「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2008年10月26日:アイスクライミング ジャパンカップ 2009


次の記事: 2008年10月29日:[本]『アルピニスト・ジェントルマン』宣言 ヨーロッパ:正統な山の登り方 - アルピニスとし

 

[TV]トップランナー - 尾川智子

(2008/10/28 0:10 - 0:50 NHK)

トップランナー - 尾川智子

NHKトップランナー尾川智子さんが出演されました。これまでトップランナーに出演されているクライマーは 2001/6/21 の平山ユージさんと 2005/4/24 の小山田大さんの 2人だけです。

前半が塩原のカランバ(V12) を登ったときの話、後半がクライミングを始めた頃の話と、これからの方向性についての話でした。




トップランナー - 尾川智子 / カランバ

- カランバ
カランバを登ったときの映像を見ながら、カランバについて、司会進行の箭内道彦さん、SHIHOさんと雑談。ルート名の由来、登った時間、半年かかったこと、指がかじかんだこと、20代最後の誕生日の前日 19時に登った話、カランバへの片想いの話、などなど。今は隣のライン、"ハイドラ(v13)" をトライ中とのこと。

カランバを完登したときの映像



- クライミングを始めた頃
東大に受からなかったこと、努力しても駄目だったことが未だにトラウマになっている。練習してるのにコンペで優勝できない。早大ワンゲルで山登りにはまり、マッターホルンに登りたくて渡欧した際、一緒に行ったメンバーとたまたま行ったイタリアで、平山さんや小山田さんに会ったり、達成感を味わえたことでフリーにはまる。

その後の国体で準優勝し、これは行けるのではと思いコンペにはまり、競技にのめり込む。

大学卒業後、クライミングに集中したかったため、就職はせずにプロクライマーの道を選ぶ。スポンサー探しに苦労した。



- これから
コンペから自然の岩場へ活動の中心に移した理由はコンペが楽しくなくなったから。登ることではなく、人との競争にばかり気持ちが行ってしまい、登ることに集中できなくなった、登っていても楽しくなくなってしまったから。あれっ、先日の国体出ていたような・・・。

これからの目標はクライミングだけで生活ができる人生を送りたい。



司会の方も指摘しておりましたが、思い込んだらすぐに行動する "単純" さが強みだなと感じました。B型?

"クライミング" という職業が、現在クライミングにのめり込んでいる学生さんの将来の選択肢になるにはどうしても前例が必要になりますが、日本でプロクライマーは、平山さんと小山田さんしかいらっしゃらないのが現状です。クライミングを広めるために、プロクライマーが増えることは絶対に必要なことです。道は非常に厳しいと思いますが、頑張って欲しいと思います。

再放送は、11月1日(土)1:00 - (NHK教育)、11月5日(水)15:45 - (BS2) だそうです。見逃された方はぜひ。

関連エントリー
[TV]トップランナー - 小山田大 (2008/4/25)


トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/002347.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2008年10月26日:アイスクライミング ジャパンカップ 2009


次の記事: 2008年10月29日:[本]『アルピニスト・ジェントルマン』宣言 ヨーロッパ:正統な山の登り方 - アルピニスとし

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/2344

 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido