「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2009年1月 8日:1/8 Ouray


次の記事: 2009年1月10日:1/10 Ouray Ice Festival

 

1/9 Ouray Ice Festival

今日から 14th Ouray Ice Festival スタート。

m090109-10.jpg
今日は雪

今日のイベントは


8:30am - 3:00pm: Sponsors Outdoor Bazaar and Gear Demo
9:00am - 3:00pm: Interactive climbing clinics
10:00am - 3:00pm: Miked demos with the pros


5:00pm - 7:30pm: Ouray Ice Park Silent Auction
5:00pm - 8:30pm: Ouray Volunteer Fire Department Fundraiser Dinner
5:00pm - 8:30pm: All our sponsors newest winter mountaineering gear
7:00pm: Screaming Barfies Challenge!
8:30pm - 10:00pm: Slide Show and presentation by Raphael Slawinski

と盛りだくさん。参加したイベントを太字にしました。



上から順に説明していきます。

【Sponsors Outdoor Bazaar and Gear Demo】
Ouray Ice Festival にはクライミングギアのメーカーを中心に、40社強のスポンサーが協賛しています。協賛各社は最低 $2750(現金でも商品でも可) を払うことにより、Festival のイベントにテナントを出すことができます。

スポンサーリスト

昼間(8:30 - 15:00) はメイン会場(Lower Bridge) 付近にスポンサー各社のテント村が設置され、各ブースで新製品や既製品のレンタルなどを行っております。

Black Diamond、Petzle、La Sportiva のブースはギアが借りれることもあって盛況でした。Kayland も Ice Dragon の貸し出しを行っていました。

何か新しいギアはないかなぁと物色していたのですが、Black Diamond に目を引くギアが 3点あっただけで、それ以外のブースでは特にこれといった商品はありませんでした。

m090109-9.jpg
アックスの流れ止め。根元がスイベルになっているので持ち替えをしてもねじれません。まだプロトタイプで販売はされていないとのこと。これは欲しい

今日は mont-bell ブースの日本人スタッフを紹介してもらい、いろいろとイベントの仕組みについて教えてもらっていました。彼はかつて Banff 周辺にいたこともあり、共通の知人もいたりと話が合いました。

m090109-3.jpg
モンベルブース

それにしても常に誰かしらがブースを覗きに来ていて、このイベントの人気度合がよくわかりました。昨年度の来訪者は、3日間で延べ 4万人だそうです。凄いとしか言いようがありません。



Interactive climbing clinics
アイスクライミング関連の講習会です。 3日間で 80コマの講習会が行われます。各スポンサーがスポンサードするクライマーが講師となって行われ、各講習は 2時間$40 という格安価格。

m090109-1.jpg
講習会風景

講師も Steve House や Markus Beck、Vince Anderson、Stephen Koch、Conrad AnkerRaphael Slawinsky などの有名どころも担当しています。

m090109-4.jpg
講習会会場

内容はアイスクライミングの入門的な内容から、ミックスクライミング、アンカーの作り方、セルフレスキューなど多岐にわたります。

本来は Web であらかじめ申し込みをしていないと駄目なのですが、Web からはカナダ or アメリカ在住者しか申し込みができないようになっており、事前にいろいろメールや電話で問い合わせをするも、まったく音沙汰なく、仕方なく現地に行ったら、まだあいてる講習に申し込めたので、申し込んで参加した次第です。

2009 Ouray Ice Festival Clinic Schedule (PDF形式)

今日は MammutDean Lords という講師の "Hard Mixed" という午前中の講習を受けてみました。

内容は M5 と M8 のミックスルートにトップロープをかけて、登りながらテクニックや注意事項を教えていくというものでした。今となっては新しく学ぶ点はありませんでしたが、体の振りと安全面に関してしつこく教えていたのが印象的でした。

m090109-23.jpg
講師によるデモ

講習生は 5人。交代で登りましたが、ほとんどミックスクライミング初心者ばかりだったため、なぜか自分ばかりが何回も登ることになり、同じルートとはいえ、結構長さもあり、短時間で集中的に登ったのでヘロヘロになりました。

あぁ、でも日本と違って硬い岩でミックスクライミングができたのは嬉しかった。

m090109-8.jpg
参加賞



Miked demos with the pros
プロクライマーによるマイクを使ったデモクライミング。ギャラリーが一番多く集まる、Lower Bridge 直下のミックスルートを使って行われました。1ピッチのラインをあえて 2ピッチに分けて行われ、リード、フォローそれぞれのクライマーがヘッドセットをして、解説をしながらクライミングを行い、オープンな講習会という形になっていました。ギャラリーのあおり方がうまかった。

m090109-2.jpg
マイクパフォーマンス

20 -30分のローテーションで行われており、たまたま見た時は、マルチピッチのビレイにグリグリを使っていて、そんな使い方もあるのかと勉強になりました。シングルロープでしか使えませんが。



以上で、昼間の部は終了。

午後からはパートナーとどこかを登ろうと周辺を物色するも、クライマーの数が半端ではなく、ほとんどのラインが埋まってしまっており、かなり端っこの変なラインを 1本登って終了となりました。

m090109-21.jpg
今日登ったライン

Festival 期間中は登ることには期待しない方が無難なようです。

m090109-20.jpg
どのエリアも大盛況



場所を移してから夜の部がスタート。

Ouray Ice Park Silent Auction
要はオークション。Silent というのがポイント。スポンサーから提供された商品がオークションの対象となります。

各商品が一列に並べられ、各商品の前に商品名が書かれた紙が置かれます。各紙には最低入札価格と入札締め切り時刻が書かれており、欲しい商品の紙に、入札額と名前を書き込んでいき、締め切り時間に最高額を書いている人が落札するという仕組みになっています。

m090109-32.jpg
オークションの商品

当方も参加し、前から欲しかった ARC'TERYX のハーネス$63 でゲットしました。わーい。なかなかに面白いイベントでした。

m090109-31.jpg
こんな感じで入札します

m090109-6.jpg
ハーネスゲット



Ouray Volunteer Fire Department Fundraiser Dinner
地元の消防団によるディナー。1皿に無理やり盛り付けたアメリカの典型的な学食スタイルの食事でした。会場はオークション、スポンサーブース会場と同じで、とにかく人でごった返しておりました。

m090109-26.jpg
夕飯

今回は New Belgium Breweryというベルギービール(?) がスポーンサーにあることから、ビール飲み放題の状態になっており、会場はほとんど飲み会の様相を呈していました。

m090109-28.jpg
これがあると飲み放題



All our sponsors newest winter mountaineering gear
基本的には昼間、外でやっていたことを室内に移しただけ。それでも盛り上がっていました。ステッカー、カタログは取り放題でした。

m090109-30.jpg
人だらけ



Screaming Barfies Challenge!
このイベントは行われず、代わりに Pullup contest が行われました。要は懸垂大会。60秒間で何回懸垂できたかを競うイベントで大体みんな 10回前後でした。自分も酔いさましのつもりでやりましたが、15回しかできず、ちょっとショック。20回くらいさくっとできると思ったんだけどなぁ。

m090109-24.jpg
懸垂大会

m090109-7.jpg
参加賞



Slide Show and presentation by Raphael Slawinski
Raphael Slawinski氏によるスライドショー。ミックスクライミングの歴史に沿って、自身の体験を語ったもので、リーシュありの状態から始まって、アックスが進化してリー種がなくなり、ヒールスパーがつき、またはずれ、ミックスのボルトルートができ、そしてプロテクションの全くないミックスルートにはまっていく流れになっていました。適宜ギャグを織り込んでいて聴衆に大うけでした。

m090109-29.jpg
ここでも飲み



今日は終日雪が降っており、30cm 近く積りました。朝 8:00 から夜 22:00 まで怒涛のようにイベントが続き、さすがに疲れました。

m090109-25.jpg
ずいぶん積りました

m090109-27.jpg
HAVE AN ICE DAY

関連エントリー
1/8 Ouray (2009/1/8)
1/7 Ouray Ice Park (2009/1/7)
アメリカ到着 (2009/1/7)


コメント (2)トラックバック (0) |

この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/002444.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2009年1月 8日:1/8 Ouray


次の記事: 2009年1月10日:1/10 Ouray Ice Festival

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enokido.net/mt/mt-tb.cgi/2441


コメント (2)

はるさん、お久しぶりです。

オフィシャルな Tシャツは無いみたいですが、どんなタイプを希望ですか?

Ouray Ice Park 関連のモノは見かけましたが。

いいですね~これ、行ってみたかったんですよ♪
お金払うから、Tシャツ(M)買ってきてください^^;;
しっかり楽しんできてくださいネ。


 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido