[土]
15:00~23:00
Homepage:http://www.jrfs.co.jp/umayahome/index.html




管理人:えのきど。
職業:Web Design Engineer
(Designer+Programmer) / 2

Designer にも Programmer にも成りきれず、どっちつかずでふらふらしてます。先は見えてません。

生存証明用の日々のメモブログ。メインは雪山大好きっ娘。です。

このブログの RSS RSS
counter