「雪山大好きっ娘。2.0」 は 「雪山大好きっ娘。+」 にリニューアルしました。新しい URL は以下になります。

http://yukiyama.co.jp/mountain/

前の月:2010年12月

次の月:2011年2月

 

2011年1月 9日

[映画]デッドクリフ

2011/1/8 (配給:リベロ/日活)
デッドクリフ

2011/1/8 から公開になった『デッドクリフ』を観てきました。映画自体は非常にシンプルなパニック、ホラームービーで、最後までオチを引っ張った割には、オチのインパクトはやや弱く、平均的な映画でした。

舞台はクロアチアの山岳エリア、5人のハイカーがビア・フェラータを楽しむために山に入り、次々とトラブルに巻き込まれる。山の要素は最初の 15分程度で、前半と後半では違うタイプのパニックが演出されています。環境がもたらすパニックと人間関係の嫉妬が絡み合い、どんどん泥沼に陥いっていく。

エンディングに至るまで、単なる娯楽映画だと思っていたのですが、最後の最後に衝撃のキャプションが。

”バルカン半島では3xxx人の失踪者が出ている”(正確なキャプション、数字は失念)

どうやら、バルカン半島で起きている失踪事件をベースにした物語だったようなのですが、バルカン半島の問題の扱い方が中途半端というか、全然出てこないので、このキャプションは必要なかったのではと思いました。

第一次世界大戦が勃発したことでもわかるように、バルカン半島は常に民族問題を抱えており、キャプションを入れるのであれば、もう少しそのテーマに触れる必要があるだろうし、入れた方が映画としての質も上がったと思えるだけに、やや残念でした。


映画『デッドクリフ』予告編

参考リンク
デットクリフ:恐怖度MAX、予測不能のクライミング・ホラー!
クロアチア/セルビア:本腰を入れて行方不明者の捜索を (赤十字国際委員会[ICRC])



2011年1月20日

1/20 今日のつぶやき+

1.

RT @ice_jp: 現在アイスクライミングワールドカップを転戦している、カナダのGordon McArthurがカナダ・Bull River Gorgeにあるプロジェクトのミックスルートにトライしている動画。 http://j.mp/eH536Dless than a minute ago via web


先日紹介した、韓国アイスクライミングワールドカップのレポートを書いたカナダのGordon McArthurが、カナダBull River Gorgeにあるプロジェクトのミックスルートにトライしている動画。アックスはペツルの新型エルゴです。


Gordon McArthur

関連リンク
Gripped.com » Jan 14, 2011 - Triumph and Tragedy in South Korea
エルゴ | ペツルシャルレ アイスアックス ニューモデル | アルテリア


2.

昨年秋、スイスで多くの成果を上げたUSのボルダラー、ポール・ロビンソンの動画。自己紹介も含め、綺麗にまとめられています。 http://j.mp/fzHbjMless than a minute ago via bitly


映像に収録されている課題はスイス・クレシアーノの dagger(8b+)、Collateral(8b)、La Prove(8b) の 3課題。細かい解説とともに、さくっと登っているように見えます。最後にクライミングのモチベーションに対しても触れています。


VIDEO PROFILE: Paul Robinson bouldering in Switzerland

関連リンク
The Dagger (V14) Repeated By Paul Robinson | ClimbingNarc.com


3.

4枚の写真に写っている、UKの冬期クラシックルートの名前を当てると、GrivelのSpeedy Ice Screws 3本セットが当たるという「GRIVEL SPEEDY COMPETITION」が、UKで行われています。 http://j.mp/gQJiZbless than a minute ago via bitly


1枚目などは、余り特徴が無い気もするのですが、わかるのでしょうか。日本似たことをやっても面白いかもしれません。

ちなみに Speedy Ice Screws とは、あらかじめクイックドローがセットされたアイススクリューです。市販されているクイックドローの片側にあらかじめスクリューをセットしている人もちらほらと見られますが、個人的にはクイックドローの汎用性が落ちるため、この方法は使いませんが、メリットはあります。


Grivel Speedy Ice Screw

関連リンク
Ice screws - Speedy 10 cm.


4.

「Yosemite Climbing Association」がFacebookにて、ウォレン・ハーディングや昔のギアなど、ヨセミテ開拓当初の貴重な写真を60枚ほど公開しています。要Facebookアカウント。 http://j.mp/gHXA55less than a minute ago via bitly


紹介されている写真は "Vintage climbing gear"、"Higher and Lower Cathedral Spires first ascent 1934"、"John Salathe"、 "Warren Harding photos" など 60枚ほど。

Facebookは、日本では余り普及していませんが、USでは 7割以上の人が使っていると言われています。 最初は、機能もインターフェイスも煩雑で使いにくいのですが、慣れても使いにくいです。一つのテーマについて、コミュニケーションを取る場所として最適化されています。

関連リンク
Facebookをはじめたばかりのひとがまず戸惑いそうなことをFAQっぽくまとめてみた - night and sundial


5.

1/30に竹内洋岳さんの「公開!大反省会!!」というタイトルの講演会が神田のEarth Plazaで行われますが、すでに定員に達しているそうです。 http://j.mp/h8lOWK が、15時からUstreamで放送される模様です。 http://j.mp/dNXfsuless than a minute ago via web


こちらも比較的新しいメディア、Ustream を利用したイベント。現在は iPhone が 1台あればどこからでもストリーミングができる状況になっています。便利になりました。



2011年1月21日

1/21 今日のつぶやき+

1.

USのNeil KauffmanとJim Tomanが1/1-2にパタゴニア・フィッツロイエリアのCerro Pollone(2579m)東峰に新ルートを開拓し、Re Puesto!(V 600m 5.10 A1)としました。 http://j.mp/fz2Jwdless than a minute ago via bitly


今年最初の登攀ニュースということで、"First First Ascent"というタイトルになっています。彼らは当初、フィッツ・ロイにトライする予定だったものの、天気予報が良くなかったことにより、隣の Cerro Pollone にターゲットを変更して、今回の初登攀に繋がっています。

関連リンク
First First Ascent of 2011 (Alpinist)
New Routes in Patagonia (Climbing Magazine)
Cerro Pollone East, first ascent in Patagonia by Kauffman and Toman (Planetmountain)
Chaltén, Cerro Pollone, Rey Puesto! (PATAclimb.com)



2.

昨シーズン、オーストリアのアイスルートをリードしていたクライマーが12m落ち、マムートのダブルロープが、BlackDiamondのExpress Ice Screwのノブに引っかかって、ロープの外皮が剥けたという事故のレポートが上がってます。 http://j.mp/ijy9KSless than a minute ago via bitly


レポートでは BD の Express Ice Screw と Grivel の Helix を対比しています。BD の方がハンドルが氷から離れていることも理由に挙げられていますが、BD のサイトにある取説だと、「セット後は必ずハンドルを収納位置に戻して下さい」と書かれているため、ハンドルを倒していれば、引っかかることは皆無だと思われます。

関連リンク
Express Ice Screw 取説(PDF) (Black Diamond)


3.

1/9に城ヶ崎・あかねの浜にあるバランスオブパワーの核心箇所のホールドが剥離したと、JFAのWebに掲載されてます。 http://j.mp/g3W8Dw その後、杉野保さんがトライして「グレードはせいぜい1ランクアップ」とコメントしてます。 http://j.mp/gj5pAcless than a minute ago via bitly


昨シーズンにトライしましたが、そのときに崩壊箇所の穴に入っていた浮き石がはがれたため、多少は兆候があったのかもしれません。何はともあれけが人が出なかったのは幸いです。

前半と後半で全くタイプが違う面白いルートでおススメです、『バランス・オブ・パワー2011』。

関連リンク
iron日記 : もう何度目? 生と死の分岐点@城ヶ崎 3


4.

2/11に石川県女性センターにて谷口けいさんの講演会「山と私と未知なる世界~一歩を踏み出す勇気~」が行われます。参加費は無料ですが、1/31までに往復はがきでの申し込みが必要です。定員は100名。詳細は下記PDFファイルを確認してください。 http://j.mp/hQBppuless than a minute ago via bitly


"サイン付DVD販売会" が気になります。



2011年1月22日

1/22 今日のつぶやき+

1.

RT @ice_jp: 現在スイス・Saas-Feeで行われているアイスクライミングワールドカップ第二戦のライブ中継サイト。http://j.mp/htlIQW 準決勝は今日の16:45(日本時間)からです。スケジュールは以下。日本との時差は8時間。http://j.mp ...less than a minute ago via web


最終リザルトによると、男子優勝はオーストリアのMarkus Bendlerで初戦の韓国に続いて 2連覇。前回 2位だった韓国のパクは 3位。2位には、前回 3位だったロシアのMaxim Tomilovが入りました。今シーズンの男子は、この 3人による争いになると思われます。

一方の女子優勝はロシアのAnna Gallyamova(誰?)。前回優勝のロシアのMaria Tolokoninaと 2位の韓国のシンは準決勝でまさかの敗退となりました。

関連リンク
Results and Ranking 2011 (UIAA)
Ice Climbing - live streaming video (Livestream)


2.

去年、ダウラギリの雪崩事故で遭難した田辺治さんの「お別れ会」と「偲ぶ会」が1/29に名古屋で行われます。(THX @kenjiri) http://j.mp/f3dLZlless than a minute ago via bitly


田辺さんは最もヒマラヤに精通していた日本人だと思われます。8000m峰 9座に登頂しており、ダウラギリが 10座目のトライで、山田昇、名塚秀二氏に続き、魔の 10座目となってしまいました。2006年にはローツェ南壁の冬期初登攀も成し遂げています。



2011年1月23日

1/23 今日のつぶやき+

1.

昨年の夏に、グリーンランド遠征を行ったニコラ・ファブレスらの軌跡を追った映像「Vertical Sailing Greenland」のトレーラー。今後5パートに分けて公開されるようです。 http://j.mp/f9QFB5less than a minute ago via bitly


毎年僻地に遠征を行い、新ルートの開拓を精力的に行っているベルギーのニコラ・ファブレスの最新作。常に楽器を持ち込んでおり、やや狂った感はあるものの、いつも楽しそう。


Vertical Sailing Greenland - Trailer

一昨年のバフィン島の遠征は「Asgard Jamming」という DVD でリリースされました。


Asgard Jamming Trailer

関連リンク
Xpedition.be, Climbing Expeditions around the world with the Club Alpin Belge


2.

2009年パタゴニア、セロ・トーレ・CompressorRouteのフリー化トライをしてたデイビッド・ラマの撮影隊がボルトを残置し問題になり、昨年秋に撤去したとの事ですが、再度フリー化の為にラッペルしてボルトを埋めようとして問題になってます。 http://j.mp/fyd7Ehless than a minute ago via bitly


2009年に撮影隊がボルトを埋めて問題になり、スポンサーのレッドブルに対して不買運動も一部で起きました。
Dozens of Bolts Added to Compressor Route (Alpinist)

そして、昨年の秋にボルト撤去のニュースが流れたのですが・・・。
Lama's Bolts Cut: It Begins Again (Alpinist)

ヨーロッパで用いられている、フリー化の開拓スタイルは、パタゴニアでは受け入れられないということなのでしょう。



2011年1月24日

[映画]180° SOUTH

m110124-1.jpg

1/22 から渋谷シネクイントで、20日間限定で公開されている『180°SOUTH』を見てきました。

良く言えば、美麗な映像を詰め込んだ冒険ドキュメンタリー、悪く言えば、アメリカのエゴを途上国に押しつけた環境保護映画。



主人公のジェフ・ジョンソンはカリフォルニアで働く一青年。クライミングもサーフィンもこなし、アウトドアが趣味。ふとした偶然で、1968年に Patagonia の創始者であるイヴォン・シュイナードと The North Face の創始者、ダグ・トンプキンスが、クライミングとサーフィンをしながら南米にロードトリップに出かけた映像を見、感化され、パタゴニアにあるコルコバト山を目指す旅に出る。

イヴォンらが車を使ったのに対し、彼はアプローチに船を使う。シアトルからチリに帰る人の小型船に乗せてもらうが、途中で船のマストが折れ、燃料補給・船体修理のためにイースター島に寄港する。そこで地元の女性サーファー・マコヘと出会い、彼女も加えて旅は続いていく。

4ヶ月かけてチリに上陸。イヴォン、ダグと合流し、コルコバト登山の準備に入る。今回の登山にあたり、トレーナー的な役割でティム・オニールが参加しており、ひと味違ったスパイスを映画に加えている。



映画の 9割は海で、山の要素は 1割程度なので、山の映画とは言いにくいですが、とにかく映像の切り取り方が凄く、斬新かつ綺麗で、これまで見た山岳映画では一、二を争う素晴らしさ。公式サイトには「監督はサーフ・ドキュメンタリーの傑作『シッカー・ザン・ウォーター』を手がけたフィルムメーカー、クリス・マロイ。豊富な経験から育んだ独自の視点と映像センスで伝説の旅を見事に再現する。」と記述されていますが、とにかく映像センスに脱帽でした。

また、フィルムに出てくるティム・オニールが、これまで見たことがないほどにシリアスだったのですが、会話がコントみたいで、逆に笑いに繋がっていました。

ティム「雪山経験は?」
ジェフ「まったく無い。ゼロだ。」
ティム「何でない? イースター島に雪山はないから、マコヘが経験無いのはわかるが。」
ジェフ「経験がないことは昔に話したはずだが。」
ティム「そんな大昔のことは忘れた。」

などなど。

2年前に、ユーレイのアイスフェスティバルでティムの講演会を聞いたときに、イヴォンとパタゴニアに行ってきたと語っていたのですが、このことだったのでしょう。


"Short and Sweet Slideshow" by Timmy O’Neill

そして、最後に環境問題に関して触れられます。映画はジェフの旅を中心に据えているのですが、諸処にイヴォンとダグの会話が挿入されており、冒険と環境問題に対する彼らの考え方を披露しています。

冒険はともかく、環境問題に関して、2人の意見は非常に対照的で、ダグはかなり積極的に動いており、環境保護のためにチリの広大な土地を買い取っていたり、ダムの建設反対運動にも強く関わっており、反文明的な態度を強く打ち出しています。ここに、アメリカの強いエゴを感じました。何でアメリカでやらないの?

いい面でも悪い面でも Patagonia ブランドをそのまま映像化したような映画でした。それにしても全身 Patagonia で固めている人の割合が多くて驚きました。

映画館に富士山山頂の写真を持って行くと鑑賞券が 1000円で購入できます。他、色々とプレゼントの企画があるようです。詳細は映画館の Webサイトを参照してください。

新着情報|シネクイント


180º SOUTH Trailer

関連情報
映画『180° SOUTH/ワンエイティ・サウス』オフィシャルサイト



1/24 今日のつぶやき+

1.

ギロチン(guillotine)というフレーク用のカムの試作品。サイズ的にまだ大きすぎますが、発想は面白い。 http://j.mp/fJofgcless than a minute ago via bitly


映像に使われている箇所は、クラックにカムで十分だとは思うものの、クラックがフレアしていたり、上向きのフレークでは効果的に使えそうな気もしますが、まだまだサイズが巨大すぎます。今後の開発に期待。


The Season Episode 21




2011年1月25日

1/25 今日のつぶやき+

1.

ピート・タケダ、アビー・スミス、ジェイソン・キールという異色のトリオによって行われたインド・Zanskarのボルダリングトリップの映像第1弾。 http://j.mp/eu6ABmless than a minute ago via bitly




The Zanskar Odyssey: Part 1-Into the Unknown

こちらは予告編。


Zanskar Odyssey: Trailer



2.

変わったエリアのクライミングレポート2本。 中央アメリカのコスタリカ。 http://j.mp/ffy6RD アレックス・オノルドによる、ヨルダンのWadi Rum。 http://j.mp/gSJ0ytless than a minute ago via bitly



最近のアレックス・オノルドはアフリカに行ったり、ヨルダンへ行ったりと、雪の無い僻地を徘徊していますね。Wadi Rumは、過去に『Wadi Rum Expedition』という DVD がリリースされています。


Wadi Rum Expedition DVD

こちらはアフリカ・チャド・Ennedi砂漠のレポート
Chad new rock climbs in Ennedi desert - climbing news, mountaineering.

他にも最近の変わったレポートとして、中南米・キューバとモンゴルのレポートもありました。

BD employees report on their climbing trip to Mongolia (Black Diamond Equipment)
Climbing in Cuba is a whole new experience! (MAMMUT Basecamp)

関連リンク
[DVD]WADI RUM EXPEDITION (雪山大好きっ娘。2.0)
WADi RUM EXPEDITION (ピラニアネットストア)




2011年1月26日

1/26 今日のつぶやき+

1.

現在、US・ソルトレイクシティで行われている、The Outdoor Retailer Showのレポート。冬山製品の軽量化が進んでいることがわかります。 http://j.mp/e8PaNhless than a minute ago via bitly



こちらは動画での紹介。Petzl、Sterling Rope、Sportivaの製品が紹介されています。Petzlの Gri Gri2 とワイヤーゲートのカラビナは気になります。


OR Goods

関連リンク
New Gear Highlights From Winter Outdoor Retailer 2011(Splitter Choss)




2011年1月27日

1/27 今日のつぶやき+

1.

カナダのウィル・ガッドとUKのTim Emmettが昨年、1ピッチだけ登り、WI10というグレードを付けたカナダ・Helmcken FallsのSpray Onを全5ピッチのルートとして完成させました。135度のかぶったアイスルートです。 http://j.mp/fYXXZpless than a minute ago via bitly



1ピッチ目は 2010年 1月にボルトを打って登っており、今回 4ピッチを追加してトータル 5ピッチのルートとして完成させました。去年の登攀の際には、WI10というかつて無いグレード(これまでの最難が WI7+) を付けたことと、ボルトを打ったことに対して、議論が起きました。

関連リンク
Gadd and Emmett Suggest WI10 - Alpinist.com


2.

今年の4/23で30歳になるクリス・シャーマ。節目と言うことで、Climbing MagazinもRock&Iceも彼の特集を組んでいます。こちらはRock&Iceの記事。 http://j.mp/eDyRhyless than a minute ago via bitly



13歳からクライミングを始め、クライミング歴は 17年。出身はカリフォルニアですが、現在は、スペインのDaila Ojedaと一緒にスペインに在住しています。

現在は彼が出演している DVD の特集記事を Climbing Joy No.2 に書きましたが、その後、Progression、First Ascent、Reel Rock Tour2010 と増えています。

個人的には Dosage IV に収録されている、Dreamcatcher が好きです。


Dreamcatcher

関連リンク
Way back home (Chris Sharma's blog)
[DVD] PROGRESSION (雪山大好きっ娘。2.0)


3.

クリス・シャーマの追っかけになっているような、USのイーサン・プリングルへのインタビュー。クリスをうらやむ内容の記事になっています。 http://j.mp/gohA6eless than a minute ago via bitly



2009年に肩を痛めてから、長いリハビリ期間を経て、昨年から成果を出し始めました。手始めにオーストラリアの、小山田大さんが初登した Wheel of life を第 3登し、その後アメリカを転々とし、昨年末には中国でクリス・シャーマが初登したSpicy Noodle(5.14c) をリピートし、さらにクリスが設定したプロジェクトも初登しました。現在はスペインで登りこんでいるようです。

過去のクリスルートとして、スペイン・マヨルカ島の Es Pontas(5.15a) やカナダ・スコーミッシュの Dreamcatcher(5.14d)、カリフォルニアの Jumbo Love(5.15b) などもトライしています。


Working the Golden Ticket

関連リンク
Wheel Of Life Repeated By Ethan Pringle (ClimbingNarc)
Hard 5.14 FA By Ethan Pringle In Yangshuo (ClimbingNarc)




2011年1月28日

1/28 今日のつぶやき+

1.

去年のPetzl Rock Tripはメキシコで行われましたが、その際に初登されたメキシコ最難ルート・Las Chicas Superpoderosas(8c+・5.14c)をメキシコのMauricio Huertaが登る動画。長い。 http://j.mp/eDR18jless than a minute ago via bitly




el mau en las chicas superpoderosas

これまでの Petzl Rocktrip の動画を並べてみました。

- 2002 USA Gunks

Gunks Climbing-Petzl RocTrip 2002

- 2003 France

Rock Climbing - Petzl Roc Trip

- 2006 Greek Kalymnos

petz roc trip millau 06

- 2007 USA Red River Gorge

Red River Gorge Petzl Roc Trip

- 2008 Australia Zillertal

Zillertal Roctrip

2009 France Millau

Infinity lane - Petzl Roctrip 09

2010 Mexico El Chonta Rodeo

Petzl Roctrip Mexico 2010 - El Chonta Rodeo

関連リンク
Petzl RocTrip Mexico 2010 - Climbing Godzilla’s Egg (Petzl)


2.

アダム・オンドラがスペイン・シウラナにある2本の5.15bのルートにトライしている動画。1本は現在もプロジェクトでもう1本はクリス・シャーマが初登したGolpe de Estado。気迫が凄い。 http://j.mp/ifaVtCless than a minute ago via bitly




ADAM ONDRA - Working Golpe de Estado in Siurana

最近はクリス・シャーマとアダム・オンドラの動画はインフレ気味です。




2011年1月29日

[記録]城ヶ崎・びゃくび

久しぶりに城ヶ崎を散策。橋立からかさごね、さいつな、こさいつな、こばい、おおばい、はしがかり、びゃくびとマイナーなエリアを覗いてみるも、釣り人はちらほらと見かけるものの、クライマーはゼロ。

m110129-2.jpg

最後にびゃくびでクライミング。目立ったところでは、1988/8/15 に吉田和正さんが開拓したエキノコックス(5.11+) というフィンガークラックのルートがあるのみ。みんなでトライ。

短いルートしかなく、こぢんまりとしてはいるものの、傾斜もあり、なかなかに楽しいエリアでした。

m110129-1.jpg

m110129-3.jpg

m110129-4.jpg



1/29 今日のつぶやき+

1.

76歳になるUKのクリス・ボニントンが、シャモニの氷瀑を登る動画。76歳には見えない動きで、陽気に登っています。パートナーはUKのミック・ファウラー。 http://j.mp/htWnqXless than a minute ago via web




Cascade de glace Lillaz à Cogne avec Chris Bonington et Mick Fowler

何で、グリップレストがない、旧モデルの使いにくいアズターを使っているのかはわかりませんが、76歳で普通にリードしているのは凄い。ミック・ファウラーは先日、英国山岳会の会長職に就いたばかりです。

関連リンク
Mick Fowler elected Alpine Club President (BMC)


2.

ドイツのAndreas Proft fromがスペイン・Berniaの岩場でThe First and Last(5.13d)というルートをフリーソロしているしている動画。"裸足"です。 http://j.mp/fdGKutless than a minute ago via web




Die Another Day - 8b / 5.13d free solo

UKC News に彼のインタビューが出ていますが、フリーソロの前日は、恐怖と緊張で寝れなかったとのことです。

"靴を履いての" フリーソロの記録は、UK のデイブ・マクリードが 2008年にスペイン・マルガレフで登った Darwin Dixit(5.14b) です。

関連リンク
VIDEO/INTERVIEW: Andreas Proft - F8b - Barefoot & Solo (UKC News)
Dave MacLeod Free Solos 5.14b in Spain (ClimbingNarc)


3.

チェコのクライミングチームの合宿動画。アダム・オンドラやトーマス・ムラチェクも出演していますが、非常にアットホームな雰囲気で、普段とは違った一面が見られます。 http://j.mp/eUsriQless than a minute ago via web




Czech climb ♥Homevideo♥ aus Ziller-thriller-tal 2010! (with Adam Ondra and Tomáš Mrázek)

諸処に有名映画のパクリ要素が見られるのも面白い。



2011年1月30日

[記録]岩根山荘

去年からスタートした、小川山・岩根山荘の人工氷瀑に、アイスクライミング未体験の知人グループを誘って行ってきました。

赤岳山荘のアイスキャンディよりはやや小ぶりですが、体験アイスクライミングとして登る分には十分でした。氷壁は 3面ほどで、原則トップロープでの利用となり、頑張って張って 10本程度。この日は他のグループとトップロープを兼用して登りました。

m110130-1.jpg

ガイドさんも利用されており、結構な人数で賑わっていました。トータルで 20人くらいでしょうか。

m110130-2.jpg

施設の利用料は 2000円。車で氷壁直下まで行けるので、アプローチは非常に楽です。かつて六合村にあった Ice Extreme を彷彿とさせます。

m110130-3.jpg

Web関連企業の方々と行ったので、この日の会話は Webサービスがらみの会話ばかりで、「HTM5が~」や「FBMLは~」といった、クライミング要素は皆無でしたが、中々に盛り上がり、参考になる意見が多く聞けて、別の意味で有意義でした。

m110130-4.jpg

午前中は晴れていたものの、昼頃から曇りだし、午後からは雪となり、気温も下がり、風も出始め、非常に寒く感じました。

m110130-5.jpg

それでも朝 9時から夕方まで、皆さんずーっと登っていました。

m110130-7.jpg

道具のレンタルもやっており、登山靴だけ用意すればあとはレンタルで何とかなります。Simond 製品を中心に、バイルは Clim Bu Bu のフラミンゴがありました。レンタル料金は 1点 500円です。

m110130-8.jpg

簡単な軽食も用意されており、場所として食堂、お湯の利用が可能です。もちろん小屋も営業しているため、小屋に泊まることもできます。

帰りは「ふじもと」に寄って焼き肉を食べてから解散となりました。

参考リンク
人工アイスクライミング・ゲレンデ「岩根アイスツリー」
岩根山荘アイスツリー特訓(1月29・30日) (ジャンキー達のなんちゃってクライミング)



1/30 今日のつぶやき+

1.

USのアレックス・ジョンソンがUS・ビショップのクリス・シャーマ初登の有名課題・マンダラ(v12)を女性として、リサ・ランズに続き第2登しました。 http://j.mp/fNDIKjless than a minute ago via bitly



クリス・シャーマが初登したのが 2000年、リサ・ランズが 20081/18 に女性として初登しています。過去にホールドが欠けたものの、現在のグレードは v12、SD が v13 となっているようです。


Lisa Rands climbs The Mandala V12

こちらは最近の動画。


The Mandala

関連リンク
Lisa Rands on The Mandala (Climbing Magazine)


2.

US・コロラド・ユーレイ郊外にある洞窟でアリゾナ在住のクライマーJason Nelsonが、プロジェクトのミックスラインを初登し、Zero to Hero(M12)としました。その時の動画。 http://j.mp/fp7TF8less than a minute ago via bitly




Zero to Hero, a very hard drytooling route in Ouray

最近は純粋なドラツー動画は極端に減りました。アックスはペツルの新エルゴ、アイゼンブーツは Kayland の Ice Comp です。


3.

3/4-6にUKシェフィールドで行われる、「Sheffield Adventure Film Festival 2011」のプロモーション動画。 http://j.mp/iaW0WRless than a minute ago via bitly




Sheffield Adventure Film Festival 2011 Promo

海外はアウトドア系のフィルムフェスティバルが豊富でうらやましい。日本だとバンフ・フィルムフェスティバルが 1年遅れで来ているだけです。

関連リンク
Vancouver International Mountain Film Festival



 
 
ページトップへ
counter

前の月:2010年12月

次の月:2011年2月

Homepage へ


 
c 2003-2008, You Enokido