「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の記事: 2011年4月21日:クリス・シャーマ、First Round, First Minute(5.15b)を初登


次の記事: 2011年5月 7日:[映画] 岳

 

第 2回逗子海岸映画祭『El Capitan』

m110505-6.jpg

大型連休中に、逗子海岸でおこなわれている、第 2回逗子海岸映画祭で上映された『El Capitan』を観てきました。

会場は海岸の一画を利用しており、砂浜をロープで区切り、小テントや、舞台、スクリーンで構成されていました。

m110505-1.jpg

小テントでは、ちょっとした料理(スペイン料理) やアルコール等の飲料の提供も有り、ここだけでも楽しめるように完結しています。

m110505-2.jpg

会場は昼間からオープンしており(昼間は入場無料、夕方から 1000円)、映画スタート時刻の 19時までは、バンド演奏がおこなわれており、野外フェスの雰囲気。

映画を観る場所では、20人ほどの座席は用意されていたものの、観客の数には全く足りず、基本的には砂浜にめいめいが敷物を敷いて、好きなように座っていました。



『El Capitan』は1968年に、Lito Tejada-Flores、Gary Colliver、Richard McCracken という 3名のクライマーが、El Capitan の Nose を登る様子を、Glen Denny が撮影し、10年後の 1978年に公開された山岳映画です。

m110505-4.jpg

芸術性のある映画として公開されたようですが、当時、まだ Nose は数登しかされていなかったことより、どちらかというと記録的な側面が強く、当時のクライミングスタイルを、動いている映像から知ることができました。

m110505-3.jpg

クライミングのスタイルは、根本的に道具が違うことより、現在とは全く違い、フラットソールやハーネス、ヘルメットと行った基本的なギアはもちろん、カムやナッツもなく、プロテクションは残置のボルトとピトン類が基本で、片手でジャムをしながらピトンを叩き込む技術は見ていても凄かった。

ラインは今と同じで、ボルトラダーもすでにあったようです。また、ブートフレークの振り子トラバースも相変わらず大変そうでした。

芸術的な側面として、通奏低音として不協和音が常に流れており、結構不快でした。繰り返し流される振り子トラバースのシーンや鳥、落ちて行くも、上昇気流で巻き上げられる空のペットボトルのシーンなど、飛ぶことや浮くこともテーマとしてあったのかもしれませんが、良くわかりません。

m110505-5.jpg

逗子の海を背景に、砂浜でヨセミテの映画を観る。まるでカリフォルニアを彷彿とさせるような 演出は、映画館や自宅で観るのとは大きく趣が違い、雰囲気も含めて楽しむことができました。


El Capitan trailer

関連リンク
上映プログラム | cinema caravan (第 2回逗子海岸映画祭)
El Capitan (film) (Wikipedia)





この記事の URL:http://enokido.net/mountain/archives/002774.html
 
 
ページトップへ

前の記事: 2011年4月21日:クリス・シャーマ、First Round, First Minute(5.15b)を初登


次の記事: 2011年5月 7日:[映画] 岳

 
 
 
ページトップへ
counter
Homepage へ

管理サイト

アイスクライミング情報サイト ice_jp クライミングジム情報サイト gym_jp
 
 


 
c 2003-2008, You Enokido