「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2008年9月17日:登山家・山野井泰史さん、熊に襲われ重傷 東京・奥多摩


次の記事: 2008年9月19日:[DVD]K2:CLIMBING THE SAVAGE MOUNTAIN

 

[本]遭難 - 松本清張

(2008/7/10 双葉文庫)

遭難 - 松本清張

過去に映画化された松本清張の短編作品をまとめたシリーズの 3冊目。タイトル作品の『遭難』自体は 140ページと短いものの、そのぶん非常に凝縮された作品になっています。

山男に悪人はいない」という通説に対する疑念から書かれた作品。そのフレーズはもう死語だよなぁと思って初出を見たら 1958年となっており、50年前に書かれたものでした。



北ア・鹿島槍で遭難した 3人パーティの 1人が亡くなった。どこにでもありそうな遭難事故に対して、偶然が重なりすぎている事故に疑問を持った男が、容疑者を遭難現場で問い詰めていく。そして最後は・・・。

じわじわと進んでいく心理戦は読み応え十分。そしてラスト 2ページであっという間にすべての謎が解け、それまでの伏線が生きてくる。50年前に書かれた作品だけあって、内容はやや古い感じがし、トリックも少し弱いものの、さすが松本清張という仕上がりになっています。



映画化されているとのことで調べてみましたが、ビデオや DVD 媒体ではリリースされていないようです。

黒い画集 ある遭難(1961) (goo 映画)
松本清張の原作を、「火線地帯」の石井輝男が脚色し、「七人の敵あり」の杉江敏男が監督した推理映画。「漫画横丁 アトミックのおぼん 女親分対決の巻」の黒田徳三が撮影した。

キャスト
伊藤久哉 / 和田孝 / 児玉清 / 香川京子 / 土屋嘉男

( ゚д゚)ポカーン

児玉清しかわからない・・・。非常に暗い雰囲気な映画だったと思われますが、見てみたい気はします。メディアで出ないかなぁ。


トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/002299.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2008年9月17日:登山家・山野井泰史さん、熊に襲われ重傷 東京・奥多摩


次の記事: 2008年9月19日:[DVD]K2:CLIMBING THE SAVAGE MOUNTAIN

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/2296

 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido