「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2008年11月20日:海外高峰登山の潮流 - 池田常道講演会


次の記事: 2008年11月23日:Ice Extreme Kuni 改装作業 11/23

 

瑞牆山・十一面岩末端壁・調和の幻想

連休は北アの奥地に籠もろうと思っていたのですが、雪のやむ気配が全くなく、自分の実力では無理そうだったので中止。

急遽、知人がクラックに行くとのことだったので混ぜてもらいました。

八ヶ岳は真っ白でした
八ヶ岳は真っ白でした

甲斐駒はまだまだら
甲斐駒はまだまだら

八つや南アを見ながら走れる広域農道が好きなので、最近は小川山も瑞牆も不動沢も、行くときは須玉IC ではなく、韮崎IC を使っています。ちなみに、五郎舎からの瑞牆を見るのも好きなので塩川ダムも左折派です。

瑞牆自体一年以上近づいていなかったので久しぶり。混んでるという噂でしたが、十一面岩には誰もおらず、完全に貸し切り。植樹祭の駐車場ですら車は 4台。

植樹祭の駐車場から瑞牆
植樹祭の駐車場から瑞牆

しかし、寒い。昼前でも気温は -2度

有名課題・組手には倒木が。何とか登れるそうです。
有名課題・組手には倒木が。何とか登れるそうです。

クライミングに関しては、当分はリハビリの予定だったので、登れればどこでもよく、知人がまだ調和の幻想を上まで登ったことがないということだったので上まで抜けてきました。

久しぶりのマルチだったこともあって、ロープの流れが悪かったり、確保支点を作るのに時間がかかったりと、忘れていることが多々ありましたが、終わる頃には大体思い出しました。

調和の幻想は何回か登っているはずなのですが、こんなに内面登攀多かったっけ? ていうくらいずーっとずり上がっていた気がしました。ただ、やっぱりクラックは楽しい。全ピッチリードさせてくれたパートナーに感謝。下降は 60m ロープ 2回の懸垂で下までこれました。こんなに短いのか。

降りてきて時間があったら、ペガサスでも登ろうかなと思っていたのですが、岩が暖かくなる昼まで待っていたこともあって、全然時間に余裕はなく、駐車場に戻る頃は完全に闇でした。

m081122-5.jpg
今日は時間がなく、写真は帰り際のこれのみ。



帰りはピラニアに寄って閉店まで登り、その後は室井邸にお邪魔しました。黒本の表紙の方たちがいらっしゃり、色々と有意義なお話を聞くことができました。


トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/002386.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2008年11月20日:海外高峰登山の潮流 - 池田常道講演会


次の記事: 2008年11月23日:Ice Extreme Kuni 改装作業 11/23

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/2383

 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido