「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2008年1月30日:[漫画]岳 ~ みんなの山 ~6巻 - 石塚真一


次の記事: 2008年1月30日:ニコラ・フィリベールのまなざし 正しき距離

 

ジャパンカップ情報 - イベント

アイスクライミングジャパンカップへの申し込みは 2/1 が締切です。参加を予定されている方はお早めに。舞茸カップとは違い、当日の申し込みはできませんのでご注意ください。

第4回アイスクライミングジャパンカップ要項及び申込書 (PDF形式)


今回のジャパンカップの賞品は、スポンサーさんのお陰で、男女ともに

1位・ノートパソコン
2位・ポータブル DVD プレイヤー
3位・iPod Nano

になりそうです。他、豪華賞品多数用意しておりますのでお楽しみに。


各イベントに関しての詳細を書いておきます。尚、セッターさんと協議を行い、当日になって多少の変更はあるかもしれませんが、当日改めてすべて説明いたします。細かいレギュレーションやバウンダリー、K点に関しては別のエントリーで書きます。


受付 (2/9・9:00 - 10:30)
専用の受付を設置しますので、そこで受付手続きをお願いします。正確な受付場所についてはまた別途連絡いたします。

アックス及びアイゼンのチェックを行いますので、アックスおよびアイゼン(登山靴+アイゼン or 一体型シューズ) は手に持って受付をお願いします。チェック済みのアックス、アイゼンにはテープを張ります。

今回のリード競技においてはギアの貸し借りはできません。使っていいギアは一人アックス、アイゼンワンセットのみです。ギア(アイゼン・アックス) がない方はアイスエクストリームにてレンタル可能ですので、あらかじめ電話にてギアの予約をお願いします。数に限りがありますのでお早めに。

アイゼン、アックスのレギュレーションは UIAA の Regulations UIAA 2007 (PDF 形式) に準じます。当日はアイスボックスを使用してチェックを行います。Regulations UIAA 2007 の 51 - 52ページを見ておいて下さい。55cm x 30cm x 6cm(高さ) の箱に入るアックス、アイゼンでしたらオーケーです。アイゼンの前爪、後爪は 5cm 以内です。

ただし、改造をしていない既成品でしたら問題ありません。現状、Salomon・アイスセリーの一部のモデルの後爪、Charlet・ダートの後爪、Boreal・アイスミュータントの一部のモデルの後爪がレギュレーションに引っ掛かりますが、改造してなければ問題ありません。

尚、リード競技では Grivel の Little Monster 等、ハンドル部分がリング状になっているアックスは使えませんのでご了承ください。スピード競技に関してはその限りではありません。

受付にて、日山協に加盟していない方、参加費の振込がまだの方の手続きを行います。宿泊費用に関してもここでの支払いをお願いします。

受付にてゼッケンを配布いたします。ゼッケンは全競技を通して同じゼッケンを使用します。ゼッケンは競技終了後は回収いたしますので、持ち帰らないようにお願いします。


予選 (2/9・11:00 - 17:00)
男女ともに 3課題でトップロープ、セッション方式。1課題は男女共通です。制限時間は全課題 5分。トライ数は 1課題 2回までです。制限時間内であっても一度落ちた場合は、そのトライは終了となります。

各課題には完登点と K点をつけます。各課題に 100点を与え、完登点は 100点を完登者数で割った値になります。完登者がいない場合は最高度 K点の人数で割ります。予選の通過人数は男子 16人前後、女子 6人前後を考えていますが、同ポイントの場合各課題の K点が考慮されます。

登る恰好は全選手、長袖、長ズボン(7分丈以上)、手袋、ヘルメット、ゼッケン着用です。

オンサイト方式ではありませんので、周りでは応援やアドバイス等、何を言っても構いません。皆さん盛り上げてください。

当日は競技エリアとギャラリーエリアを分ける予定ですが、競技エリアには登る選手とスタッフ以外の立ち入りを禁止します。また、予選競技が始まる前に競技エリアへの立ち入りも禁止します。


準決勝 (男子のみ / 2/10・9:00 - )
準決勝は 1課題、トップロープ、オンサイト方式です。制限時間は 6分。時間内であればトライ数は自由です。完登点と K点を付け、上位 8名が決勝へ進出となります。

8:30 ~ アイソレーションルームをオープン、9:00 にクローズしますので 9:00 までに必要なギアを準備して入ってください。遅れた場合は失格になりますのでご注意ください。

出欠確認後、オブザベーション(6分) を行い、予選の順位の下位の選手からスタートとなります。

アイソレーションルームのアップボードは 1人ずつの使用をお願いします。2人同時で使用した場合、壊れる可能性があります。

トイレはアイソレーションルーム裏のトイレを使用してください。トイレに行く場合はスタッフに一言かけてから行くようにしてください。アイソレーションルーム内ではスタッフの指示に従ってください。


男女決勝 (スピード決勝が終了後 11時頃)
決勝は 1課題、オンサイト方式です。制限時間は 8分。時間内であればトライ数は自由です。最高到達点で順位をつけます。トップロープかリード方式かは未定です。

女子決勝、男子決勝の順番で行います。アイソレーションルームへはスピード決勝が終了後に入っていただきます。


スピード予選 (2/9・18:00 - )
女子 1ルート、男子 2ルートを用意します。トップロープで行い、途中で落ちても構いませんので、終了点のポイントに達した時点のタイムを計測し、順位をつけます。

女子は上位 4名を決勝進出とします。

男子は 2ルートを用意しますが、登るルートは 1ルートです。申し込み順に参加者を 2つに分け、各ルートの上位 4名、計 8名を決勝進出とします。


スピード決勝 (2/10・男子準決勝終了後)
トーナメント方式です。2本並んだルートを 2人で一度に登り、先に終了点に到達した人を勝ちとします。

登りたいルートはじゃんけんで勝った方が選べるようにします。

そのため、登っていない選手は登っている選手を見てはいけません。


関連エントリー
アイス クライミングジャパンカップ記事一覧

ジャパンカップ情報 - スケジュール (2008/1/28)
ジャパンカップ情報 - 途中経過 2 (2008/1/22)
ジャパンカップ情報 - 宿泊&送迎情報 (2008/1/22)
ジャパンカップ情報 - 招待選手 (2008/1/22)
ジャパンカップ情報 - セッター情報 (2008/1/21)
ジャパンカップ情報 - メディア (2008/1/17)
ジャパンカップ情報 - 途中経過 1 (2008/1/15)
第 4回 アイスクライミングジャパンカップ - 要項 (2008/1/13)
アイスクライミングジャパンカップ - 歴史 (2007/12/18)

裏道情報 (2007/11/18)


トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/001817.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2008年1月30日:[漫画]岳 ~ みんなの山 ~6巻 - 石塚真一


次の記事: 2008年1月30日:ニコラ・フィリベールのまなざし 正しき距離

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/1816

 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido