「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2007年3月 6日:ROCK&SNOW No.035 2007 春号


次の記事: 2007年3月14日:Patagonia 2006-07 FALL/WINTER カタログ

 

北ア・錫杖岳・三ルンゼ~グラスホッパー継続

前から行きたかった三ルンゼ~グラスホッパーの継続を小林さんとしてきました。

槍見温泉を 4時に出発し、3ルンゼ取付が 6時着と夏よりも早い時間でアプローチできました。

錫杖岳前衛フェース
錫杖岳前衛フェース /中央の顕著な氷は 1ルンゼ / 右の氷は 2ルンゼ / 3ルンゼは右端

ほぼ同時に出発した法政大山岳部OBペアが先行し、後を追うような形で登りました。

3ルンゼ取付
3ルンゼ取付

3ルンゼは、夏でいう 1ピッチ目の真ん中あたりまで雪で埋まっており、2ピッチ目辺りまでは緩傾斜の氷をフリーソロで上がり、そこからロープを付けて 3ルンゼ終了点の稜線まで 2時間でした。

最初の 2ピッチはルンゼの氷のラインは先行パーティが登っていたので、左の草付きを上がりましたが、悪い。典型的なトラッドミックス。アックスとアイゼンを岩にガリガリ言わせながらじわじわと上がる感じで、何とかフリーで抜けました。普段やっているスポートミックスの技術がようやっと生かされた感じです。

3ルンゼ
3ルンゼ 1ピッチ目

ただ、氷のラインも完全には繋がってはおらず、先行パーティも少し苦労されているようでした。3ピッチ目からは氷のラインに戻り、ほとんど駆け上がる感じで稜線へ。

3ルンゼ
3ルンゼ 4ピッチ目

3ルンゼ最終ピッチ
3ルンゼ最終ピッチ

稜線に出て下を見ると、グラスホッパーの左ルンゼ取付あたりに 1パーティ、はるか下にもう 1パーティ見えました。

で、稜線から左上にグラスホッパー 4ピッチ目に当たる立派な氷柱が見えたので、そのまま継続。4ピッチ目取付で先行パーティに先に行かせてもらう。予想以上に時間をかけてしまい失礼しました。

グラスホッパー 4ピッチ目
グラスホッパー 4ピッチ目

が、それほど難しいというわけではないのに(5級位)、異様に腕がパンプし、氷の抜け口のところで右のアックスの差しが甘かったようで、すっぽ抜けて 10m 程大フォール。ビレイヤーのすぐ上で止まったので事なきを得ましたが、かなりショック。しかも、左のアックスの流れ止めが切れ、アックスだけ抜け口に残置というかなり恥ずかしい状況になりました。

リードを代わってもらい、フォローで登り返しましたが、抜け口付近の氷がグサグサだったのと、少しかぶっていた、3ルンゼで何回か岩をピックで叩いてしまって刃先がつぶれていて、アックスの刺さりが非常に悪く、余計に力を使ったこともあり、パンプが早かったようです。とはいえ、氷で落ちるなんて・・・。反省。

ので、最終ピッチの緩い氷は簡単でしたが慎重に上がりました。その上の雪田もずーっとロープを伸ばしたのですが、ロープが足りなくなったため、氷の抜け口まで戻って終了としました。槍穂の稜線まできれいに見えて、抜群の景観でした。

左がグラスホッパー全景 / 右ルンゼの氷柱はすごい
左がグラスホッパー全景 / 右ルンゼの氷柱もすごい

帰りはグラスホッパーを 4ピッチの懸垂で降りて、グラスホッパーの取付に出ました。グラスホッパーの 1ピッチ目は岩が露出しているため、ちょっと登るのは難しそうですが、右のルンゼからまけます。詳細はグラスホッパーの記録を参照してください。

グラスホッパーの右の左ルンゼは石際さんらが登られていたようで、凄い遠距離ですが挨拶だけかわしました。初対面。今度じっくり話してみたい方です。

グラスホッパーのかなり右の右ルンゼの氷柱は凄い。赤岳コンペの時に佐藤さんに少し話を伺った感じでは、ドライの岩を登ってから下まで届いていない氷柱に移り、そこから氷柱を 5本トラバースして上に抜けるというかなり格好いいラインだそうです。来年以降の自分の課題になりそう。

後はサクサクと下山し、槍見温泉の駐車場に着いたのは 15:30 でした。久しぶりの本ちゃんでしたが、パートナーにも恵まれ、楽しいクライミングになりました。もっと辛くても良かったかな?

関連情報
錫杖岳北東壁左ルンゼ (HIGHWAY★STAR)
錫杖グラスホッパー (Right&Fastな日々)


コメント (6)トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/001597.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2007年3月 6日:ROCK&SNOW No.035 2007 春号


次の記事: 2007年3月14日:Patagonia 2006-07 FALL/WINTER カタログ

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/1597


コメント (6)

ぢゃんぼさんに聞いてみたら左ルンゼは登ってないそうです。
けど見るからに良さそうな氷なので、誰か登っているかも知れませんね。
右ルンゼは佐藤さんとぢゃんぼさんで2月4日にP4フェースから継続で登られたそうです。

> y山さん
3ルンゼの氷は繋がっていませんが、まぁ登れます。グラスホッパーは 2-5ピッチ目までは氷がありましたが、1ピッチ目は氷がないので右か左から巻いて取りつく必要があります。

> すーさん
はじめまして。いつも Web の錫杖の記録を参考にさせていただいています。

錫杖岳北東壁左ルンゼですが、確認はしておりませんが、今シーズン信大の横山さんたちが登られているのではと思います。

> akiさん
はじめまして、どこかでお会いしましたらよろしくお願いします。

> KGさん
錫杖は冬に限らず、夏もいいですよ。ぜひ行きましょう。

えのきどさんコンペではどうも。なかなかしびれるクライミングしてますね。シャクジョウいってみたいです。

はじめまして、岐阜の akiと申しまして、先日のグラスホッパーで最後尾にいた、パーティの者です。
エノキドさんが懸垂されて洞窟?にいた時、私はタイミング悪くお話出来ませんでしたが、またの機会にお会いできれば幸いです。

なかなか奮闘的なクライミングでしたね。
わしらは,クラシックなルンゼ登攀を楽しみました。

中々素敵な氷ですね、前後のビッチはベルグラ登りですか?
3ルンゼに氷はありましたか。


 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido