「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2008年6月 5日:ソニー、山の周辺のAM放送局を簡単に選局できる「山ラジオ」発表


次の記事: 2008年6月 8日:Climbing Worldcup Vail 2008

 

Rock&Snow 40

(2008/6/6 山と渓谷社)


山と渓谷社より献本御礼。

ROCK&SNOW 2008夏号 No.40 (impress Direct)
特集は「日本クライマーズ名鑑」。

日本にフリークライミングの概念が紹介された1980年から今日に至るまで、 日本のクライミング界は驚くべき進化を遂げてきました。 その歴史を『岩と雪』と『ROCK&SNOW』の誌面に探り、 時代をリードしてきたクライマーたちの活躍を振り返りながら、 未来のクライミング界を展望します。

特別付録DVDは「BEST OF CLIMBING MOVIES 2」。 クライミングのあらゆるジャンルから切り取られた映像が3時間10分詰まっています。

目立った記事は日本クライマーズ名鑑、世界の岩場から「アメリカ西部」、不動沢 2008、アルプスの洗礼、マルチピッチのススメ、極難壁「アストロドーム」、祝子川 Boulder Hunt08、Base Jump の記事。ってほぼ全部ですね。

フリークライマー、本ちゃんクライマー、ボルダラーとほぼあらゆるクライマーの需要を網羅しており、写真も多く無難にまとまっています。

日本クライマーズ名鑑
岩雪 72号から始まった日本におけるフリークライミングの流れを池田常道さんがざっと解説。フリーだけかと思いきや、途中から遠征登山の話に変わり、結局何を書きたかったのかがぼやけてしまっている。

part2 のクライマー特集では、簡単ながらも、各クライマーにインタビューまで行っています。

世界の岩場から「アメリカ西部」
やっとアメリカ来たかといった感じです。今のクライマーにとってアメリカとヨーロッパってどちらが人気があるんでしょうか。

自分のイメージだと、クラックならアメリカ、スポートならヨーロッパ、本ちゃんならアラスカやヒマラヤ周辺なんですが。

極難壁「アストロドーム」
ちゃんとしたトポがなく、現在ある全ルートが載っている今回の特集は貴重です。クラックもスポートも高難度の名ルートが一カ所に集まっている岩場はそうそう無いと思います。この記事では全く触れられていませんが、問題はアプローチなんですよね・・・。

表紙はまさかあんな技で撮られていたとは。Cover Story 読んで納得。うまいですね。

関連エントリー
ROCK&SNOW No.39 (2008/3/10)
ROCK&SNOW No.038 2007 冬号 (2007/12/6)
ROCK & SNOW 2007秋号 No.37 (2007/9/6)
ROCK & SNOW 2007夏号 No.36 (2007/9/6)


トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/001972.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2008年6月 5日:ソニー、山の周辺のAM放送局を簡単に選局できる「山ラジオ」発表


次の記事: 2008年6月 8日:Climbing Worldcup Vail 2008

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/1969

 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido