「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2008年2月17日:六合村・白糸の滝


次の記事: 2008年2月24日:週末

 

[会報]freefan #057

free fan #057

今号も考えさせられました。が、紙面の限界JFA の Web を充実させる必要性も同時に感じました。

日本の岩場で起きている問題点を関係者が本音に近い形で述べており、これをきっかけにどんどん議論が盛んになって行けば、クライマーにとってプラスに働くはずです。

しかしながら、四半期でしかリリースされない Freefan では全くクライマー側の需要には追い付いておらず、毎月リリースされるぐらいのスピード感と倍くらいのボリュームがないと無理でしょう。

決して現在が駄目だというわけではなく、現状でできる限りではあるのですが、JFA が根本的に変わらない限り、現状のボランティアベースのスタッフで構成されている JFA だけではもう手に負えないボリュームになっていると思います。

個人的な理想は Wiki のシステムです。JFA はベースとなるシステムだけ用意して、後はユーザーであるクライマーがどんどん書き込んでいけば、自然に基盤や議論の場が出来上がると思われます。

さらに、これまでの Freefan の記事はすべてオンラインに上げるべきです。エリア問題の情報を欲しがっているのはクライマーだけではなく、地元の行政や地主の方も知りたがっています。


今号で一番気になった記事は、やっぱり "プロフェッショナルクライマー考" でしょうか。自分の場合、岩場ではプロクライマーはもとより、ほとんど人に会うことがないので実際の言動はコンペでしか見ないのですが、岩場の前では、プロ・アマ問わず人間皆同じです。プロだからいいということはなく、逆にプロだからこそお手本になるような言動が必要です。

ここでは某プロクライマーのティックマーク恫喝行為が問題にされてますが、登攀工作員さんが書いているような岩をバーナーであぶるという行為も、岩に対してどうなのかという疑問が残ります。

関連情報
今日も1日デスクワーク (D-sukeもの申す)
Free Fan #057 (登攀工作員日記)
Freefan#57 (INSPIREPEAKの登山日記)
2008-02-16 宅配物。 (風の谷のアオヤマ)
freefan#057 (Mr ビーンズのマメマメ日記)
freefan #057 (team PROTOSTAR)


トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/001842.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2008年2月17日:六合村・白糸の滝


次の記事: 2008年2月24日:週末

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/1841

 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido