「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2007年7月25日:Reardon Presumed Dead in Ireland


次の記事: 2007年7月30日:ピノキオ(Pinocchio)

 

Ice Extreme Kuni 第 1回舞茸コンペ

# 4ヶ月前の記録ですが、下書き状態で、アップしていなかったので公開しておきます。記事URL に変更はありませんが、1週間後くらいに 3/25 の個所に移す予定です。写真はまた後ほど。

3/24-25 に Ice Extreme Kuni で行われた、第 1回舞茸コンペに参加してきました。今回は準備段階から参加しており、セット等の準備で、コンペ前に 2回ほど Ice Extreme Kuni に行ってました。

3/24(土)
ルートセットが完全には終わっていなかったため、午前中は石原さん、尾田さんとルートセットの手直し & ヘルプ & 試登。

今回のコンペは、オーナーの山本さんが、会員の方に案内の手紙を配布するのみでの告知となりましたが、北海道から阿部さん、東北から石井さんが参加されるなど、ほとんど見知った方ばかりでしたがそれなりの選手も集まり結構盛り上がりました。

昼くらいには大体選手も集まり、なんとなく山本さんが開会式をやって、コンペスタート。

今回のコンペは暖冬のせいもあって、氷はすべて落ちて(落として) しまったので、正面のドライ壁のみを使って行われました。

コンペはセッション方式で行われ、クラスは男女別でビギナークラスとオープンクラスに分けてはいましたが、ビギナークラスでの参戦は 1人だけでした。他の 17名はオープンクラス。課題は全部で 7課題、クラスに関係なく、全員が全課題にトライするという方式で、トライ数無関係で行いました。

課題 1(メインセット 石原さん)
レイバック、アンダー、打ち込みパネルを交えつつ、木のホールドのみを使って登る課題。当初は中級ルートの予定で作るも、初心者向けにやや手直ししたためだいぶ簡単になりました。全員完登。

課題 2(メインセット えのきど。)
初心者向けの課題。垂壁にプラスチックホールド、木片、打ち込みパネルをちりばめた課題。アンダーやクラックでのトルキングの設定をしてみたのですが、ホールドの間隔が近すぎたのか、設定どおりには登ってもらえませんでした。全員完登。

課題 3(メインセット えのきど。)
初心者向けの課題。うすかぶりの壁を登る課題。ここもホールドの間隔が近すぎました。当日になって上部はチェーンに変更してみました。ステミングの壁面にもホールドをつけたのでだいぶ簡単になりました。全員完登。

課題 4(メインセット 尾田さん+石原さん)
中級者向けの課題。薄かぶりの壁に貼り付けられた角材を登って行き、最後はマグロに乗り移って、尻尾に両方のアックスを掛けて終了する課題。

角材は打ち込みのみだったので、非力な女性にはつらい課題だったようです。

山岸さん @課題 4
山岸さん @課題 4


課題 5(メインセット 石原さん)
中級者向けの課題。絶妙に遠いホールドを繋ぎ、いったん右の壁に打ち込みで出て、再度コンパネに戻り、フィギュア 4でハングを越え、背が高い人には狭い上部をこなしてゴールする課題。

ホールドの距離感が絶妙でした。背の低い人も高い人もそれなりに苦労する課題。

課題 6(メインセット 尾田さん)
上級者向けの課題。足ブラキャンパ or F4 でスタートして、ピノキオ 3本を F4 & F9 などで越え、そこから遠いコンパネに打ち込み、張り出した壁の遠いホールドを繋いでコンパネをトラバースし、課題 5で使った打ち込みパネルを経由して、長いピノキオを上がり、最後はルーフに移って、足ブラのままトラバースする課題。言葉で説明するのは難しい課題。

山岸さん @課題 6
山岸さん @課題 6


3本のピノキオから壁に移る個所が遠く、壁に移れたのは山岸さん、石井さんのみで、上まで行けたのは山岸さんのみでした。

課題 7(メインセット 尾田さん)
課題 6 とスタートが違い、斜めに掛けられた長いピノキオからのスタート。あとは 3本のピノキオに移り課題 6と同じでした。こちらも課題 6同様に完登者なし。

夕方ころから雨が降り出しましたが、壁がかぶっていたこともあり、それほど濡れずに済みました。みんな結構熱中し、雨が降っているにも関わらず、暗くなってからも照明の中で登っていました。

雨降ってるのに・・・。
雨降ってるのに・・・。


夜は会場のテントで焼肉パーティ。熊肉の鍋と猪肉の焼肉でおなかいっぱいになりました。

その後は会場内の温泉に入り、近くの体育館に移動して飲み直し、日が変わる頃までとりとめもなくクライミングの話をしていました。夜になってから石田君が電車で到着。

関連情報
Ice Extreme Kuni 第1回舞茸コンペ ()


3/25(日)
10時過ぎくらいまで雨が降っていましたが、皆さん朝から登っていました。簡単な課題はほとんどみな終了していたので、今日は課題 5 - 7に集中してワイワイやっていた感じです。

会場はこんな感じ
会場はこんな感じ


セッションしているうちに、F4 - F9 の連携が、みんなどんどんうまくなって行くので見ているだけで楽しめました。

午後にはプライベート用のピノキオ製作が始まり、欲しい人は自由にお持ち帰り。10人くらい持って帰ったかな?

ピノキオ作り
ピノキオ作り


一応 15時にいったん区切り、その時点での得点で順位をつけ、表彰式を行いました。商品と参加賞は舞茸・えりんぎセットでした。結果は以下。

オープン男子
1位 山岸さん
2位 石井さん
3位 石田さん、横川さん、山田さん、榎戸(同点)

オープン女子
1位 石原さん
2位 阿部さん
3位 石間さん

ビギナー女子
1位 大前さん


山岸夫妻が 9時 42分に発生した能登半島地震によって、仕事が発生したため、急きょ帰られることになりました。残念!!

この日は日帰りで横川さんが参加されました。横川さんによって YouTube に各課題の動画がアップされております。

課題 1


課題 3


課題 4


課題 5


今回初めてコンペ用の課題を作りましたが、簡単すぎてしまい、いまいち。それに対して石原さんの課題はどれも絶妙で、センスがあるなぁといった感じ。勉強しないとなぁ。

今回見ていて思ったことは、うまい人は当然ながら上手いのですが、参加者全体のレベルが年々向上しているということです。F4 - F9 の連携はもう当たり前のように皆さんされているのでびっくりでした。

ただ、F4 もやり始めると奥が深いので、来年以降どうなるかこれまた楽しみ。参加された皆さんお疲れ様でした。

また、熊やイノシシの肉を調達、調理されたスタッフの皆さんもお疲れ様でした。

関連情報
コンペも無事終わり (Ice EXtreme )
Ice Extreme Kuni 第1回舞茸コンペ 2日目 (Ichi-Geki)
KUNIアイスコンペ出ました! (クライマー「H」の研究室 )


おまけ
色々とあって Ice Extreme Kuni の顧問アドバイザーをしています。現在は壁の増築作業、ルートセットの作業を行っており、初冬あたりにお披露目コンペをやる予定です。また、普段も土日は大体おりますので、連絡いただければいつでもお相手 & ドラツー講習会いたします。MURCIELAGO、Nomic、Fusion は常備してあります。

名刺


コメント (2)トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/001602.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2007年7月25日:Reardon Presumed Dead in Ireland


次の記事: 2007年7月30日:ピノキオ(Pinocchio)

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/1602


コメント (2)

名刺は成り行きです(笑)。

秋にお待ちしております。

すごい!
ちゃんと名刺をお持ちなんですね。
秋以降、お邪魔させてもらうかもしれませんので、その際はよろしくお願いします。


 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido