「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2008年10月23日:クライミングとユニフォーム


次の記事: 2008年10月26日:アイスクライミング ジャパンカップ 2009

 

クライミングニュース(2008/10/25)

トピックス
■ 高所
9/17 マルコ・プレゼリら、マカルー II峰に西面から初登
■ アルパイン
9/21-30 アメリカペア、四姑娘山の南西稜を初登
■ フリー
8/14-15 トーマス・フーバー、チマグランデの 2つの峰からベースジャンプ
10/6-10 ベルギーペア、ヨセミテ・El Capitan に新ルート開拓
10/12 萩原亜咲、ブラックホークタウン(v11)、女性初登
10/16-20 アレックス・プッチョ、5日間で v12 x 2、v11 x 1 を完登
10/22(?) アダム・オンドラ、Hotel Supramonte(5.13d/400m) をオンサイト
■ その他
10/16 Alpinist誌休刊



■ 高所
9/17
Makalu II, new route for Vince Anderson and Marko Prezelj - climbing news, mountaineering.
Vincent Anderson and Marko Prezelj have carried out the first ascent of the unclimbed West Face of Makalu II (7678 m)

アメリカのビンス・アンダーソン(Vincent Anderson) とスロベニアのマルコ・プレゼリ(Marko Prezelj)Makalu II峰 (7678m / 現地名・Kangchungtse) に未踏の西面からの登頂に成功しました。

彼らは Makalua La で高所順応した後、7時に C2(6700m) を出発、700m のミックス壁をこなした後、山頂に暗くなる前(時間不明) に到着し、夜間の暗い中を一般ルートから下降し、23時にキャンプに戻っています。ビンスの疲労が激しく、左目を雪盲でやられています。


また、スティーブ・ハウス(Steve House) も同行していますが、今回は高山病のため、C2 で待機しており、今回の遠征の主目的であるマカルー西壁に備えているようです。マカルー西壁は過去に山野井泰史さんもトライして敗退しています。

参考情報
Makalu: New Route, Kangchungtse (The Cleanest Line)



■ アルパイン
9/21 - 30
72 pitch First Ascent in the Changping Valley, China
Chad Kellogg and I, funded in part by a Lyman Spitzer Award from the American Alpine Club, completed the first ascent of the Southwest Ridge of Siguniang (VI 5.11 A2 M5 AI3+), 72 pitches. 9,200' from base camp, in southwestern China over ten days, September 21-30, 2008.

アメリカの Dylan JohnsonChad Kellogg が中国・四川省の四姑娘山(6250m) の南西稜((VI 5.11 A2 M5 AI3+ 72ピッチ) を 8日間かけて初登しました。うまくまとめられないので、渾身の手記をリンク先からどうぞ。





■ フリー
8/14 - 15
Three Dolomite's Summits and Two BASE Jumps(Climbing Magazine)
Thomas Huber has climbed three summits in Italy's Dolomites, the Tre Cime di Lavaredo, and B.A.S.E. jumped off two of them in a single day.

ドイツのトーマス・フーバー(Thomas Huber) はイタリアのチマグランデの 3つのピークを 24時間で継続して登り、そのうちの 2つのピークからベースジャンプで下降しました。


ついにトーマス・フーバーもベースジャンプに手を出したかという感じです。ここ最近はディーン・ポッター(Dean Potter) にはじまり、レオ・ホールディング(Leo Houlding)、クリス・マクナマラ(Chris McNamara) などトップクライマーによるベースジャンプの話をよく聞きますが、はやっているのでしょうか。それとも必然? 道具が進化して軽くなったというのもあるかもしれません。




10/6 - 10
Belgians Create Bold El Cap Free Route
Nicolas Favresse and Sean Villanueva have completed a new free route on the far right side of El Capitan.

m081025-7.jpg

ベルギーのニコラ・ファブレス(Nicolas Favresse) と Sean Villanueva はヨセミテ・El Capitan に新ルートを開拓し The Secret Passage(5.13c/R / 15 pitches) としました。ラインは、壁の一番右端、Zodiac のさらに右にある Eagle's Way(5.8 A3) と Bad to the Bone(5.9+ A4) を新しいピッチも含めてフリーで繋げたようです。

m081025-5.jpg

このラインは 2006年 12月に Nicolas が Zodiac を登った際に目を付けていたそうです。それにしてもこのペアは行く先々で記録残してますね。7月にはカナダで Cobra Crack(5.14b/c) 第 2登、9月にはカナダ・バガブーで新ルートを開いています。

m081025-6.jpg



10/12
北海道 登別アヨロ海岸ボルダー"ブラックホークダウン"(7c+)(JFA 初登/再登情報)
吉田和正が初登した課題。10月12日 萩原亜咲が成功した。女性では初めての可能性が高い。高さ6m程の岩で下部は120度ほどの前傾に浅いポケットやスローパーの4手。上部は傾斜が緩くなり小さなエッジや細やかなスタンスを辿る全7手とマントリング。

日本人女性で V11 以上のボルダー課題を登っている女性は、塩原のカランバ(四段-、V12) を登っている尾川智子さんに続き 2人目だと思われます。野口さん、榊原さんも登ってたかな? 調査不足。

参考情報
ASK BLOG :



10/16 - 20
Alex Puccio On Fire in Colorado (Climbing Magazine)
Alex Puccio has climbed two V12 boulder problems and a V11 in Colorado in the last week.

アメリカのアレックス・プッチョ(Alex Puccio) は 5日間でコロラドにある V12 x 2本、V11 x 1本を登りました。ボルダーを登っている女性の最高難度が現在は V12 なので、この記録には価値があります。彼女は今年の 8月に行われたアメリカ最大のボルダリングコンペで優勝しており、若手の最有力株です。

m081025-8.jpg

高難度のボルダーはやはりパワーが要求されるからか、ルートのグレードはジョスネ・ベレシアルトゥ(Josune Bereziartu)が 5.15a まで登っており、男性の記録と実質ワングレードしか変わりませんが、ボルダーに関してはまだ 4グレードと開きがあります。



10/22
Adam Ondra - Hotel Supramonte On-sight & F9a (UKC News)
In a recent trip to Sardinia, climbing prodigy Adam Ondra has made the first complete on-sight ascent of the classic route Hotel Supramonte.

チェコのアダム・オンドラ(Adam Ondra) は、フランス・Sardinia にあるクラシックのマルチピッチルート・Hotel Supramonte(5.13d / 11ピッチ / 400m) をオンサイトしました。マルチピッチ、かつこのグレードのオンサイトは初めてだと思われます。

このルートは 2005年に UK の Gaz Parry とスティーブ・マックルーア(Steve McClure) もオンサイトトライしていますが、結果として 4日かかっています。



■ その他
10/16
Alpinist is Closing
It is with sadness that we announce that Alpinist has closed its doors.

世界的にも一番質の高いクライミング雑誌である Alpinist の休刊が決まりました。恐ろしく詩的な文章です。

今後の詳細はまだ未定ですが、どうやらサイトの更新は行われないようです。不安な方は Webごとローカルに保存されることをオススメします。次号に載る予定だった横山さんの記録はどうなるんでしょうか。

関連エントリー
Alpinist誌休刊 (2008/10/18)

参考情報
The End of Alpinist (The Mountain World)



関連エントリー
クライミングニュース(2008/10/15)
クライミングニュース(2008/10/5)
クライミングニュース(2008/9/25)
クライミングニュース(2008/9/15)
クライミングニュース(2008/9/5)
クライミングニュース(2008/8/25)


トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/002343.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2008年10月23日:クライミングとユニフォーム


次の記事: 2008年10月26日:アイスクライミング ジャパンカップ 2009

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/2340

 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido