「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2008年11月11日:[本]凍える海 - ヴァレリアン・アルバーノフ


次の記事: 2008年11月14日:リボルト講習会 @北川

 

[DVD]ALIVE<奇跡の生還者達>エピソード5 二重遭難~壮絶 アラスカの雪崩~

(2007/05/25 イーネット・フロンティア)
ALIVE<奇跡の生還者達>エピソード5 二重遭難~壮絶 アラスカの雪崩~

昨日の遭難モノ繋がりで、DVD を 1本紹介。

近所の本屋で 500円でワゴン売りされていたので、余り期待を持たずに買ってみたのですが、予想よりは良くできていました。さすが「ディスカバリー・チャンネル」。残念だったのは吹き替えの日本語の安っぽさ。せめてオリジナルの英語音声も残しておいて欲しかった。



アラスカ・Mt Johnson の Elevator Shaft の初登を狙ったパーティ(David Nyman・James P Sweeney) がアイスクライミング中に墜落して、遭難する。James が重傷を負うが、David がなんとか氷河まで下ろし、そこから脱出行が始まる。

10km ほど離れた山小屋にも別パーティがおり、彼らもレスキューの飛行機を待っていた。

そこへ、飛行機で空中散歩をしていた夫婦が通りかかり、雪面に書かれた SOS に気づいて、着陸しようとするが、着陸に失敗して遭難者が増える。

Elevator Shaft からの脱出を試みる David と James は雪崩に何度も吹っ飛ばされたり、100m 以上の深さのあるクレバスに落ちたりと、かなり過酷な脱出行になる。

現場でのロケかどうかは分かりませんが、ロープのシステムは結構めちゃくちゃですが、登攀シーンや雪崩のシーンは良くできており、かなりリアリティの高い再現映像になっています。

ちなみに、Elevator Shaft の脇のラインを、2007年に横山、佐藤、山田の Giri Giri Boys のトリオがトライしています。



また、比べるものでもありませんが、かつて千代志別で骨盤を折ったとき、這って下山して、車を運転して札幌の病院まで行ったことを思い出しました。


トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/002376.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2008年11月11日:[本]凍える海 - ヴァレリアン・アルバーノフ


次の記事: 2008年11月14日:リボルト講習会 @北川

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/2373

 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido