「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2008年9月11日:[DVD]Spray


次の記事: 2008年9月13日:Leo Houlding 講演会

 

[本]生還 山岳捜査官・釜谷亮二 - 大倉崇裕

(2008/8/31 山と渓谷社)

生還 山岳捜査官・釜谷亮二 - 大倉崇裕

山と渓谷で連載されていた 3本の短編(生還、誤解、捜索) に、書き下ろし 1本(英雄) を足して 1冊の本にしたもの。

山岳捜査官・釜谷亮二原田昌幸が山で起きた不審な事故の真相に迫る。

生還
崖のヘリで発見された遺体。ジャケットをナイフで刺してた意味とは?

誤解
小屋の主人が頭から血を流して倒れていた。原因は落石?

捜索
いるのかいないのか、生死もわからない単独行者を探す。家族の対応は?

英雄
雪崩の中から発見された遺体。この遺体は誰、死因は?



東野圭吾宮部みゆき伊坂幸太郎といったイマドキのミステリーを読み慣れている身としては、前作の『聖域』もそうでしたが、今作でも肝心なミステリーのトリックや動機が弱く感じられてしまう。キャラクター設定がいいだけに残念。まぁ梓林太郎に比べれば格段にいいのは確かなんですけどね。

純粋に人間や山の描写は素晴らしいので、微妙なトリックを主体にしたミステリー路線ではなく、3話の「捜索」のような人間ドラマ主体の小説路線にすればいいのでは。そーなると『岳』の小説版みたいなイメージになるかな。


トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/002290.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2008年9月11日:[DVD]Spray


次の記事: 2008年9月13日:Leo Houlding 講演会

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/2287

 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido