「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2008年9月 5日:クライミングニュース(2008/9/5)


次の記事: 2008年9月 7日:クライミング DVD 通販

 

[雑誌]ROCK&SNOW 041

(2008/9/6 山と渓谷社)


山と渓谷社より献本御礼。クライミング DVD のレビュー記事を少し書きました。

レビューした DVD は『Big in Japan Double Feature』、『Momentum Video Magazine Vol.3』『K2: Climbing The Savage Mountain』、『Hard XS』、『DOSAGE V』の 5本。まだここでレビューしていない DVD もありますが、まだのものに関してはそのうちやります。



特集は「トラッド王国イギリス」。
5月10日から8日間、BMC(イギリス山岳評議会)の主催による「インターナショナル・クライミング・ミート2008」がウェールズで開催されました。その刺激的な日々を杉野保と飯山健治のレポートでお届けします。

第二特集は「デナリ 究極の継続登攀」。
アラスカの山を舞台に数々の登攀記録を重ねてきたGiri-Giri Boys(一村文隆、佐藤裕介、横山勝丘)によるベアートゥース北東壁とデナリ南壁継続登攀の詳細について報告します。

巻頭では野口啓代のボルダリングW-CUP初優勝を本人による手記でレポート。

そのほか平山ユージによるノーズの最速記録更新も本人による手記でレポートします。

竹内洋岳の11座目の8000m峰登頂レポートも掲載しております。



やっぱり白眉だったのは特集「トラッド王国イギリス」。

トラッドが好きだということもありますが、やはり杉野さんの文章には人を惹きつけるものが多々あります。是非連載を再開して欲しいところです。

しかし、ガバと予想していたそのポケットは外傾していた。しかも最悪の事態に気づく。プロテクションがとれないのだ。あたりを見回してもそんなポイントはない。「ヤバイ!」。頭の中で叫んでいた。もうここから落ちるのは許されない。クライムダウンも無理だ。

(中略)

ポケットを目いっぱい引きつけて、真上に見えるチョーク跡に手を伸ばす。このランナウトで不確実なムーブ。全身から血の気が引くのがわかった。なんとか届いたそのホールドを死にものぐるいで握り、足を上げて左上のポジティブなエッジへ。右手はガバをつかんだ。助かった。心臓が張り裂けそうだ。

(中略)

頂上で喜びとともに感じたのは自責の念だった。自分とんでもない危険を冒してしまった。結果的には無事に終了点にたどりつくことができたが、これは無謀なトライ以外のなにものでもなかった。

ドキがムネムネしました。E5 でこれだと DVD に出てくる E8 とか E9 ってどんな世界なんでしょう。ましてや E11なんて・・・。

ちなみにランベリスの岩場は HARD XS という DVD で見れます。

また、日山協へのレポートはこちら。報告会聞きに行きたかったなぁ。

この Meeting の動画は下記で見れます。

Global Gathering Part1
Global Gathering Part2
Global Gathering Part3



第二特集の「デナリ 究極の継続登攀」の記録は、これまで前号のロクスノ、山渓、岳人、講演会、果ては Alpinist など散々目にしてきているのでやや食傷気味であると同時に日本のアルパインクライマーの層の薄さも露呈してしまっています。Chronicle にちらっとある鈴木 + 谷口ペアの記録が気になります。どこかにレポート書かないのかなぁ。



他には DosageIII を見てベトナムへ DWSをやりに行ったレポートや "Younger Than Yesterday" の 田中夫妻のインタビューも良かった。インタビューは今号ではこれだけなので、もう少しあってもよかったのでは。

ちなみに DWS の生の記録はこちら↓で見れます。
クライミング先生放浪記:2008年03月



最近は海外のニュースも積極的に読むようにしたからか、これまでは読んでも余り頭に残らなかった、Chronicle の海外記事がすっきり読めました。だいたいの記事は、一度はここで扱っている記事だったので、いい復習にもなりました。

ニコラ・ファブレスのコブラクラックの写真は凄い。こんなムーブで登っていたとは。ちなみに他の写真は彼のブログで見れます。

四国ボルダーの四国ルールの "④ナイトボルダリングはしない"。一部で流行の兆しを見せているナイトボルダリングですが、一般人から見たら怖いかも知れません。山岳エリア以外では気をつけたほうがいいでしょう。



最後にさらっと書いてあるけど、もっと宣伝すればいいのに。

現在、初・中級者を対称にした本誌の姉妹誌を創刊準備中です。発売は10月下旬の予定。

動画での投稿も歓迎します。付録DVDやRS web (予定) で使用させていただきます。

参考情報
ロクスノ41号 (Team Bangees)
ロック&スノーNo. 41 (Talk Like Climbing)
「ROCK & SNOW」もがんばっている (massy's climbing blog)

関連エントリー
Rock&Snow 40 (2008/6/6)
ROCK&SNOW No.39 (2008/3/10)
ROCK&SNOW No.038 2007 冬号 (2007/12/6)
ROCK & SNOW 2007秋号 No.37 (2007/9/6)



Climbing Worldcup Vail 2008 (2008/6/4)
第22回リード・ジャパンカップ大分大会 (2008/6/10)
Climbing Worldcup Fiera di Primiero 2008 (2008/6/16)
More Alaska News from the Giri-Giri Boys (2008/7/1)
2 時間 43分 33秒 (2008/7/3)
野口啓代選手優勝 (2008/7/6)
Cobra Crack 第 2登 (2008/7/22)
佐藤祐介講演会 (2008/7/24)
竹内洋岳 8000m峰 10座目登頂 (2008/7/27)
Serre Chevalier (2008/7/28)
カラコルムでの遭難 (2008/8/2)
K2 で大量遭難 (2008/8/4)
[DVD] HARD XS (2008/8/6)
[DVD] DOSAGE V (2008/8/13)
クライミングニュース(2008/8/25) (2008/8/25)
クライミングニュース(2008/9/5) (2008/9/5)


トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/002277.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2008年9月 5日:クライミングニュース(2008/9/5)


次の記事: 2008年9月 7日:クライミング DVD 通販

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/2274

 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido