「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の月:2007年7月

次の月:2007年9月

 

2007年8月 1日

世界記録

ここ最近、スポーツクライミングで 2つの世界記録が出ました。

Russia rockets get both gold in Val Daone

7/21-22 にイタリアの Daone で行われた World Cup の 男子スピードの大会で優勝したロシアの Sergey Sinitsyn が 25m の垂壁を 4.7秒で登り、世界記録になりました。秒速 5.7m の計算です。

スピード競技は昔からロシアや東欧が強く、優勝賞金が €1500 であることから、"the money is probably the driving force for poor competitors" という揶揄もされております。日本ではあまり重要視されていないスピード競技ですが、3年前に来日したロシアのシャバリンと話をした時は、「スピードはスポーツクライミングだけではなく、クライミング全体で必要な能力だ」と断言しておりました。

YouTube にスピード競技の映像が上がっていました。

UIAA Climbing World Cup (Speed Climbing competition) 06


尾川智子さんの Blog にも Asian X-game の時のスピード競技の動画がアップされております。

お待たせしました! (尾川智子の はーとふる ボルダリング)


次の記録はこちら

World Dyno Record Broken Twice

Peter Würth
Peter Würth


7/22 にドイツで行われたランジ大会でドイツの Peter Würth が 2.775m を飛んで、世界記録を更新しました。

ルールだと、110度の壁に 2つ並んだガバホールドを持ち、45度左上に向かってどれだけ飛べるかを競うようですが、Peter が飛んだ映像 (WindowsMediaPlayer 形式) を見ていると、少し飛んでからスタートホールドをさらに蹴ってランジしています。

この行為は物議をかもしており、ルールを変える方向にあるそうです。



2007年8月 5日

魚野川

地元の方や普段お世話になっている方達と魚野川を 3日間放浪。これまでしていた遡行とはまったく違うタイプの遡行で、ライン取りを始めとして、何から何までまったく違い、非常に勉強になりました。

自分の沢の師匠が、"沢 = 旅" というとらえ方をしていたのに対し、今回は "沢 = 住処" という感じでした。山で生きる上で自分が一番持っていない技術だったので、盗めるだけ盗みたいと思っています。

魚野川は前から行きたかった沢で、噂にたがわずいい沢でした。今回はショートカットして支流から本流に取り付き、釣りが中心の遡行だったので、今度は下から上まで通して遡行したいと思います。

以下、写真。ルート詳細は省略。

支流を下る
支流を下る


どんどん下る
どんどん下る


ビニールハウスのシートをタープに。軽量で便利。
ビニールハウスのシートをタープに。軽量で便利。


ツバクロゼン
ツバクロゼン


m070804-2.jpg


天然のわさび田。もちろん夜のおかず
天然のわさび田。もちろん夜のおかず


トクサ畑
トクサ畑。昔は金物の研磨に使ったらしい。試しに爪をこすったら、ツルツルになりました。


素晴らしいナメが続きます
素晴らしいナメが続きます


ハコゼン
ハコゼン


イワスゴゼン
イワスゴゼン


スリバチゼン
スリバチゼン


イワナが釣れました
イワナが釣れました


イワナの刺身
イワナの刺身


焚火で塩焼き
焚火で塩焼き


残りはソテー
残りはソテー


じねんさん、こんさん、今回は勉強 & お世話になりました。今後ともよろしくお願いします。



2007年8月 8日

9a(5.14d) ~

ここ最近の 9a(5.14d) ~ の動きをまとめてみました。

Sharma Sends

Chris Sharma @Three degrees of separation
Chris Sharma @Three degrees of separation


7/20 に Chris Sharma が、フランス・セユーズ(Ceüse) で 9a(5.14d) のルートを開拓・初登しました。ランジが 3回入る 25m のルートで、ルート名は Three degrees of separation。彼が初登し、5.15a のテストピースとなっている Realization のすぐ脇のラインだそうです。

このルートの映像は↓で少し見れます。ひたすら飛んでます。要 Quicktime。
http://bigupproductions.com/bigUpSite2/movies.html?14&ThreeDegrees.mov&372&640

この映像も入った DVD(King Lines) が 10月に発売になるようです。YouTube に Trailer がアップされていますが、ものすごく格好いい!! 予告編だけで欲しくなります!!

King Lines


関連映像
Es Pontas teaser

King Lines に収録されるであろう、Chris Sharma が昨年初登した、スペイン・マジョルカ島(Mallorcan)・Es Pontas の DWS の 5.15a の映像。



Graham Nails Realization’s 4th Ascent

Dave Graham @Realization
Dave Graham @Realization


こちらもセユーズから。7/30 に Dave Graham が 5.15a のテストピースとなっている Realization の第 4登に成功しています。

このルートは 1996年に登られた Biographie(5.14c) の延長ラインで、2001/7/19 に Chris Charm によって 3年がかりのトライの末に初登されています。その時のビレイヤーが Dave。

第 2登Sylvain Millet(France / 2004/5/24?)、第 3登Patxi Usobiaga(Spain / 2004/8/1) です。

最近セユーズに行かれた茂垣さんの Blog によると、トップクライマーが集結していたそうです。

関連 DVD
Dosage vol.1
Dosage vol.1
Chris Sharma による Realization の初登シーンが収録されています。




Adam Ondra climbs Silbergeier (Rätikon), Abysse (Gorges du Loup) and Speed (Voralpsee)

いまだ 14歳の Adam Ondra が 8/1 にフランス・Gorges du Loup で Abysse(9a/5.14d) を 3トライで登ったそうです。末恐ろしい・・・。

それだけではなく、マルチピッチのラインでも 8/3 に Speed (8c+/ 5p)、7/27 に Silbergeier(8b+ / 8p) を登っています。


記録を見ていると、そろそろ次の次元のルートが必要になってくるように思えるのですが、5.15b 以上のルートって、世界を見ても皆無なのでどうなるんでしょうか。



2007年8月28日

お知らせ

さぶろー


中の人に色々とヘルプしていただいたのですが、この Blog の CMS である MT3.3 から 4.0 へのバージョンアップはうまくいきませんでした。ので 4.0 への移行は断念し、元の 3.3 に戻しました。しばらくは様子を見ながら更新していきたいと思います。何か不具合等に気が付かれた方はコメントで教えていただければと思います。

別のブログサイトで 4.0 を使っているのですが、編集画面はごちゃごちゃしてきたものの、リンクを大量に張る場合など、色々と便利な機能もあって楽だったのですが、まぁ、3.3 は 3.3 で完成度としては高いレベルにあると思いますし、運用的には問題ないので、ここは 3.3 のまま行きます。とりあえず、スパムコメントとスパムトラバが自動ではじければそれでオケー。


現状の問題点として、各記事が見にくかったり、アーカイブがいっぺんに全部羅列されていてロードに時間がかかって使いにくかったり、カテゴリーの分類が適切じゃなかったりと、ユーザビリティ的に直さないといけない個所が多々あるので、順次対応していく予定です。

基本的にデイリーで更新していきたいのですが、現在クライミング関係に割ける時間は 1日・1時間が限界なので、週 2-3回を目標に更新予定です。

記事の内容に関しては、これまで通り、後々のためのメモとしてまとめておきたいものを記事にしています。プラス、山行記録を書いていきたいと思っているのですが、6月にイタリアで怪我をして以来、クライミングはほとんどできていない状態なので、まともな山行記録はしばらくありません。 そろそろ復活する予定ではありますが。


先月から Google Analytics を導入してみました。1日のアクセス数は UU が 400前後、PV が 600前後です。普段仕事で作っている Web のアクセス数が 100万単位なので、いまいちピンと来ませんが、今後は Google AdSenseAmazon アフィリエイトを利用予定です。たいした額にはならないと思いますが、収益は JFA の岩場環境整備基金へ回したいと思っています。


今後ともよろしくお願いします。



2007年8月29日

L'Argentiere la Bessee

L'Argentiere la Bessee


7/28 にフランスの L'Argentiere で行われたボルダーコンペ。日本からは茂垣さんが参加。

オープンで行われたコンペで、ユースやらシニアやら、様々なクラスがあり、参加者は 400名を超えています。

茂垣さんは 13位だったようです。茂垣さんが Blog に書かれている強かったというロシア人の少年(GELMANOV Rustam) が気になります。

関連情報
後半〜〜(Flashman)
最終リザルト (PDFファイル / IFSC のサイト)



2007年8月30日

Climbing Worldcup - Qinghai 2007

8/11-12 に上海でリード・ワールドカップが行われ、日本からは男子・渡辺選手、安間選手、女子・小林選手、野口選手が参加されました。

野口選手
野口選手


最終的な結果は渡辺選手が 12位、安間選手が 11位、小林選手が 3位で表彰台、野口選手が 17位でした。

渡辺選手
渡辺選手



男子リザルト (IFSC)
女子リザルト (IFSC)


今年は男子・女子ともに混戦状態で、最後の最後まで誰が優勝するかわからない感じです。

現在のランキング
男子
1. Jorg Verhoeven 281.00
2. Tomás Mrázek 254.00
3. Patxi USOBIAGA LAKUNZA 239.00
4. Flavio Crespi 233.00
5. Ramón Julian Puigblanque 226.00

女子
1. Angela Eiter 296.00
2. Muriel Sarkany 252.00
3. Maja Vidmar 244.00

関連情報
小林由佳 中国のワールドカップで3位入賞 (JFA)

あしたかえります (数馬BLOG)
さち (ロスキャニな日々・・・)

由佳のメッセージ 2007/8/14 (フリークライマー●●●Free Climber●●●小林由佳)
★中国WC準決★ (啓代の住みか)

なお、今回エントリーしていた平山さんは、疲労がたまっていたことより、レストにされたそうです。

Two weeks off (YUJI HIRAYAMA OFFICIAL SITE)



2007 Bouldering Championships Tour

8/11 - 12 にアメリカ・ソルトレイクシティで "2007 Bouldering Championships" が行われました。

優勝した Chris Sharm
優勝した Chris Sharm


日本からは男子が、茂垣選手、清水選手、竹内選手、女子は尾川選手と萩原選手が参加されました。

結果は茂垣選手が 14位、清水選手が 29位、竹内選手が 19位。尾川選手が 14位で、萩原選手が決勝に進出し 10位でした。

決勝の萩原選手
決勝の萩原選手

m070831-3.jpg


詳細な結果は以下を参照してください。男子のトップスリーは、現在の北米トップスリーが並んだ結果となっています。

決勝リザルト
準決勝リザルト

準決勝の動画に関しては尾川さんの Blog で見れます。

トータルな動画に関しては Bigup Production の物が、MVM の Web で見れます(現在の Top Page[issue #6] の一番右下のもの。)。

関連情報
終わっちゃいました・・・。。 (Flashman)
いろいろアップ~ (はーとふる ぼるだりんぐ)
ASK Blog



WORLD YOUTH CHAMPIONSHIP

あとで。



ワールドカップ加須の出場選手決定

JFA の Web によると 10/13-14 に埼玉県・加須で行われるワールドカップの日本人参加選手が決定したようです。

男子
平山ユージ、安間佐千、松島暁人、茂垣敬太、渡辺数馬、堀 創、伊東秀和、角田大樹、中原 栄、小西大介、田中周兵*、小澤信太*

女子
小林由佳、野口啓代、榊原佑子、田中亜貴、遠藤由加、池田洋子、梶山沙亜理、堤きよ江、門間希美*、木村理恵*

* は日山協推薦選手

選手選考に関してはこのような問題もあるようです。




Web も用意されているようです。Web によると、準決勝、決勝の観戦は有料(1000円) になるようです。



 
 
ページトップへ
counter

前の月:2007年7月

次の月:2007年9月

Homepage へ


 
c 2003-2008, You Enokido