「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2008年8月31日:野口啓代選手、World Youth Championship で優勝


次の記事: 2008年9月 3日:[DVD]WADI RUM EXPEDITION

 

スロベニアのクライマー ・Pavle Kozjek、行方不明に

少し前のニュースになりますが、

Muztagh Update: Miskovic Rescued, Kozjek Still Missing (Alpinist)

On August 25, Pavle Kozjek fell several hundred meters after breaking through a cornice on the northeast side of this peak; for the next three days his partner, Dejan Miskovic, attempted to descend with few supplies and no rope.

スロベニアのクライマー・Pavle Kozjek(49) が、パキスタン・カラコルムのムスターグタワー(Muztagh Tower / 7284m) で行方不明になりました。

Muztagh Tower
Muztagh Tower

彼は、パートナーの Dejan Miskovic と共に、未踏の北東壁からアルパインスタイルでの登頂を目指して 8/24 の夜中にベースキャンプ(5040m) を出発。

15時間後、ムスターグタワーと通称 "sharp peak" (ca. 6550m) の鞍部(6300m) にある、状態の良くない場所で、翌日は下降することを決めてビバーク。

翌朝(8/25)、テント付近の稜線の雪庇が崩壊し、Pavle Kozjek は北東壁側を数百メートル転落し行方不明になりました。

登攀具等も一緒に落ちてしまったようで、残された Dejan Miskovic はその後 3日かけて、食糧、シュラフ、ロープなしで 5300m付近まで下降し、チームメンバーの Tomaz Humar と Ales Kozelj にヘリによって 8/28 に救助されました。

その後、同じく K7 に遠征中だったスロベニアのチームとヘリによる捜索も行われていますが、Pavle Kozjek は現在まだ見つかっておりません。



2006/9/30 に中国チベット自治区からネパールにナンパラ峠を通って亡命しようとした約70人が、中国人民解放軍に銃撃され、2人が死亡した事件がありました。彼は、チョー・オユー南壁を新ルートからトライして下山後、近くのベースキャンプにいたときにこの事件に遭遇し、現場の状況を撮影。その映像を数日後ネットで公開して話題になりました。登山歴よりもこちらの方が有名なようで、検索するとチベット関連の情報が大量に出てきます。

chinese soldiers shooting tibetan pilgrims at mount everest

彼のヒマラヤでの主な登山歴は

1986 Broad Peak(8051m)、Gasherbrum II(8034m) をそれぞれ 5日で登頂
1989 Shisha Pangma(8027m) 南壁 新ルートアルパインスタイルで登頂
1997 Everest(8848m) スロベニア人初の無酸素登頂
2006 Cho Oyu(8188m) 南壁新ルート(山野井さんのルートの隣) から登頂

となっています。

Pavle Kozjek
Pavle Kozjek

2006年のチョー・オユーの登攀は、14.5時間という短時間で ABC からアルパインスタイルで駆け上がり、同年のピオレドール(Piolet d'Or) の候補に挙がりました。結局は同じスロベニアのマルコ・プレゼリが受賞しましたが、マルコは彼に対して

"There is no doubt he's a good climber, but as a person, he is even better. He's a visionary, not a follower. But he is always positive, and always very nice. He inspires many young alpinists, and he manages to strike a balance between a commercial approach and a climber's approach with dignity. He is very popular here in Slovenia."

と語っています。

また、彼は

My opinion is that climbing without humanity and ethics is not climbing any more — these two things are essential and they make climbing different. There's no value in reaching summit 'by all means' and forgetting everything around you.

と話しています。偉大なクライマーだったようです。

参考情報
【速報】スロベニアのPavle Kozjek死亡 (月山で2時間もたない男とはつきあうな!)
Muztagh Tower: Nangpa La hero Pavle Kozjek missing; Dejan Miskovic stranded (K2climb.net)


トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/002273.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2008年8月31日:野口啓代選手、World Youth Championship で優勝


次の記事: 2008年9月 3日:[DVD]WADI RUM EXPEDITION

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/2270

 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido