「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2008年3月 9日:千代志別


次の記事: 2008年3月12日:群馬県山岳連盟 3月理事会

 

ROCK&SNOW No.39

(2008/3/6 山と渓谷社)

ROCK&SNOW No.39

山と渓谷社様より献本御礼。まぁいろいろと書いたので。終わってしまう連載が多いのが気になります。

関係している記事をざっくりと。

第 4回アイスクライミングジャパンカップ
編集部の方にきれいにまとめていただいたので、何とか読める形になっています。ありがとうございました。ただ使われている写真に韓国選手の写真が全く無いのがちょっと残念です。

関連エントリー
ジャパンカップ関連記事一覧

来年以降のことも考えて、別途アイスコンペ開催マニュアルもまとめておかないとなぁと考えています。

The North Face Ice Climbing Festival
韓国の North Face Cup に参戦したレポートです。石原さんが書いてます。ありがとうございました。このときのレポートもまだ書いてないなぁ。

関連エントリー
4th THE NORTH FACE ICE CLIMBING FESTIVAL (2008/1/17)

最大の妥協点を求めて
室井さんの記事で写真を使っていただきました。ありがとうございました。

関連エントリー
不動沢・前絵星岩 (2007/10/28)

他に気になった記事をざっと。

パチ・ウソビアガによる世界初の 8c+(5.14c) のオンサイト。しかも初登というおまけつき。凄いの一言。ただ、ここ最近の Adam Ondra の成長も目を見張るものがあるので、すぐに同じ記録が出る気もします。

谷川岳・烏帽子奥壁大氷柱が立て続けに登られた件に関してはまた別途書きます。

大峰最後の課題として書かれている閻魔大王の WI7 というのはどういった基準からついたグレードなのかが少し気になります。WI7 というグレードは海外を見ても皆無なのでは。

最新クライミング上達法に書かれているオーストリア合宿のレポートが面白かった。"クライミング" と "tトレーニング" を別物として考えている箇所が特に。どちらかというと日本人の方が得意な気がするんですが。

セロ・トーレやフィッツロイの縦走の記録を見ると、アルパインクライミングも次のステップに入ってきたのかなという感があります。


海金剛のボルトは・・・。"一般向け" なんて考える必要ないと思うんだけどなぁ。

WCM は面白そうですね。全然知りませんでした。


関連エントリー
ROCK&SNOW No.038 2007 冬号 (2007/12/6)
ROCK & SNOW 2007秋号 No.37 (2007/9/6)
ROCK & SNOW 2007夏号 No.36 (2007/9/6)
ROCK&SNOW No.035 2007 春号 (2007/3/6)

関連情報
RSとヤマケイ本誌 (D-sukeもの申す)
R0CK & SNOW (La Vie d'un Guide)
Rock&Snow 39 (いちにちいって)
ROCK&SNOW No.39 本日(3/6)発売 (鵬翔山岳会 メンバーの独り言)


トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/001856.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2008年3月 9日:千代志別


次の記事: 2008年3月12日:群馬県山岳連盟 3月理事会

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/1855

 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido