「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2008年10月29日:[本]『アルピニスト・ジェントルマン』宣言 ヨーロッパ:正統な山の登り方 - アルピニスとし


次の記事: 2008年10月31日:[映画]Nordwand

 

昇仙峡

吉田和正さん、Tさんと昇仙峡に行ってきました。

クライミングをするのは 8ヶ月ぶり。リハビリのつもりで行きましたが、肉体的、精神的にガツンときました。



吉田さんはデイドリーム。5.9程度のフェースを 5m 程上がってから、核心の前傾したフィンガークラックが 7m ほど。吉田さんはトップロープでトライ。2テンかなぁ。ただ、登りながらプロテクションを決めていくとなるとかなり大変そう。

m081030-1.jpg
デイドリーム



自分はデイドリームの近くにあるクラックにトライ。下からは上部が全く見えなかったので、カムは適当に 2セット。

最近は全く登られていないのか、クラックに泥が詰まっていて全然ジャムが決められないポイントが何ヶ所かあり、思い切りを要求されました。しかも、花崗岩も風化が進んでいてぼろぼろでスタンスが滑る滑る。全体で 35m ほどとスケールとしては文句なし。5.10a 程度でしょうか。中間部から上はハンドジャムがバチ効きで気持ちのいいクライミングが楽しめました。OS。

m081030-2.jpg
登ったライン



昇仙峡の紅葉はまだ始まっていませんでした。

m081030-3.jpg
昇仙峡



帰りはピラニアに寄って、マニアックな雑談をして、少し登ってから帰りました。

参考情報
吉田クライミング日記 - livedoor Blog(ブログ)

関連エントリー
昇仙峡・コブラクラック (2007/10/21)


トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/002351.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2008年10月29日:[本]『アルピニスト・ジェントルマン』宣言 ヨーロッパ:正統な山の登り方 - アルピニスとし


次の記事: 2008年10月31日:[映画]Nordwand

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/2348

 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido