「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2006年6月13日:赤坂


次の記事: 2006年6月15日:今日の Pump2

 

情熱大陸 山野井泰史

(2006/6/11 TBS)
情熱大陸 山野井泰史

山野井さん。情熱大陸への出演は 2002/9/11 に続き 2度目。情熱大陸に 2度出る人も珍しいのでは。

今回の内容はギャチュンカンでの遭難後に焦点を当てているようでしたが、前回の焼き直しの感は否めず、前回を見ている人間にとっては何を伝えたかったのかがよくわかりませんでした。氷川屏風岩のフリーソロのシーンなどはまったく同じです。"指がなくても登っています" ということを伝えたかったのでしょうか。

改めて前回の放送を見直してみたところ、前回はボルダーとヒマラヤがうまく比較されていたり、「僕は日本で一番優秀なクライマーです。」「高校に行ったことが人生唯一の後悔。」などの名言を残しており、最後は、やらせながらも、"電車で" ギャチュンカンに出発していくシーンでうまく締められており、構成もよくできていました。

それに対して今回の番組はちょっとちぐはぐで尻切れトンボでした。せめて、現在トライしている城ヶ崎・スコーピオンが登れるまで or 秋のマチェルモ出発まで待つべきだったのではと思います。

うがった見方をすれば妙子さんの方に焦点が当たっていたのかもしれません。前回出演時よりもさらに指が短くなっていましたが、あれで河又の大五郎を登っているというのだから驚きです。

とはいえ、一般の人から見たら、指がないのに登っている、指を無くしたにもかかわらず登っているということは凄いことなんでしょう。

マチェルモ(Machermo) 6237m
今年の秋に山野井さんがトライするというネパール・ヒマラヤの山。2002年 9月に登山者に解放されたトレッキングピークの一つ。Petzl の Web に北壁を登る映像がありました。初登? 写真はここにありました。

城ヶ崎・スコーピオン
城ヶ崎のクラック課題、山野井三部作の一つ。あとの 2つは、神風とビッグマウンテンダイレクト。最近の山野井通信で城ヶ崎のあるルートにトライしているとあったので、てっきり杉野さんが年末に開拓というか延長したルート群だと思ったら、山野井さん自身のルートだったんですね。

今年の自分の目標ルートであるマリオネットが予定通りに登れたら、触ってみたいルートではあります。

参考情報
情熱大陸 Web サイト


トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/001427.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2006年6月13日:赤坂


次の記事: 2006年6月15日:今日の Pump2

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/1429

 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido