「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2007年11月 7日:マルコ・プレゼリ講演会 「灰とダイヤモンド」


次の記事: 2007年11月 9日:トラッドな新ルート

 

Committed

(2007/10 Hot Aches Productions / DVD)

Committed

トレーラー (Hot Aches Productions)

間違いなく今年一番刺激的だった 1枚。でもこれがクライミングの原点

イギリスのグリッドストーンで展開されるトラッドクライミングが満載の DVD。E11 で Rhapsody (E11 7a / 5.14c) を登った Dave Macleod のその後の Hard Trad クライミングがメインではあるものの、他のクライマーによるクライミングもすごい。

登場するグレードは 10台 ~ 14台、登場するクライマーも男性だけではなく、女性も、果ては指がないクライマーまで登場し、イギリスの "クライミング = トラッドクライミング" という構図が出来上がっており、この辺にボルトに対するコンセンサスも出来上がっているのかなと思わせられます。

これが、海を渡って、フランス等の大陸に入ったとたんに、ボルトでもチッピングでも何でもありありなクライミングが展開されていたりして、クライミング文化の違いが浮き彫りになります。純粋に登る技術だけを追求するのであれば、そういったクライミングスタイルの方が上達は早いでしょう。

それでも、最近では 14台のトラッドルートが世界中で出始めてきており、イギリスをベースとしたクライミングでも十分通用することが証明されています。

危険なことをやりたいわけではありませんが、クライミングはもともと危険なもの。その認識なしに、安全だからという名目でボルトを連打するのはどうかと。イギリスみたいに、きちんと考えて、自然なものは自然なままに、できるだけ岩を傷つけずに、ミニマムボルトで打つ必要があるのではと思います。昔のクライマーはそうだったらしいですが。ボルトなしでは登れないのであれば、登らないという選択肢もありなのではないかなとも思います。

面白いところでは、Cobra クラックを登った Sonnie Trotter が Rhapsody をトライしにカナダから来ています。

Volume. 1 ということは 2 も今後出るのかな。

オンラインでの購入はピラニアネットストアで。メール便を使えるので送料が 190円で行けます。


関連エントリー
E11 (2007/10/11)
First Ascent (2006/12/5)

関連情報
'Committed' - Volume One (Hot Aches Productions - Films / 英語)


トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/001726.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2007年11月 7日:マルコ・プレゼリ講演会 「灰とダイヤモンド」


次の記事: 2007年11月 9日:トラッドな新ルート

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/1725

 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido