「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2008年9月24日:[会報]freefan #058


次の記事: 2008年9月29日:Climbing World Cup Puurs 2008

 

クライミングニュース(2008/9/25)

トピックス
■ アルパイン
7/23-8/9 Silvia Vidal big wall climbing on Huascaran North, Peru
明星山南壁 ジェイド JADE 9P 5.11a
■ フリー
9/19 吉田和正、コブラクラック断念
9/20 小山田大、Black Mamba 第 2登
9/20 松島暁人 Memento 第 5登
9/23 Joe Kinder Climbs Kryptonite (5.14d)
■ コンペ
9/19-20 Climbing Worldcup Imst 2008
■ 他
9/17 山野井泰史、熊に襲われ重傷
Masters of stone VI



■ アルパイン
◇ 7/23-8/9
Silvia Vidal big wall climbing on Huascaran North, Peru (Planetmountain)
From 23 July to 9 August Silvia Vidal and Youri Cappis carried out the first ascent of "Entre boires" A3/6a+/80º on the East Face of Huascaran North (Cordillera Blanca, Peru).

ペルー最高峰のワスカラン北峰(6655m) の東壁に Silvia Vidal と Youri Cappis ペアが新ルートを開拓し、Entre boires(A3 / 6a+ / 970m) としました。東壁自体の初登になります。

ワスカラン北峰東壁 Entre boires(A3 / 6a+ / 970m)
ワスカラン北峰東壁 Entre boires(A3 / 6a+ / 970m)

ルート自体は包囲法で開拓され、悪天、落石、雪崩に苦しめられ、登頂までに 18日かかっています。

Silvia Vidal
Silvia Vidal

参考情報
Major Attempt on East Face of Huascaran Norte (Alpinist)



◇ 明星山南壁 ジェイド JADE 9P 5.11a
明星山南壁「ジェイド JADE」のルート解説 (ブルークリフ TAKIのブログ)
昨年に開拓しておきながら、発表が遅くなり申し訳ありませんでした。明星山は良い壁なのに、浮き石の多い弱点にラインが引かれていたり、支点が老朽化しすでに危険な状態になっていたので、岩の硬い快適な部分をつなげて、新たなラインを作りました。とってもオススメなので皆さん登ってください。グレードは暫定なので、ご意見が有れば教えてくださいね。

時々登ったという記録は見ていたのですが、きちんとしたルートの解説はこれが初めてだと思われます。明星山南壁は浮き石が多い壁ですが、スケールは日本では文句なしですし、オススメです。

参考情報
明星山の新ルート:《JADE》 (La Vie d'un Guide)



■ フリー
◇ 9/19
吉田和正、コブラクラック断念
9/19 (吉田クライミング日記)
日程的に今回のコブラトライはこれで終了とする。つまり今回もコブラの捕獲はできなかったことになる(ちっ)、が内心、自分としてはかなり満足している。トップロープではあと一手というところまで迫れたし、あとはトライを重ねていけばコブラの捕縛まではそれほど遠くはなかったはずである。

中略

最後にひとつ ホザいてみたい 。コブラなんざヤレば登れることはよくわかった。日本に帰ってもっとスゴいの作ってやるぜぇー。

Cobra Crack(5.14b/c)を登るために、去年に引き続き、スコーミッシュを訪れていた吉田和正さんですが、今年のトライは断念されたようで、すでに帰国され、昇仙峡のデイドリームにトライされているようです。

結構いいところまでいかれていたので、キノコ騒動がちょっと残念。

関連エントリー
クライミングニュース(2008/9/15) - Segal Strikes at the Cobra



◇ 9/20
小山田大、Black Mamba 第 2登
barbara rifugio 二日目 (dai's diary)
7手のこの課題はまだ第二登がなく、8b+V14あるのではないかと言われている。
ムーブの確認後、いつもより長いレストを入れる。指皮に悪くパワー系のこの手の課題は長期戦に持ち込んではいけない、一回のトライにかける事にした。
そして最初のトライ。下部を完璧にこなし、最後のランジ手前で足が切れて足ブラになったがなんとかこらえ、気合いでランジ、登り切る事ができた。

ヨーロッパツアー中で、現在ドイツ滞在中の小山田大さんですが、最初のツアー地イタリアで成果を出されています。

Christian Core が初登した Black Mamba(8b / v13) を第 2登しました。さらに翌日には SDバージョンを追加して初登しています。

barbara rifugio 三日目 (dai's diary)
一回目だし、繋げるのは難しく感じていたので、とりあえず行ける所までという感じでトライ。
慣れていないせいか、出だしでミスるも何となく繋がっていき、核心のムーブもできてしまった。これはもう行くしかない、渾身の力を込めて二つのムーブをこなしランジ、止まった!

登れてしまった。
信じられず岩の上で呆然とする。
グレードはオリジナルがハードな8bとして8b+V14は確実だろう。
僕がヨーロッパで登ったボルダーの中では一番の課題だ。



◇ 9/20
松島暁人 Memento 第 5登
ヨーロッパ遠征中の松島暁人さんがボルダーの世界最難課題のひとつである オーストリア・Silvretta の Memento(8c+/v16/6段) を第 5登しました。

松島暁人 Memento 第 5登

ただ、グレードに関しては確定しておらず、8a.nu のフォーラムでももめています。世界的に名前が売れてないと辛いですね・・・。

松島暁人 Memento 第 5登

詳細に関してはこちらのエントリーを参照して下さい。

このときの動画も公開されました。要 Windows Media Player

参考情報
Akito Matsushima Grabs A Quick Memento (UKC News)



◇ 9/23
Joe Kinder Climbs Kryptonite (5.14d) (Climbing Magazine)
Joe Kinder has redpointed Kryptonite (5.14d) at the Fortress of Solitude near Rifle, Colorado

アメリカの Joe Kinder がコロラド・ライフル(Rifle) の Kryptonite(5.14d) を第 5登しました。このルートは 1999年に Tommy Caldwel が開拓・初登しており、平山ユージさんが第 2登しています。

Joe Kinder Climbs Kryptonite

平山さんが第 2登したシーンは『The Professionals』という DVD に、Francois Legrand の映像と共に収録されています。

Joe Kinder は先日紹介した DVD『Spray』にメインで収録されています。野獣です。

ちなみに、Kryptoniteの第 3登は Adam Stack、第 4登が 8月末に Dave Graham が達成しています。

また、Joe Kinder、Dave Graham、Daniel Woods の 3人が現在ライフルで登っているようで、Dave Graham は今月頭に Girl Talk(5.14c) を開拓初登し、Joe Kinder、Daniel Woods が立て続けに第 2登、3登を決めています。

参考情報
» Kryptonite is complete!!! (Joe Kinder's World)



■ コンペ
◇ 9/19-20
Climbing Worldcup Imst 2008
9/19 - 20 オーストリア・イムスト(Imst) で行われたリードのワールドカップ第 4戦で野口啓代選手が 6位に入りました。

野口啓代選手が 6位

詳細に関してはこちらのエントリーを参照して下さい。



■ 他
◇ 9/17
山野井泰史、熊に襲われ重傷
山野井泰史さんが 9/17 の 7:30頃、奥多摩湖北側の倉戸山(1169m) への登山道で、ジョギングを終えて帰宅途中にクマに襲われ、病院に搬送されました。細菌感染の恐れから 1日 ICU に滞在され、その後 24日に退院された模様です。

ー山野井通信ー
右腕は筋肉を損傷し20針くらい縫いました。顔は眉間の上から鼻にかけ70針ほど縫い現在でも大きく腫れています。
残念なのは2ヶ月後にオーストラリアクライミングを考えていたのに最も大切な腕を痛めてしまった事です。そでも・・・生きている熊に触れられるなんて・・・感動、言葉が適切ではないと思いますが、貴重な体験をしたような気がします。

この辺の恐ろしいまでのプラス思考は山野井さんならではです、さすがです。

関連エントリー
登山家・山野井泰史さん、熊に襲われ重傷 東京・奥多摩 (2008/9/17)



Masters of Stone VI
MASTERS OF STONE VI "BREAKTHROUGH!" COMING - SPRING 2009
Yuji Hirayama and Hans Florine set a new speed record on the Nose of El Capitan in Yosemite. Leaving all the common practices and protections of climbing behind, they simo-climb mind-bendingly fast, stretching their lead-outs by 60, 80, even 150 feet at a time as the crowd screams, "GO!" from below. This is the Super Bowl, Olympics, and Boston Marathon of rock climbing, all rolled into one. Here's how they broke the record at 2:43:33 on 2900 vertical feet of the world's finest rock.

Dan Osman、Dean Potter らのフリーソロなど、変な方向に突き抜けている映像満載で、なかば伝説と化している Masters of Stone シリーズですが、現在は I - V までリリースされており、近年 DVD化され入手しやすくなったのですが、日本ではあまり見かけません。

そんなシリーズの続編、 VI が来春にリリースされるみたいです。メインは平山ユージさんのヨセミテ・El Capitan・Nose のスピードアッセントになるようで、今から非常に楽しみです。

YouTube に今年の春のトライの模様がアップされています。

平山さんは、記録更新のために、ユタでの授賞式を終え、現在はヨセミテ滞在中です。ターゲットの日も 10月某日と決められているようです。

Yuji Attempting El Cap Double-Header (The Mountain World)
Japan's Yuji Hirayama has arrived in California to attempt an extraordinary double-header on the Nose of El Capitan: a free ascent of the route (5.14a), followed by an attempt to improve the speed record he set in July with Hans Florine.

Nose のスピード記録だけではなく、フリーアッセントの記録も狙っているようです。



関連エントリー
クライミングニュース(2008/9/15)
クライミングニュース(2008/9/5)
クライミングニュース(2008/8/25)


トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/002295.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2008年9月24日:[会報]freefan #058


次の記事: 2008年9月29日:Climbing World Cup Puurs 2008

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/2292

 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido