「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2010年1月27日:[記録] 城ヶ崎


次の記事: 2010年2月 4日:ルーマニア・バスティーニなう。

 

[記録]谷川岳・一ノ倉沢・烏帽子奥壁大氷柱

谷川岳・一ノ倉沢・烏帽子奥壁大氷柱に行ってきました。

5:00 天神平ロープウェイ駐車場
天神平ロープウェイ駐車場出発。旧道のトレースを利用して、つぼ足のまま一ノ倉沢出合まで行けました。

6:10 一ノ倉沢出合
出合でわかんとハーネスを付け、テールリッジ目指して本谷を詰めました。トレースはあったものの、一ノ倉尾根に上がっていくラインでした。

m100130-1-1.jpg
一ノ倉沢出合

雪は比較的しまっており、もぐっても足首程度。

m100130-1-2.jpg
本谷下部

7:00 テールリッジ末端
衝立スラブからのデブリがひどくなってきた辺りでアイゼンに履き替え、トラバース気味にテールリッジに上がりました。

m100130-1-3.jpg
衝立スラブ下部

テールリッジの稜線を忠実に詰め、中央稜の取付にぶつかったところから烏帽子奥壁へトラバース。斜面が予想以上に急でした。ラッセルは膝下程。

m100130-1-4.jpg
烏帽子スラブのトラバース

8:00 大氷柱取付
取付で登攀準備。荷物は一つにまとめ、不要なものはデポ。

m100130-1-5.jpg
大氷柱取付へ



1P目 Sさんリード
氷は繋がっているものの、非常に薄く、スカスカの氷。場所を選んでアックスを振らないと岩をたたく状態。取れたプロテクションはスクリューで一箇所のみでしたが、簡単に回収できたので効いていたかは疑問。

m100130-1-6.jpg
1P目

2P目 Nさんリード
薄い氷を数メートル登った所の草付きにワードホッグを打ち込んでから、ドラツーセクション数メートル、残置を利用して抜け、雪氷を十数m 登って、変チのチムニー基部へ。ドラツーセクションが悪かった。

m100130-1-7.jpg
2ピッチ目

3P目 え。 / Sさん / Nさんリード
出だしのドライセクションを抜けてから、薄い氷を登っていくピッチ。

最初にリードしましたが、ドライセクションを抜け、氷に移ったところで氷が壊れて落ちました。残置のリングボルトで止まりましたが、完全に戦意喪失、Sさんにリード交代。

Sさんは、ドライセクションを抜け、氷に移り、薄い氷を数メーター登り、上部の氷の抜け口あたりで、アックスが氷を切ってしまい十数メートルのロングフォール。アイススクリュー 2本とリングボルトのリングがはじけ飛びましたが、出だしのリングボルトで止まりました。幸い大きな怪我がなくてすみました。

Nさんにリード交代。全セクションを落ち着いてこなし、抜けて行きましたが、登っていくところからどんどん氷が崩壊していき、ビレイしながらはらはらでした。ナイスクライミング!! フォローで上がったときには、もう氷は皆無でまともには登れない状態でした。

m100130-1-8.jpg
3ピッチ目

3ピッチ目の終了点から 4ピッチ目を見たところ出だしに全く氷がなく、変チのラインからも外れているため、残置もなく、完全にジ・エンド。今回はここまでにして下降に移りました。

m100130-1-9.jpg
4ピッチ目



2ピッチの懸垂で取付に戻りました。デポしておいた荷物を回収し、来た道をそのまま慎重に戻りました。

m100130-1-10.jpg
3ピッチ目ではじけ飛んだリングボルトが取付に落ちてました

m100130-1-11.jpg

m100130-1-12.jpg

テールリッジの末端で 1ピッチ懸垂。

m100130-1-13.jpg

今日は終日落ち着いた天候。日差しも風もなく薄曇りで、冬壁のクライミングとしては絶好の条件でしたが、大氷柱は氷が完全には繋がっておらず、壁の状態が悪すぎました。

氷がなくても登れるラインを登ればという考えて行きましたが、摂理が少ない上に、しっかりしたブッシュもなく、まともなプロテクションを取れない上に、壁は逆層気味で、アックスを引っかける箇所も少なく、全く歯が立ちませんでした。故鈴木謙造さんの凄さを痛感しました。

今日の一ノ倉は比較的落ち着いており、午後に滝沢本谷で大きな雪崩が 2発出た以外はしーんとしていました。

m100130-1-14.jpg
一ノ倉沢全景



今回は BD のスピナーリーシュを使ってみましたが、好調でした。ただ、そのままでは自分には短かったので、20cmのスリングをつないで使いました。

m100130-1-15.jpg
スピナーリーシュ

関連エントリー
谷川岳・烏帽子奥壁大氷柱 (2008/4/9)




この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/002713.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2010年1月27日:[記録] 城ヶ崎


次の記事: 2010年2月 4日:ルーマニア・バスティーニなう。

 
 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido