「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2006年12月 9日:京都・奈良・滋賀 1日目


次の記事: 2006年12月11日:Windows Vista + Office 2007

 

京都・奈良・滋賀 2日目

今日は琵琶湖の湖北へ。湖北は "観音の里" と言われるくらいに観音様が多く、特に十一面観音であふれています。

向源寺
今回のメイン。先日、東博で行われた仏像展で、連れが一目惚れしてきた、十一面観音像を観に行ってきました。

威風堂々としているのはもちろんですが、動きを表しているという姿勢も良かったし、十一面それぞれの表情が非常に豊かで、配列もユニーク。

門前に立った時に思ったのですが、この寺の周囲には塀等がまったくなく、村に完全に溶け込んでおり、開放的で、京都の寺院とは一線を画していました。敷居が低いというか、壁がないというか。今日回った寺院はどこもそんな感じでした。

向源寺
向源寺

唐喜山赤後寺
赤後寺は日吉神社の境内にあり、特定の宗派を持たず、地元の人によって管理されているため、寺院専属の住職や管理人はおらず、拝観するためには電話で地元の人を呼ぶ必要があります。

担当の方のお話では、当番制になっており、6人でローテーションを組んで回しているとのことでした。

赤後寺の十一面観音は、戦国時代の戦火を逃れるために、たびたび、川に沈められたり、土に埋められたりと過酷な経歴を経ているためぼろぼろで、手首から先と足首から先がなく、痛々しいお姿でした。

唐喜山赤後寺
唐喜山赤後寺

己高閣・世代閣
己高閣・世代閣は、かつて近辺の山中にあった寺院の寺宝を集めた建物。近年建てられたばかりなので、きれいな建物です。

こちらも地元の人のみで管理されています。見どころは己高閣の七仏薬師と世代閣の十二神将像魚籃観音菩薩です。定期的に公開されるという、寺院(名前失念) の中の大日如来も迫力満点でよかった。

周辺を結ぶ "まほろばの道" は紅葉がきれいだったので、今度来た時はぜひ歩こうと思います。

三井寺
再度、大津に戻って三井寺へ。

三井寺仁王門
三井寺仁王門

今日回った他の寺院に比べると、典型的すぎてあまりにも普通でした。紅葉のシーズンに来るとすごいきれいだと思います。尊星王像がユニークで素敵でした。

まだ紅葉が残っていました
まだ紅葉が残っていました

展望台からの琵琶湖
展望台からの琵琶湖

京都駅もクリスマス一色
京都駅もクリスマス一色


トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/001532.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2006年12月 9日:京都・奈良・滋賀 1日目


次の記事: 2006年12月11日:Windows Vista + Office 2007

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/1532

 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido