「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2005年6月 4日:西伊豆・海金剛・ネービーブルーに抱かれて


次の記事: 2005年6月 6日:ROCK&SNOW No.028

 

西伊豆・海金剛・白波ルート

2日目は杉本さんの体調が余りよくないので、白波ルートを 4人で一緒に上がることにしました。

【1P目:杉本リード】
ブッシュの中からスタート。トポだと凹角からクラックの IV となっているのですが、ルートが判然としないようで結構時間がかかりました。一番最後にフリーで上がりましたがとても IV とは思えないピッチでした。

1P目はブッシュからスタート
1P目はブッシュからスタート

【2P目:木下リード】
右に斜上してからクラックをネイリングで上がるピッチ。一番最後に回収しながら上がりました。最近はジムにも行けず、フリーのレベルがた落ちだったので、ユマールは手元にあったものの、あくまでも補助的な手段として、できるだけフリーで上がりました。このピッチは最後にクラックが途切れるところが悪いもののそこまではフリーで上がれました。5.10c くらい?

2P目をネイリング中
2P目をネイリング中

【3P目:かーばたリード】
左に少しトラバースしてからスラブのポケットをボルダーチックなムーブで上がり、カチを繋ぎながらランナウトしつつ鎌型ハングみたいな斜上するハング下に走るクラック沿いに上がり、ブッシュに入ってピッチを切りました。

トポだと 5.11- となっていましたが、かーばたさんフリーで超えて行ってしまいました。さすが!! セカンドで上がりましたが、出だしで左のポケットに手に足ムーブで立ちこめず、ワンポイントユマーリング。上部のクラックもぼろぼろでクラック脇の岩が動く動く。怖くてがばっとは掴めず、結局最後の箇所もユマーリング。よくこんなとこオンサイトフリーで行けるなぁ。どんどん離されてる、やばいなぁ。

3P目をフォロー
3P目をフォロー

【4P目:かーばたリード】
クラックを上がって下部要塞の取付へ。トポだと 5.8 となっていますが、もうちょっとあるなぁ。フリーで超えましたが、ここも浮石が多い。

赤壁方面
赤壁方面

【5P目:杉本リード】
下部要塞右端のクラックをカムの掛け替えで上がり、左上しての上部要塞に上がる C1 ピッチ。トポだと 5.10d となっていますが、ここはそれほど難しく感じませんでした。5.10a くらい?

5P目をリード中
5P目をリード中

5P目をフォロー中
5P目をフォロー中

【6P目:えのきど。リード】
最終ピッチ。上部要塞の中央から左上するリスをネイリングで上がるピッチ。昨日全くネイリングができなかったので、お願いしてやらせてもらったピッチ。最初は間違えて一番左端のリスを登り始めてしまい、一旦回収して再スタート。

出だしのクラックにエイリアン赤を決めアブミを掛けてスタート。アングル 3枚、ロストアロー 5番、6番、バガブー 6番 2枚使用。脇で見ていた木下さんから色々アドバイスを頂き、勉強になりました。

ピトン打って、アグレッシブテストして、アブミ掛けて、乗り込むという作業の繰り返しですが、問題なく打ち込めて、乗り込んでいたつもりだったのですが、クリーニングをしたかーばたさんに聞いたところ、結構あっさり抜けてしまったとのことでした。うーむ、怖いなぁ。

6P目をネイリング中
6P目をネイリング中

終了点まで上がってロープを Fix し、天気もいいので、後続がユマーリングで上がってくるのを待っている間は海を見ながら昼寝。

6P目をフォロー
6P目をフォロー

下降は昨日と同じ Super Rain のラインを下降。昨日引っかかった箇所で 1回ピッチを切って 5回で下降。昨日の残置も回収しました。

取付には 18:00 着と遅くなってしまったので、今日もそそくさと戻りました。

道の駅でギアの整理をしていたところ、結構時間がかかり、併設してある温泉に行ったら、5分前に受付終了とのこと。ショック。

帰りも食事を取ってる時間もなさげだったため、スーパーで買出し、これまた途中の閉まりかけていた温泉に 30分限定ということで飛び込み、ばたばたしながら帰りました。

今回初めてアメリカンエイドを体験しましたが、新たな世界に突入という感じでした。ギアの選択、ラッキング、ユマーリングやアブミの架け替え、ネイリング、クリーニングなどなど、新しいこと目白押しで頭の中を整理しないと時間ばかりがかかってしまい、残業必至な状況になってしまいそうです。

海金剛には初めて行きましたが、バックが海というロケーションがもう最高ですね。ただ、南に位置していたり、標高が低いこともあり、暑さでシーズン終了ギリギリでした。とにかくアプローチが暑くて汗だらだらでした。

皆さん有難うございました。


コメント (4)トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/001011.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2005年6月 4日:西伊豆・海金剛・ネービーブルーに抱かれて


次の記事: 2005年6月 6日:ROCK&SNOW No.028

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/1013


コメント (4)

皆さんどうもです。

ラインはそれぞれのピッチでいろいろあったんですね。もう一度トポを見て確認してみます。

Big Wall とまでは行きませんが、みんなでワイワイやるクライミングの楽しさを初めて体験できました。また機会がありましたらよろしくお願いします。

こんばんは、はじめてお邪魔いたします。すぎもとです。
(よかった、今度は文字化けせず日本語が無事表示されました)

最終ピッチのハーケン回収は、すぐ隣でかーばたさんに御指導いただき、私の細腕でも、じゃなかった普通の国産ハンマーでも割と素直に取れました。でも、抜こうと思って下からたたいたりしてるわけで、真下方向に荷重かかるなら持ちそうという感じでしたけど。

1ピッチめ、取付きはもうちょっと右だったのかもしれないと思っています。
理由1:全然4級じゃなかった。
理由2:クラックをカム3〜4個使って人工で上がったあと、かなり右に回りこんだ。
カンテ状を越えてブッシュ混じりになった後は、4級以下でした。(ロープが地引網状態でツラカッター)
ロープ半分くらい伸ばした所にボルトが2個並んで打ってあったのが気になります。あれ何だったのかなあ??
あと人工をしたクラックのすぐ右下に大きいフレークがあって、はじめそこにキャメ3あたりを入れてたのですが、岩がメリメリ動きだしたので慌てて取りました。以前落石で筋断裂してしまったというのって、その脆い部分じゃないでしょうか。

3P目は、ライン間違いました。壁左のスーパーレインに寄らずに、壁中央の、木とブッシュの間辺りを直上していくのが白波みたいです。G13さんに聞いていましたが、日和ってクラックに寄ってしまいました。
6P目、クリーニングしてくれたのは杉本さんで、僕は隣でユマーリング観光しておりました。

白波の5ピッチ目のクラックは本来は直上ですが、抜け口にテレビ大の浮石が鎮座していて(前日に確認済み)、非常に危ないので、スーパーレインと同じルート取りをして迂回しています。なので正規ルートとは違います。
出だしは5.8ぐらいだったはずですが、ちょっとそのグレードにしてはちょっと厳しいです。


 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido