「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2004年9月 3日:浅間山が噴火


次の記事: 2004年9月 5日:今日の Pump2

 

穂高・屏風岩東壁・雲稜ルート

後輩の健史と穂高・屏風岩に行ってきました。天気が悪そうだったのですが、何とか持ちそうな感じだったので決行しましたが、結果としては雨につかまり、途中で敗退しました。一応屏風デビューです。

【アプローチ】
金曜夜 20:30 に東京を出発、沢渡駐車場に 23:30着。そのまま車中泊。5:00 起床、5:30のバスで上高地に 6:00着。天気は曇。時々晴れ間も見える。さすがにシーズンオフだけあって、紅葉もまだなので登山者はまばら。

上高地を 6:10 に歩き始め、さくさく飛ばして横尾に 8:00着。少し休んでから涸沢への道を岩小舎まで 10分ほど歩いてから、河原に下りる。

岩小舎からの屏風岩東壁
岩小舎からの屏風岩東壁

渡渉ポイントを探して上流、下流を少しうろうろ。下流部の少し流れが弱いところを選んで、靴下だけ抜いで、膝までズボンをまくってジャブジャブと渡渉。雪渓が融けた水だけあってめちゃめちゃ冷たい。脳天までしびれました。

1ルンゼだと思われるところを詰めていく。一番顕著なルンゼで踏み跡もあるので迷うことはないと思います。がれがれで浮石が多いので少し注意が必要。樹林帯を抜けると屏風岩が目の前に現れる。扇岩テラスあたりに 1パーティ取り付いているのが見える。

1ルンゼのつめが結構つらく、へろへろになりながら T4 尾根取り付きに。時間は 9:30。

T4尾根 1P目(III 健史リード)
直上せず1に、脇から回り込んだためスラブチックなルート。直上ルート(IV) の方が早そうです。

T4尾根 1P目
T4尾根 1P目

T4尾根 2P目(V- えのきどリード)
クラック沿いにルンゼを上る。出だしのワンポイントがちょっと嫌でしたが、特に難しいところはありません。

T4尾根 2P目
T4尾根 2P目

T4尾根 2P目終了点から雲稜ルート取付までザイルを担いでコンテで上がる。浮石が多いので落石注意。

雲稜ルート 1P目(V 健史リード)
凹角状に沿って登っていく。ピナクルテラスの手前まで。クラックも使えるし、ガバも豊富なので楽しく登っていける。屏風の初登ルートでもあり、一番登られているルートだけあって、残置ピンも豊富ですが、オールナチュプロで行けるルートです。

雲稜ルート 1P目 雲稜ルート 1P目
雲稜ルート 1P目

雲稜ルート 2P目(V+ えのきどリード)
ピナクルテラスまで上がり、トラバース気味に細かいフェースを斜上していく。ジムの垂壁に近い感じ。ピナクルからフェースに乗り移り、フェースからトラバースする 1手が特に悪い。ラン時気味にガバを取るのが核心。ビバーク荷物一式を背負ってるので指への負担が大きい。フェースを登っているときに先行パーティが懸垂用に落としたロープが降って来てヒヤッとする。トポだと 2P目は扇岩テラスまでしたが、先行パーティが懸垂で降りてきており、いっぱいだったので、手前のテラスでピッチを切る。

雲稜ルート 2P目 フェース部分
雲稜ルート 2P目 フェース部分

雲稜ルート 3P目(A1 健史リード)
扇岩テラスまで斜上し、そこからボルトラダーをあぶみの掛け代えで上がる。15m ほど上がったところで本格的な雨。しばらく様子を見るも強くなる一方で、雷も鳴り出す。

仕方ないので支点にビナを残置してロワーダウンで扇岩テラスへ健史をおろし、自分も上がる。天候の回復が見込めないので撤退を決定。時間は13:30。

雲稜ルート 3P目 あぶみんぐ中 雲稜ルート 3P目 あぶみんぐ
雲稜ルート 3P目 あぶみんぐ中

懸垂 5回で T4尾根取付きへ戻る。ロープの回収時に落石を結構起こしてしまう。

懸垂下降中 壁は滝
懸垂下降中 壁は滝

取り付きに戻ると1ルンゼは川と化している。奥多摩の沢よりよっぽど水量が多い。壁はもちろん一面の滝。どこかに取り付いていたらしい別パーティと取り付きで遭遇。

1ルンゼは川
1ルンゼは川

渡渉ポイントまではほとんど沢くだり。心配していた渡渉はそれほど水量は増えていなかっ たので行きと同じポイントで渡渉。相変わらず水は冷たい。

釜トンゲートの閉まる時間が気になったので上高地までノンストップ。上高地着 18:30 で、ゲートがしまるのが 19時とのことで、ぎりぎりセーフ。全身びしょぬれのままタクシーで沢渡へ。

沢渡で着替えて、松本インター付近の蕎麦屋で夕飯を食べ、雨の中央道を帰京。

前回の剣に引き続き、今回もひたすら歩きました。歩行距離25km。

最近はジムに通っているからか、V のピッチも気軽に楽しんで登れるようになってきました。逆に V 以上じゃないと楽しめない体になっています。


トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/000668.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2004年9月 3日:浅間山が噴火


次の記事: 2004年9月 5日:今日の Pump2

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/683

 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido