「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2008年1月24日:ジャパンカップ情報 - 宿泊&送迎情報


次の記事: 2008年1月25日:[雑誌]岳 ~ みんなの山 ~ - 石塚真一 x 平山ユージ対談

 

4th The North Face Ice Climbing Festival 女子決勝動画

先日の韓国で行われた 4th The North Face Ice Climbing Festival 女子決勝・石原さんの動画です。

会場は薄被りの自然の岩場に作った人工氷瀑で行われています。グレードは M7 程度でしょうか? 最初からプリクリなしのリードで行われました。石原さんにしてはサクサク登っていますw。

最後はアックスが抜けて落ちていますが、ジャッジ的にはその手前のトラバース開始地点でのバウンダリーを取られている模様です。このポイントがルートの核心で、ここのバウンダリーでほとんどの選手が引っ掛かった感じです。ルートはさらにこの倍あります。

Flash Player8 以上が必要になります。また、ADSL 以上の通信速度がないと見るのに苦労すると思います。また、混雑した時間帯だと見れない場合があります。気長にお待ちください。




コメント (3)トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/001802.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2008年1月24日:ジャパンカップ情報 - 宿泊&送迎情報


次の記事: 2008年1月25日:[雑誌]岳 ~ みんなの山 ~ - 石塚真一 x 平山ユージ対談

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/1801


コメント (3)

色々とコメントありがとうございます。

自然環境でのコンペがやっぱり一番楽しいですね。ただこの辺は岩に対する倫理感もあるので、日本では難しいでしょうし、最適な場所が本州にはない。

バウンダリーやルールに対する考え方に関しては奈良さんのブログがわかりやすいです。

http://blog.livedoor.jp/masa288/archives/50993554.html

運営に関してはアイスの人口を増やすことももちろんですが、やっぱりそれなりのイベントをやるには 500万以上必要だと思いますので、山以外のスポンサーを捕まえないとダメでしょう。

江本さんも、昨年アイスクライミングに韓国へ行かれているので、現地での移動手段にも困らないと思いますし、いかがですか? 江本さんの本気モードでのクライミングも見てみたいし。

ジャパンカップのリハーサル、ジャッジ&ビレイ講習会があるため、当方は日帰りとなりますが、週末よろしくお願いします。

色々書いたけど消して今、また書きなおしてます。
良いコンペの運営は難しいのが事実です。
ましてや、今の日本のコンペのように参加者が少なくては存続させる事も大変なくらい。
週末ゆっくり話しましょう!

でも韓国のコンペ出たいかも。(笑い)

おかえりなさい。
韓国のコンペ、あの環境でのリードコンペ理想ですね!
日本でもその環境があれば・・・無いんだから無いなりにしなきゃだけど。
コンペを1つセットする人間として興味深くこの内容に注目してました。
バンダリーによる様々な問題も日本のコンペを引っ張る皆が感じれた事は良かったかな。

あっ。続きはがあるけど後でにします。


 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido