「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の月:2010年1月

次の月:2010年3月

 

2010年2月 4日

ルーマニア・バスティーニなう。

ルーマニアで行われる ICWC と UIAA主催のアイスクライミングコンペのルートセッター及びジャッジの講習会に参加するべく日本を出発。

ルーマニアへダイレクトに飛んでる航路はないため、スイス・チューリッヒで 1泊してからルーマニア・ブカレストへ。

m100207-1.jpg
スイス・チューリッヒ空港 閑散としていた

m100207-2.jpg
ブカレスト空港の両替所

ブカレストの空港から、今回の目的地のバスティーニ(Busteni) までは 120kmほど。レンタカーで行くか電車で行くか迷ったものの、道路事情がわからないのと、ほとんど移動がないことを考え、電車に決定。

空港で電車のチケットを買ってバスで移動。電車のチケット(Bucuresti Nord) と実際の駅名(Gala de Nord) が違ったため、バスの運転手と一悶着あったものの、地元の人に助けられ何とかなりました。

バスでは途中で警官(?) が乗ってきて全員の身分証チェック(?) みたいなことをやっており、英語が通じないのでまた一悶着。ここでも乗客に助けられ、何とかなりました。

駅の周辺は人でごった返しており結構カオス。電車の時間まで 2時間ほどあったものの、なんだか怖かったので、構内のマックへ避難。それでもホームレスチックな人から「タバコ買わない?」みたいなことを話しかけられたりと、押し売り人多し。

m100204-1.jpg
Gala de Nord駅

m100204-2.jpg
切符

バスティーニまでは 2時間ほど。車内アナウンスがないので、とりあえず近い時間に止まった駅で降りたら違う駅。その場にいた人に確認して、再乗車。だいぶ遅れていたようで、目的地は次の駅でした。

事前に日本からホテルを予約していたものの、住所しかわからず、バスティーニ周辺の詳細な地図も入手できなかったので、とりあえずタクシーでホテルへ。やたら遠いなと思ったら、タクシーにぼられてましたww まぁ仕方ないですね。

m100203-1-1.jpg
ホテルのテラスからバスティーニの夜景



2/4
今日は午後からレジストの日。午前中にギアの整理をしてから会場へ。会場の場所が、UIAA のWeb の地図を見てもよくわからず。しかもホテルの名前が間違ってるし。

m100204-4.jpg

何とか会場に着き、名簿の確認とゼッケンの抽選を行いレジスト終了。

m100204-5.jpg
レジスト

m100204-6.jpg

会場の CPPIホテル

m100204-7.jpg
バスティーニのメインストリート

その後、メグちゃん&韓国チームと合流し、新たに今年新設された壁を見に行く。

m100204-8.jpg
街中では普通に馬車が走ってる

m100204-9.jpg
新設された壁

新しい壁はスキー場の脇にあり、半球状のフレームからワイヤーでコンパネが吊り下げられている構造で、様々な形状の壁に柔軟に対応出来そうな作り。その脇にスピード用の壁がありました。

m100207-7.jpg

夜は近くのホテルに移動して懇親会。料理は微妙でした。

m100204-10.jpg



2010年2月 6日

ICWC 2010 Busteni

2/5
■ 女子予選
女子の予選からスタート。予定では 9:30からでしたが、実際の開始は 10時過ぎと、スケジュールは最初から押し気味。

メグちゃんは 13番目で登場。総勢 16名で、決勝の枠は 8名。ルーフに入れたかどうかが決勝進出のボーダーラインとなりました。

ホールドはハリボテも含めてすべて金色に塗装されており、しかも自然の石が直接張り付けられている斬新さ。オブザべでは非常にわかりづらく、現場処理が重要で、競技中に壊れることもしばしばでした。

女子の競技時間は 8分。時間内に完登する選手はいませんでしたが、殆どの選手がタイムアップまで粘って登っていました。

現状は女子のルートでもフィギュア4 は当たり前で、フィギュア4 で行くのか、正対引きつけで行くのかを瞬時で判断する能力が必要。

m100207-8.jpg
メグちゃん @予選

m100207-9.jpg
メグちゃん @予選

m100207-10.jpg
メグちゃん @予選



女子は韓国のシンさん(Shin Woon Seon) とフランスのステファニー(Maureau Stéphanie) が同高度でトップ通過、ロシアのアンナ(Gallyamova Anna) が続く形になりました。メグちゃんは 6位で無事決勝進出。





■ 男子予選
壊れたホールドの交換や、引っかかったアックスを取るのに時間がかかり、女子の予選が終わったのが 12時。男子のアイソレーションクローズは女子予選終了後になりました。

会場はスキー場の脇にあるため、アイソレーションルームはリフトのゴンドラ置場が使われ、中にはベッドのマットレスが数枚置いてあり、早い者勝ちで寝っ転がっており、ほぼ雑魚寝状態。

アイソルームの中には、アップ用に木の枠が設置されており、自由にアックスを掛けて使うことができました。打ち込みも最初はオッケーだったのですが、途中から何故か禁止に。ちなみに、下にはベッドのマットレスが敷いてありますが、アイゼンの使用もオーケで、みんなほぼパンプするくらい念入りにアップしてました。

また、旋盤や万力、グラインダーも置いてあり、各自がおいおいアックスやアイゼンを研ぐ作業に没入。

アイソルームには定期的に水やスポーツドリンク、サンドイッチの差し入れがあったので、飢えずには済みましたが、スポーツドリンクはかなり怪しかった。

m100207-11.jpg
アイソレーションルーム

アイソルームはびっくり人間コンテストの集まりみたいでした。気温は氷点下に近いのに半裸でありえない筋トレ始める人や、逆立ちで歩き回る人、全力で縄跳びする人、輪になってリフティング始めるロシア集団、2人でシュラフにくるまるホモっぽい人達などなど、圧倒されっぱなしで、かなりビビりました。

ウクライナのイブジェニーと韓国のヒヨンさんが気さくに話しかけてくれなかったら、変な緊張感で潰れていたと思います。

それでも自分の出番は 18:30 を過ぎ、外は完全に闇、登る頃にはすっかり待ちくたびれ、結局何もできないまま 34位で終わりました。しょぼん。んー、とにかく体が動かなかった。

男子予選の完登者は 4人。今シーズンの大会すべて優勝しているマーカスはもちろん、韓国のヒヨンさんも完登。しかも時間差でトップ。男子予選の制限時間は 6分。

今シーズンのレギュレーションは昨年よりも厳しくなり、アックスには手のひら以外を掛けてはダメで、アイゼンはヒールスパーだけでなく、ヒールパーツ自体を外さないといけない設定になったのですが、ギアのチェックは全くありませんでした。

また、女子にはレギュレーションの説明ビデオが流されたそうですが、時間が押していたからか、男子に対してはなし。のでポイントの詳細は不明ですが、クリップが一番高いポイント、その下に、ホールドにタッチ、ゲット、マッチでそれぞれポイントが違ったようです。

m100207-12.jpg



■ 男子スピード
リード競技の終了後にスピード競技。準備が整ったのは何と 21時過ぎ。極寒の中で待たされているのでとにかく寒い。

スピード競技は殆どがロシア勢で、ロシア内の順位決定戦という様相でした。ほぼ全員がスピード専用のアックスを使っており、もちろん自分はそんなアックスは持っていなかったのでノミックで参加しようとしたのですが、見かねたロシアの選手がアックスを貸してくれました。

競技は 2ルートを連続で登り、2本のタイムの合計で順位が決まり、予選、ベスト16、ベスト8、ベスト4・・・と最後の一人になるまで同じ作業を繰り返し、ほとんど持久力戦。途中で落ちたらそこで終了というルールでした。

ルートの最上部にタイマーをストップさせる板が置いてあり、それを叩くことで、自動的にタイマーがストップし、ゴールが認められます。ただし、何度かタイマーがストップしなかったことにより、選手から抗議が入り、登り直すかどうかで競技が中断することがありました。結局登り直してました。

m100207-13.jpg
スピード競技

スピード競技がすべて終わったのは 23:30で、ホテルに戻ったときは日付が変わっていました。ふー。


m100207-14.jpg
リードの壁を裏側から



2/6
今日は男子準決勝、女子決勝、男子決勝の日。

m100207-18.jpg
街中のいたる所にポスターが貼ってあり盛り上がっていました

■ 男子準決勝
男子の準決勝は18人でスタート。決勝への枠は 8人。

最初の 4人が登ったところで、ルーフに入る箇所のホールドが欠けるテクニカルインシデントがあり、ホールドの交換作業。

そのあとから登った選手が、6人全員同じホールドで落ちる結果となり、選手及びロシアチームのコーチ(?) からクレームが入り、審判団が競技した結果、男子の準決勝はキャンセルとなり、決勝一発勝負になりました。

そのため、急遽女子決勝ルートのセットが始まり、1時間後にスタート。

■ 女子決勝
メグちゃんは 3番目で登場。どのポイントでも迷いの無いクライミングで見事な空中戦を繰り広げ、予選の順位をそのままキープし、6位となりました。すばらしい。おめでとう。

m100207-21.jpg

m100207-22.jpg

m100207-23.jpg

m100207-24.jpg



m100207-25.jpg
試合後に地元メデイアのインタビューを受けていました。

m100207-26.jpg
3位に入ったイタリアのアンジェリカ。かわいい!!

決勝は、男子の準決勝ルートを少し手直しされたルート。フランスのステファニーには予選の時のようなキレが無く、ルート途中で力尽き、逆にロシアのアンナが冴えており、ルーフを抜ける場所まで到達しました。女子決勝の制限時間は 8分。

韓国のシンさんはロシアのアンナと同高度まで余裕を持って行くも、アックスが滑ってフォール。かなり悔しそうでした。

下から見ている感じでは、マッチしていなかったので、アンナが優勝かと思ったのですが、リザルトが発表されると、同高度まで登ったことになっており、予選のカウントバックでシンさんが優勝となりました。




■ 男子決勝
男子決勝までは時間があるのと、会場は吹雪いており、いるだけでもかなり寒いので、韓国チームのホテルに避難し、結局、決勝はマーカスとヒヨンさんのクライミングだけ生で見れればいいやということになり、ずーっとネットで観戦していました。

マーカスが登場する頃に会場到着。マーカスが登場するだけで声援が湧き上がる人気ぶり。クライミング中には何度もマーカスコールが起きていました。

シーズンを通しての優勝はすでに決めているものの、ここまで全勝で来ているので、全勝を狙いたいところ。クライミングはもう圧倒的で、ムーブに全く無駄が無く、ほぼ完璧。完登一手前まで行った場所でタイムアップだったのですが、最後までどうぞという運営の気の効かせ方で、きっちり完登を決めました。会場の盛り上がり方はすごかった。

m100207-30.jpg

m100207-31.jpg

m100207-29.jpg
夜空に浮かぶ巨大施設は近未来的


マーカス完登の余韻が残る中、最後に登場したのが韓国のヒヨンさん。登る前に一発気合を入れてからスタート。ヒヨンさんは登るスピードがとにかく早い。迷いなく淡々とこなして行き、最後のコンパネにはマーカスよりも 1分近く早いタイムで突入し、会場はヒートアップ。男子決勝の制限時間は 9分。

マーカスと同高度まで上がった時点でヒヨンさんの優勝が決定、終了点はマーカスでも遠そうでしたが、ヒヨンさんはランジで取りに行き、わずかに届かず。

惜しくも完登はできなかったものの、マーカスの 4連勝を止めたのと & 男女ともに韓国勢が優勝したというのは凄いことです。

m100207-32.jpg

m100207-33.jpg

m100207-34.jpg



男子決勝のあとはすぐに表彰式が行われました。同時に花火の打ち上げもあり、今シーズン最後の ICWC は華やかに終了しました。

m100207-27.jpg
女子表彰式

m100207-28.jpg
男子表彰式

関連リンク
IWC in Busteni (凛ririn)

関連エントリー
ルーマニア・バスティーニなう。 (2010/2/4)



2010年2月12日

New Ice Tool

2年ぶりにペツル(Petzl)のアイスクライミング専用ツールがリニューアルします。発売は今秋が予定されています。

m100214-1.jpg

シャフトの基本構造はノミック(Nomic) と同じ形になっています。

クウォーク(Quark)
グリップエンドは同じですが、人差し指が置ける収納可能なグリップレストがデフォルトから付いており、時代の流れを反映した、リーシュレスを意識した作りになっています。

ノミックやエルゴにも装着可能なハンマーはやや小ぶりになりました。

m100214-5.jpg

ノミック(Nomic)
大きな変化はありませんが、着脱可能なハンマーが新たに付き、グリップエンドには小さな歯も付き、アルパインを意識した対応になっています。

m100214-6.jpg

エルゴ(Ergo)
一度廃盤になったクウォーク・エルゴがより先鋭的になって復活しました。シャフトのカーブが大きくなったのと、グリップエンドにノミック同様の歯が付きました。ハンマーも付けられるようです。



m100214-2.jpg

メガアイス Evo(Mega Ice Evo)
これまで数度のマイナーチェンジをしてましたが、今回はメジャーバージョンアップ。こちらはスポルティバ本家のサイトに既に情報が上がっています。

アイゼンパーツが Grivel から BlackDiamond にかわり、ヒールパーツは完全に無くなってます。 これは ICWC のレギュレーションが変わったことに対応した変更です。

またヒールパーツが無くなったことにより、これまでついていたシャフトパーツの替わりにグラスファイバーで硬度が補強されています。

今回の ICWC で履いていたメグちゃんの靴を見せてもらいましたが、内部もだいぶ変更されています。

こちらは夏ごろの発売になるそうですが、気になるのは値段です。



2010年2月17日

[観光]ルーマニア

m100217-3.jpg
ICWCがおこなわれたBusteniの街

m100217-2.jpg
夕食は基本的に肉とじゃが芋

m100217-1.jpg
朝食はハム、チーズ生野菜がベースのコンチネンタルブレックファースト。

m100217-4.jpg
アーモンドをまぶして鱒を揚げたもの。

m100217-5.jpg
アイスをクレープ生地で包んだルーマニアのデザート

m100217-6.jpg
ブカレスト駅のホーム

m100217-7.jpg
ブカレスト駅構内

m100217-8.jpg
コンスタンツァ駅

m100217-9.jpg
コンスタンツァ駅前

m100217-10.jpg
ルーマニア料理のsaramură de crapとpolenta。グリルした鯉をトマトソースであえたものとトウモロコシの粉を固めたもの

m100217-11.jpg
黒海

m100217-12.jpg
ジェノバの灯台

m100217-13.jpg
海沿いのカジノ。現在は廃屋。

m100217-14.jpg
コンスタンツァの港

m100217-15.jpg
コンスタンツアの市内

m100217-16.jpg
ママイアの砂浜

m100217-17.jpg

m100217-18.jpg
ブカレスト北駅

m100217-19.jpg
ブカレスト市内



2010年2月20日

[記録] 笠間

今日は気分転換で茨城の笠間ボルダーへ。

ルーマニアで 2週間、何もしなかったこともあり、体がなまっており全く登れず。初めて行く岩場でしたが、狭い範囲に課題がまとまっており、ランディングも比較的いい課題が多く、森の中の木漏れ日の中でのんびりと楽しめました。

石器人スラブとワシントン倶楽部に打ち込んでみるもどちらも駄目orz

最後にクラックのハイボール、ターゲットを登って終了。ティックマークの多さにげんなりしました。



2010年2月22日

[記録]城ヶ崎 アストロドーム

今シーズン初めてのアストロドーム。

m100222-1.jpg

モータードライブにトライしましたが、傾斜に対して全く体ができておらず、2便出してへろへろになって終了しました。

m100222-2.jpg

m100222-3.jpg



2010年2月24日

[記録]大沢ボルダー

今日はチョックストン珠代さんと大沢ボルダーへ。

m100224-1.jpg

300mほどのエリアにボルダーがまとまっており、日当たりが良く、気持ちいい場所でした。

また、課題を見ても個性的な面白い課題が多く、石灰岩なのにクラック課題が豊富なのも特徴でしょう。

m100224-2.jpg

m100224-3.jpg

参考情報
大沢ボルダーセッション (JFA)



2010年2月25日

[書籍]アウトドア・クライミング - 井上大助著

(2010/2/25 エイ出版)
m100225-1.jpg

初心者を対象としたアウトドアクライミングの本。別名 "新田龍海写真集"。タイトルからはここ最近のクライミングの傾向がインドアで始める人が多いことが伺えます。

初心者向けの本ではありますが、ロープの結び方、基本的なホールディングやムーブの解説といった超基礎的な項目は省かれているため、本当に初心者の場合は別途入門書を読む必要があります。

逆に、これまでの入門書にはあまり掲載されていない項目として、スラブの登り方、ハングルートのでのクイックドローの回収方法、ボルトの話、アクセス問題などが挙げられます。

全ページフルカラーで岩場の写真も豊富なので、見ているだけでも楽しめます。

参考情報
本日発売! アウトドアクライミング (D-sukeもの申す)



2010年2月26日

おでかけ。

ルーマニアが欲求不満だったので Twitter で知り合った方としばらくアメリカに行ってきます。

m100226-4.jpg

先日、Amazon Kindle 2 を購入したので、読むものには困らなさそうです。

m100226-3.jpg



 
 
ページトップへ
counter

前の月:2010年1月

次の月:2010年3月

Homepage へ


 
c 2003-2008, You Enokido