「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2004年9月 1日:今日の T-Wall


次の記事: 2004年9月 2日:今日のランナウト

 

ROCK&SNOW 025

(2004/9/3 山と渓谷社)
ROCK&SNOW 025

今号も前号に引き続きフリー一色に近い状況です。アルピニズムが絡むようなアルパインはどこへ行ってしまったんでしょうか? 確かに夏のアルパインは IV とか V とかフリーのグレードと比べてしまうと足元にも及びませんが、アルパインにはフリーでは得られない何か(魅力) があると思いますし、それを紹介する、し続けるのがこの雑誌の使命だと思います。素人考えでしょうか? ちなみにここでいうフリーとはスポーツクライミングとしてのフリーであって、フリーで登るというのとは違います。

とはいっても内容は練られており、非常に楽しめました。

Special Chronicle
The Wheel of Life V16
小山田大さんがオーストラリアで初登した世界最難のボルダールート The Wheel of Life(V16) の詳細レポート。ルート図を見ればわかるのですが V9+V12+V10+V11 と 4本のルートをつないだものです。初登の模様は DVD に収められていますので、一見の価値がありますので是非ご覧ください。

ロストワールド:ムラジョン北稜初登攀
パタゴニアのセロ・ムラジョンへ実質 2人で遠征した記録です。登攀自体はワンデイの速攻で落としていますが、アプローチも困難も極め、悪天での停滞も余儀なくされ、かなり苦労しています。それにしても久しぶりにシュテファン・グロバッツの名前を見ました。最近読んでる岩雪のバックナンバーだと、シュテファン・グロバッツはヨーロッパのコンペで優勝している記事ばかりなのですが、ここまでに至る過程も知りたいところです。マルチですねぇ、理想です。

シャモニ W-CUP 小林由佳初参戦
シャモニで行われたワールドカップに初参戦した小林由佳さんのレポート。個人的には登っているところを一番見てみたいクライマーです。今回は 7位と惜しい結果でしたが、将来が楽しみですね。まったく関係ないですが、昔の岩雪に同姓同名のクライマーが時々登場しています。もちろん別人でしょうが。

アレックス・フーバー 5.14a フリーソロ
イギリスのクライミング雑誌 HIGH MOUNTAIN 260 の翻訳です。危険なので良い子は真似してはいけません。トライの様子はフーバーの Web で見れます。

ジャヌー北壁 不可能への挑戦
ジャヌー北壁に新ルートを開いたロシアンクライマーの記録。ジャヌー北壁の中央をきれいに貫いており、これまでの北壁のルート(同志会ルートとトモ・チェセンのルート) に比べても一番きれいです。極地法で酸素も使っていますが、壁に入ってからは完全にポーターレスで短期間で落としているところを見てもすごい記録です。ちなみに同時期に他のロシアンクライマーがエベレスト北壁にも新ルートを開いています。ジャヌーは南東稜からの初登ルートでいいので、将来的には行ってみたい山です。遠征の様子は Web で見れます。

エル・キャピタン「Freerider」をワンデイ・オールフリー女性初登
ディーン・ポッターの奥さんであるデイビス・ポッターの記録。夫婦そろってすごいですね。ちなみに Freerider はサラテの派生ルートです。

INTERVIEW
小山田大 インタビュー
小山田大さんのクライミングライフを振り返ったインタビューになっています。小山田さんのこれまでを初めて知りました。今後の若手のプロクライマーを危惧しているあたりは凄いですね。

OLD BUT GOLD 蝦夷生艶気蒲焼(えぞうまれうわきのかばやき)
今回は北海道・層雲峡にあるクラックルートの紹介です。ルート名も凄いですが、ルートもクラックがきれいに走っており非常にきれいです。グレードも 10c と手ごろなので、機会があれば行ってみたいですね。今年の 2月にアイスクライミングで層雲峡に行きましたが、渓谷に沿ってずーっと岩場が続いているので、開拓しようを思えばどこでも開拓できそうな雰囲気でした。

その他
ボルダーグレードを考える
前号のボルダリンググレードに関する対談に対する反響を集めてあります。議論するのはいいと思いますが、最終的な決定は誰がどのようにするのでしょう?

小川山新エリア・姉岩
雲表倶楽部 60周年記念にあわせて、ほげほげさんこと長島さんが中心になって開拓されたエリアの紹介。マラ岩からすぐだし、グレードも 10台が中心で初心者向けなので遊びに行ってみてもいいかもしれません。

これからのルート開拓
フリーの開拓ネタではありますが、ぜんぜん未知のネタなので面白かった。クライミングで一番重要な要素である支点ですが、支点に関してぜんぜん無知であることがよくわかりました。支点を作る人ももちろん気をつける必要がありますが、利用する方も過信してはいけないでしょう。アルパインでは支点に関しては必ず確認しますが、フリーの場合はそのまま意識せずに使ってしまう傾向があります。

ハードコア人体実験室
パンプについて。ためになります。やっぱりクエン酸は効果があるようです。「最大筋力を上げることで持久力があがる」というのも重要ですね。


トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/000663.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2004年9月 1日:今日の T-Wall


次の記事: 2004年9月 2日:今日のランナウト

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/678

 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido