「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2008年7月24日:佐藤祐介講演会


次の記事: 2008年7月27日:竹内洋岳 8000m峰 10座目登頂

 

ゴールドウィン大丈夫?

危ない108社…監査人認めた1年以内に破綻のリスク

ゴールドウイン、飛島建設、ぴあ…。2008年3月期・3月中間期決算で、1年以内に経営破綻するリスクを抱えている上場企業(東京証券取引所、大阪証券取引所、ジャスダック証券取引所)が計108社となり、ついに100の大台を突破した。

[中略]

注目の英スピード社製水着『レーザーレーサー』の日本での販売権を持つゴールドウインは、2期連続の営業損失。

ゴールドウィンはノースフェイスの日韓の代理店。単純に発表されている数字に突っ込み入れているだけなので、実際とは違うと思いますが、とりあえずニュースになっていたので簡単に紹介。

山道具メーカーのほとんどが欧米、生産している工場はアジアに点在しているが、たいていは中国。代理店しかない日本では、メーカーに対して強い意見が言えるはずもなく、どの代理店も苦しい。ひいてはメーカーからスポンサードされているクライマーも同じような状況。

だから、日本の登山、クライミング業界は、人口が増えているにもかかわらず、お金が落ちず、回らずで、いつまでたっても上向きにならない。Win-Win になる何かいい方法はないのかな? このままだと純粋なプロがいなくなってしまうのでは。


コメント (1)トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/002173.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2008年7月24日:佐藤祐介講演会


次の記事: 2008年7月27日:竹内洋岳 8000m峰 10座目登頂

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/2170


コメント (1)

一般論で個々の話を論じるべきではないのでは。三浦雄一郎がエベレストで着ていたのもノースフェイスであることは知っていると思うが、テレビでは、ノースフェイスが日本で作られているとは言わなかったが、三浦雄一郎用のウェアは日本で作られたと紹介していた。
ミズノがかつて扱っていたころのSPEEDO製品において、ミズノが単に代理店だったわけじゃないことは良く知られている。もっとも、今は、SPEEDOの技術がミズノよりも進んでいるのは、実証されたが、(もちろん、競泳用水着だけの話)生産をなんでも中国と言い切るのは、無責任な噂は、風評被害の元。(実は、株投資でストップ安になったゴールドウインの情報を探していて、ここに来てしまった。少なくとも、貴君の情報は不正確。)


 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido