「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2006年4月 1日:献花


次の記事: 2006年4月 5日:山野井通信

 

バイタミンR 5.14c

久方ぶりのスポートフリーネタ。

チュウゲンA こと岡山の高校生・中原栄君が 3/31 に備中・じゃろう岩のバイタミンR(5.14c) を第 2登したそうです。バイタミンR は小山田大さんが 2001年に開拓・初登した課題で、松島暁人さんなどもトライしていたようですが、まだ第 2登はいませんでした。同日に小澤信太さんも第 3登されたようです。

これで、今年になって、中原君が登った 5.14 は、1/1 に備中・羽山渓谷の(5.14b/第 3登、彼にとって最初の 14。)、3/29 に備中・長屋坂のプリシラ(5.13d/14a) と併せて 3本目になりました。すごい勢いです。

中原君を最初に見たのは 2005年のヨコハマロックマスターでしょうか、その後は日本選手権で見ていますし、去年備中に行った時も、空(5.14b) をトライしている様子を見る機会がありました。 今の時代には珍しい、筋肉むっちりの肉体系のクライマーで、ムーブがどことなく平山ユージさんに似ていたので、好きなクライマーになりました。

ただ、これまでのコンペでは、岩場に比べると完全にはパフォーマンスを発揮できていないような気がしていましたが、週末に行われたC5TOUR 2005 最終戦 M-Wall3周年記念大会では強豪を抑えて見事優勝したようなので、今月の日本選手権や、11月に彼の地元で行われるジャパンカップが楽しみでもあります。

難点は日本語が弱い。(笑) JFA の Web に載っていたコメントも

トライ数は20回前後です。非常にレジスタンスでレストができないルートです。でもパンプして落ちてしまうルートです。登れたときは本当に嬉しかったです!
"レジスタンス"? "ストレニュアス"の勘違い? "でも" という接続詞もおかしい気もしますが、本人はいたって一生懸命で、多少(?) の勘違いは吹っ飛ばしてしまいそうな勢いです。若さのなせる業でしょうか。今後の彼にも期待大です。

最近になって彼も Blog を始めたので、その突き抜けぶりは、彼の Blog を参照してください。

sakae's blog
http://sakae2006.exblog.jp/

参考情報
バイタミンR(5.14c)を登るまでの話。(sakae's blog)
【ニュース】 中原栄 バイタミンR(5.14c) 第2登 (team PROTOSTAR)
バイタミンR 5.14c (M-wall gakuのクライミング日記)
バイタミン (小澤工房)

今シーズンの冬は怪我で強制終了してしまったので、色々と情報を見てたら、乾いた岩が登りたくなってきました。リハビリも先週で第 1段階が終わり、今週から第 2段階に入ってきたので、ぼちぼちと復活プランを考えて行きたいと思います。今年は事故の確率を下げるということからスポートフリーが中心になると思います。やるからには徹底してやりたいと思っていますので、今年は本格的にグレードを上げるクライミングをしていきます。


コメント (6)トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/001361.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2006年4月 1日:献花


次の記事: 2006年4月 5日:山野井通信

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/1363


コメント (6)

レジスタンスを調べてみたところ、海外では結構使われているようですが、日本ではクライミングのルートに対して使われている例はないようです。"レジスタンストレーニング" という単語が、負荷を与えるトレーニング(そのまんまトレーニングの意味ですが)という意味で使われているので、意味的には分からなくもないですね。逆にいえば、こんな単語を知ってる中原君はある意味凄い?

日本選手権もジャパンカップもたぶん見に行きますよー。外岩とは違った皆さんの登りを楽しみにしています。

>レジスタンス
僕も普通に訳してましたが、そういう使い方があるんですね。(クライミング独特の言い回しなのかな?)勉強になりました。

エヌハラはあほですが、かわいいやつです。

>今月の日本選手権や、11月に彼の地元で行われるジャパンカップが楽しみでもあります。

同感です。ジャパンカップは僕も出ようかな~と思っていますが・・!

二期生さん、また秋にお邪魔させていただきまーす。

kkさん、ありがとうございます。そんな意味があったんですね。知りませんでした。勉強不足でした。

レジスタンス
無酸素系のムーヴが数手続き、息ができず苦しくなるようなルートを表現するときに使う。
前傾フェイスでボルダームーヴが10手くらい続いたり、思わずうめき声が出てしまうようなルートがそう。

杉野保さんのHPより

中原くん、すごいですね。でも、彼はホントに“努力の人”なんです。まあ、努力を努力と思わないくらいクライミングを心底楽しんでいる彼は、ある種の天才かもしれません。いづれにせよ、今後が楽しみです。

>スポートフリーが中心になる・・・
>やるからには徹底してやりたい・・・
>今年は本格的にグレードを上げるクライミングを・・・
じゃ、秋には一緒にバイタミンやりましょう・・・ね?(^^)
また岡山に来られるのを家族共々楽しみにしております。



 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido